ニュース NEWS

「長野日報社サッカー教室」に参加しました【報告】

スポンサーニュース

8月5日(土)諏訪ヨットハーバーグランドで行われた「長野日報社サッカー教室」に、神田社長、鐡戸アンバサダー、片山・小林ホームタウン担当が参加しましたのでご報告いたします。

今回のサッカー教室には、未就学児~小学5年生までの約80人に参加していただき、未就学児クラスを神田社長と小林ホームタウン担当が、小学生1~2年生クラスを片山ホームタウン担当が、小学3~5年生クラスを鐡戸アンバサダーが担当し、各クラスで各種トレーニングや試合を行いました。

1

小学3~5年生を担当し、コーンやラダーを使ったフットワーク練習やドリブル練習等を行った鐡戸アンバサダー。
試合時も精力的なプレーを見せてくれました。

2

小学1~2年生を担当し、ボールを使ったトレーニングやボール集め競争を行った、片山ホームタウン担当。

3

4

未就学児を担当した神田社長と小林ホームタウン担当。ボールを使っていろいろな遊びを行いました。

各クラスのトレーニングと試合をした後は、松本山雅FCチームとのスペシャルマッチも行われ、閉会式には参加してくれた選手1人1人に鐡戸アンバサダーと片山・小林ホームタウン担当のサイン入りの修了証が贈られました。

当日は天候にも恵まれ、子どもたちが元気よくボールを追う姿が印象的でした。

5

6

今回この様な貴重な機会をご用意していただいた長野日報社様、また参加者の皆様ありがとうございました。
今後とも松本山雅FCの活動へのご協力をよろしくお願いいたします。

一覧に戻る
トップへ戻る