ニュース NEWS

「松本ろう学校」を訪問し、サッカー教室を開催しました【報告】

ホームタウン活動

10月25日(水)松本ろう学校を訪れ、サッカー教室を開催させて頂きました。

松本山雅FCでは今年度長野県と連携し、長野県手話言語条例の趣旨に則り啓発活動を実施してまいりました。

今回は、聴覚障がい者の方々へ身体を動かす楽しさや、交流を通じて地域のスポーツについて触れていただくことを目的に松本ろう学校にてサッカー教室を実施いたしました。

今回の訪問には、松本山雅から小林・片山ホームタウン担当と櫻井コーチが参加し、小学部、中学部、高等部の皆さんと一緒にサッカーをしました。

まずは小学部の皆さんと一緒に、コーン倒しゲームやボールを使っての遊び等を行いました。

1

2

みんな必死にボールに慣れようと頑張ってくれました。

そして最後は全員で試合をして、大いに盛り上がりました。

次に、中学部の皆さんです。

3

4

まずはビブスを使ってバランスの要素を取り入れたウォーミングアップをして、ボール取り対決をした後に試合をしました。
試合では、パワフルなシュートを放つ生徒もいて、1点を争う好ゲームになりました。

最後は高等部の皆さんです。

まずは少しレベルを上げたウォーミングアップやリフティング練習をして、その後、少し独特のルールでボール集め対決をしました。

5

6

そして最後の試合では、みんな大汗をかきながらゴールを目指して一生懸命にプレーしてくれました。

本当にどの学年も、みんな必死にそしてキラキラした目で取り組んでくれました。

サッカー教室終了後には、小学部から高等部までの生徒全員で給食も一緒にいただきました。
生徒の皆さんは、小林ホームタウン担当や片山ホームタウン担当、櫻井コーチといろいろな話をしながらの給食を楽しんでいました。

今回の訪問を通して、私たちもいろいろなことを考えさせられる貴重な時間となりました。
また、手話に対しての理解も深まりました。

松本ろう学校の皆さん、ありがとうございました。

今後とも松本山雅FCの活動へのご協力を宜しくお願いいたします。

一覧に戻る
トップへ戻る