ニュース NEWS

「第1回松本地域バリアフリースポーツ交流会ワン♡ハートまつもと」に参加しました【報告】

ホームタウン活動

2月28日(水)松本大学にて「第1回松本地域バリアフリースポーツ交流会ワン♡ハートまつもと」が行われ、松本山雅FCより鐡戸アンバサダー、片山ホームタウン担当らが参加しましたのでご報告いたします。

障害のあるなしに関係なく、スポーツを通して交流し、日々の生活を笑顔で過ごせるようみんなで一緒に楽しく体を動かそうという想いを込め、事業所のスタッフ含めて約100名という多くの方に参加いただきました。

誰でも楽しくできるものを考え「タオルマフラーを使って遊ぼう!」「新聞紙を使って遊ぼう!」「ボールを使って遊ぼう!」という3つの内容を行いました。

まずはペアになってタオルマフラーを使って遊びました。

参加者の皆さんの笑い声が響き渡りました。

01

02

次に新聞紙を破いて、ボールを作りました。
作ったボールでキャッチボールをしたり、リフティングをしたりと工夫して自由に遊びました。

最後にいろいろな大きさ・固さのボールを使って、事業所対抗でサッカーの試合を行いました。
シュートが決まるとみんなで喜び、大変盛り上がりました。

昼食時に「ケ・セラ」さんによる演奏がありました。
とても素敵な演奏で、曲によって聞き入ったり、音楽に合わせて踊ったりと、とても楽しませていただきました。

03

その後片山ホームタウン担当が事業所の紹介等を含め、参加者の皆さんにインタビューをさせていただきました。
参加者の皆さんと片山ホームタウン担当のやりとりに会場全体が笑いにあふれていました。

04

最後にサイン会も行われ、参加者の皆様に喜んでいただきました。

05

今回この様な貴重な機会をご用意していただいたワン・ハートまつもと実行委員会様、また参加してくれた皆様ありがとうございました。

06

今後とも松本山雅FCの活動へのご協力を宜しくお願いいたします。

一覧に戻る
トップへ戻る