試合日程
MATCH SCHEDULE

2016 明治安田生命 J2リーグ 第14節 VS FC町田ゼルビア

05月22日(日) 13:00 Kick off アルウィン

松本山雅FC

  • 60' 飯田 真輝
試合終了

1 0

0 前半 0

1 後半 0

machida_l.png

FC町田ゼルビア

MEMBERS

  • GK 1 シュミット ダニエル
  • DF 18 當間 建文
  • DF 4 飯田 真輝
  • DF 11 喜山 康平
  • DF 3 田中 隼磨
  • MF 5 岩間 雄大
  • MF 20 石原 崇兆
  • MF 23 工藤 浩平
  • MF 15 宮阪 政樹
  • FW 19 山本 大貴
  • FW 29 高崎 寛之
サブ
  • GK 25 白井 裕人
  • DF 16 鐡戸 裕史
  • DF 30 酒井 隆介
  • MF 7 武井 択也
  • MF 17 飯尾 竜太朗
  • FW 8 ウィリアンス
  • FW 38 前田 大然
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

HT'

石原 崇兆

飯尾 竜太朗

82'

山本 大貴

武井 択也

90+3'

宮阪 政樹

ウィリアンス

CARD

82'

岩間 雄大

STATS

シュート 8
GK 12
CK 3
直接FK 16
間接FK 2
オフサイド 2
PK 0

MEMBERS

  • GK 21 髙原 寿康
  • DF 10 土岐田 洸平
  • DF 24 金 聖基
  • DF 37 カルフィン ヨン ア ピン
  • DF 19 松本 怜大
  • MF 17 鈴木 崇文
  • MF 6 李 漢宰
  • MF 29 森村 昂太
  • MF 8 谷澤 達也
  • FW 30 中島 裕希
  • FW 9 鈴木 孝司
サブ
  • GK 1 内藤 圭佑
  • DF 3 畠中 槙之輔
  • DF 4 三鬼 海
  • MF 15 井上 裕大
  • MF 39 重松 健太郎
  • FW 23 戸島 章
  • FW 38 久木野 聡
監督
相馬 直樹

MEMBER CHANGE

69'

森村 昂太

重松 健太郎

78'

谷澤 達也

井上 裕大

83'

中島 裕希

久木野 聡

CARD

20'

鈴木 崇文

45+1'

李 漢宰

87'

重松 健太郎

STATS

シュート 6
GK 15
CK 2
直接FK 7
間接FK 3
オフサイド 3
PK 0
主審 小屋 幸栄
副審1 塚越 由貴
副審2 日比野 真
第4の審判員 松本 瑛右
入場者数 12462人
天候・風 晴・弱風
気温/湿度 26.4℃/33%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/乾燥

試合後のコメント

■反町康治監督記者会見のコメント
「今日もたくさんの方に集まっていただき感謝しています。観衆が多いから、こうやって喉が枯れるわけであって(苦笑)。ボールはサイドチェンジしても声はサイドに届かなくて苦労しました。
思い通りの試合をしてくる町田に対して、我々としては思い通りのサッカーをしつつも思い通りのサッカーをさせないという2つを前提に、この一週間準備してきました。そうした意味で成果は出たかなと思います。
ただ全体的に体が重くて、それに伴ってボールコントロールもよくなく、つまらないミスの多い試合だったかなと思います。ただ、そういう試合でも勝つことが大事。最低限の結果をしっかり出せたことは嬉しく思っています。これだけ暑い中でも後半ロスタイムまで相手GKにプレッシャーに行けるだけの体力は持っていますし、そのことも嬉しいですね。とはいえ連勝しないと意味がないので、次の試合は大事になってくると思います」

Q:3試合連続無失点となったが、守備面での評価について。
「鈴木孝司が決めたか、飯田が決めたかという試合でしたね。まだまだ、あそこでボールウォッチをして背中を取られる点は反省点だと思います。ただ、ピンチはあれくらいでしたし、ペナルティーエリアで決定的というのは、ほとんどなかった。それだけ帰陣も早かったですし、町田さんのラインコントロールに負けじとコンパクトな状況を作れたので、向こうもなかなか思い通りの展開にはならなかったですよね。この辺りはシーズン序盤に比べると改善されていますし、選手たちも手応えを掴んでいるので、より平均点を上げていきたいですね。やはり失点の少ないチームが上位に行くことは間違いないので、ゼロの試合を増やしていければと思います

Q:前半はやや苦しい展開を余儀なくされたが?
「前半だけに限ると、相手のコンパクトなところでボールを貰うのを恐がってしまった。サッカーはミスのスポーツですし、ハーフタイムには「ミスを恐れるな。ボールを貰うこと、触ること、受けることを恐れては何も始まらない」と言いました。思ったよりも相手が近付いていないにも関わらずプレッシャーになった部分もあって、ボールの落ち着きどころがなかったですね。イシは1回良いチャンスを作りましたが、そこで納まらないと次のアクションを起こせない。そういうところでは反省点ですよね」

Q:長いボールが多かったと思うが。
「今週も練習でやりましたが、狭いエリアの中で自由にボールを動かせるのであれば、そうやりますよ。ただバルセロナもレアル・マドリーだって、最終的には長短のパスを使いながら薄いところを攻めるんですよ。長いボールを使うことで向こうの最終ラインは下がり、重心が後ろに行くと。今度はラインの前にスペースが開くわけですから。攻撃の順番を間違えずにやると。それは当たり前のことで、今日は長いボールになったと。例えば讃岐に長いボールを使っても意味がないですから。そこは優位性を持たないといけないし、我々には高崎がいる。彼はスペースランができて、ヘディングも強く、キープもできる。山本はその反対ですけど。それを武器にしなければ意味がないわけですから」

Q:飯尾竜太朗選手の投入について。
「石原は悪くなかったと思いますが、この暑さの中で少し肉体的に疲れもあったので、ここは一つ勝負しようと。向こうは6人で守って4人で攻めるチームなので、その4のところに戻る力がないと厳しいということですよね」

Q:上位の相手に勝利したことは。
「我々の今の立場からすると、目の上のタンコブと勝負しないといけないですから。とはいえ、J2はどのチームもレベルは一緒ですから。毎試合いい準備をして、連勝を目指していく。その意味で次の試合は本当に大事になるでしょうね」

■飯田真輝選手のコメント
「まずは勝ててホッとしています。得点場面については、ある程度スカウティングできていて、狙っているところにボールが来て、狙ったところを突くことができた。試合内容については今日は自分たちのサッカーがうまくいかず、前半からロングボールに頼ってしまった。ただハーフタイムに反町(康治)監督から『最後まで足を止めるな』『切り替えを早くしてチャンスを生かしていこう』と言われ、セットプレーで決着を付けられたことも大きい。うまくいったところといかなかったことが両極端だったが、また自分たちのサッカーを見つめなおしながら、やっていきたい」

トップへ戻る