試合日程
MATCH SCHEDULE

2016 明治安田生命 J2リーグ 第34節 VS カマタマーレ讃岐

10月02日(日) 13:00 Kick off Pikaraスタジアム

sanuki_l.png

カマタマーレ讃岐

  • 1' 木島 徹也
  • 45+2' 高木 和正
試合終了

2 4

2 前半 3

0 後半 1

松本山雅FC

  • 7' 工藤 浩平
  • 14' 高崎 寛之
  • 30' 飯田 真輝
  • 76' 工藤 浩平

MEMBERS

  • GK 1 清水 健太
  • DF 5 渡邉 大剛
  • DF 3 藤井 航大
  • DF 30 エブソン
  • DF 23 西 弘則
  • MF 19 仲間 隼斗
  • MF 7 永田 亮太
  • MF 10 高木 和正
  • MF 11 馬場 賢治
  • FW 29 森川 裕基
  • FW 13 木島 徹也
サブ
  • GK 24 瀬口 拓弥
  • DF 2 小澤 雄希
  • DF 4 砂森 和也
  • MF 20 荻野 広大
  • MF 26 山本 翔平
  • MF 28 韓 昌柱
  • FW 21 福家 勇輝
監督
北野 誠

MEMBER CHANGE

67'

森川 裕基

福家 勇輝

90+3'

木島 徹也

韓 昌柱

CARD

93'

エブソン

STATS

シュート 8
GK 12
CK 2
直接FK 9
間接FK 1
オフサイド 1
PK 1

MEMBERS

  • GK 1 シュミット ダニエル
  • DF 3 田中 隼磨
  • DF 13 後藤 圭太
  • DF 4 飯田 真輝
  • DF 24 那須川 将大
  • MF 11 喜山 康平
  • MF 14 パウリーニョ
  • MF 20 石原 崇兆
  • MF 23 工藤 浩平
  • MF 15 宮阪 政樹
  • FW 29 高崎 寛之
サブ
  • GK 25 白井 裕人
  • DF 33 安川 有
  • MF 7 武井 択也
  • MF 43 杉山 俊
  • FW 38 前田 大然
  • FW 39 三島 康平
  • FW 41 柳下 大樹
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

83'

高崎 寛之

三島 康平

90'

石原 崇兆

前田 大然

90+3'

パウリーニョ

武井 択也

CARD

20'

飯田 真輝

43'

パウリーニョ

79'

石原 崇兆

STATS

シュート 13
GK 6
CK 1
直接FK 14
間接FK 2
オフサイド 2
PK 1
主審 榎本 一慶
副審1 岡野 宇広
副審2 和角 敏之
第4の審判員 鹿島 裕史
入場者数 3082人
天候・風 晴・弱風
気温/湿度 29.7℃/70%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/乾燥

試合後のコメント

■反町康治監督 記者会見コメント
「非常に苦しい試合でした。結果だけ見ると(快勝と)言われるかも知れませんが、本当に苦しかったです。今週一週間、色々な意味で準備してきて、映像を見せて話もしてきましたが、完全に向こうの術中にはまりかけた試合だったと思います。同点にするのが遅ければ、ここで敗者の弁を述べていたと思います。それに加えて、天候も良く湿度も高く、体力的にもかなりきつかったですね。最後は気力で何とかしましたけど、立ち上がりの不安定さがそのまま現れたゲームでもあります。次節にこうしたゲームの入りをすると痛い目に合うということで、その反省点も生かして準備をしたいと思います」

Q:前半終了時点で3-2という、点の取り合いとなったが?
「3-1で折り返さないといけない試合だったと思います。自分たちで試合を難しくしてしまった。ただ、今思えば、あの失点で後半は戦術的にも徹底してやれたのかなと。ハーフタイムには「そういう試合もあるよ」と、リトリートした相手に対して、どういう形で勝ち点をとるかとやってきたんですが、僕も少し欲が出てしまった部分があった。それが如実に出てしまったのが前半だったと思います。後半はよりシンプルに修正して、戦術的に少し方向性を変えた。何とか修正しきって追加点をとれたのだと思います。戦術的な部分については詳しくは言えませんが、後半はゼロで抑えられましたし、それは奏功したと思います」

Q:欲が出たというのは、得点を量産したいということ?
「そうではなく、攻撃の手段、バリエーションをたくさん持っていたんですけど。A、B、Cとあったら、今日の場合はAを捨てて、BとCを徹底してやったということですね。Aでは引っくり返されていた可能性があったので」

Q:ゲーム内容が良くない中、今後の試合に向けて。
「内容と結果が両方ついてくればサッカーでは一番ハッピーなんですけど、一年間ずっとハッピーなチームはJ1にもないかと思います。そういう点を考えると、13時からの過酷な状況で、こういう苦しい試合でも勝ち点3のお土産をとれたのは嬉しいですよ。ただ「良かったね」で終わらせるのではなく、問題は洗いざらしにします。例えば今日の前半にラインアップをしていて、それは向こうは分かっている。その時はボールサイドにアップするのが定例なんですけど、そうすると向こうが逆のギャップのところに逃げてきた。それは今日に限って言えば、ラインアップはしても逃げていく相手を見ながらアップしないといけない。そこは少し変えました。浅いラインを引いているのは向こうも分かっているわけで、それをゲームの中で自分たちが気付いてやらないといけなかったですね」

■高崎 寛之選手のコメント
Q:試合を振り返って?
「やはり暑かったですね(苦笑)。試合の入りで失点してしまいましたけど、それからも自分たちのやることは変わらなかった。そこで早い段階で同点に追いつき、逆転できたのは大きかったですね。前半の間延びした時間帯に失点してしまったのは良くなったですけど、後半しっかり修正できて安定した試合は出来たと思います。次節も大一番の岡山戦なので、しっかり自分たちで良い試合を出来るように頑張ります」

Q:PKながら二桁得点を達成しましたが。
「ここ最近、全然とれていなかったので気持ちも楽になりました。もっともっと点を取らないといけないので、しっかり練習していきます。次は流れの中から決めたいです」

ハイライト動画

DAZN

トップへ戻る