試合日程
MATCH SCHEDULE

2016 明治安田生命 J2リーグ 第41節 VS FC町田ゼルビア

11月12日(土) 14:00 Kick off 町田市立陸上競技場

machida_l.png

FC町田ゼルビア

  • 12' 中島 裕希
  • 45+1' 仲川 輝人
試合終了

2 1

2 前半 0

0 後半 1

松本山雅FC

  • 66' 高崎 寛之

MEMBERS

  • GK 21 髙原 寿康
  • DF 10 土岐田 洸平
  • DF 3 畠中 槙之輔
  • DF 37 カルフィン ヨン ア ピン
  • DF 19 松本 怜大
  • MF 39 重松 健太郎
  • MF 6 李 漢宰
  • MF 29 森村 昂太
  • MF 8 谷澤 達也
  • FW 30 中島 裕希
  • FW 25 仲川 輝人
サブ
  • GK 1 内藤 圭佑
  • DF 16 有薗 真吾
  • DF 35 大谷 尚輝
  • MF 13 大竹 隆人
  • FW 11 中村 祐也
  • FW 23 戸島 章
  • FW 38 久木野 聡
監督
相馬 直樹

MEMBER CHANGE

69'

畠中 槙之輔

大谷 尚輝

72'

重松 健太郎

戸島 章

CARD

37'

畠中 槙之輔

48'

松本 怜大

87'

森村 昂太

89'

谷澤 達也

STATS

シュート 11
GK 7
CK 5
直接FK 18
間接FK 3
オフサイド 2
PK 0

MEMBERS

  • GK 1 シュミット ダニエル
  • DF 3 田中 隼磨
  • DF 4 飯田 真輝
  • DF 11 喜山 康平
  • DF 13 後藤 圭太
  • DF 18 當間 建文
  • MF 5 岩間 雄大
  • MF 14 パウリーニョ
  • MF 23 工藤 浩平
  • FW 20 石原 崇兆
  • FW 29 高崎 寛之
サブ
  • GK 25 白井 裕人
  • MF 7 武井 択也
  • MF 15 宮阪 政樹
  • MF 17 飯尾 竜太朗
  • FW 19 山本 大貴
  • FW 38 前田 大然
  • FW 39 三島 康平
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

66'

後藤 圭太

宮阪 政樹

79'

工藤 浩平

三島 康平

85'

石原 崇兆

山本 大貴

CARD

43'

後藤 圭太

78'

石原 崇兆

88'

三島 康平

90+1'

岩間 雄大

90+2'

當間 建文

STATS

シュート 10
GK 8
CK 6
直接FK 18
間接FK 4
オフサイド 3
PK 0
主審 今村 義朗
副審1 五十嵐 泰之
副審2 堀越 雅弘
第4の審判員 河合 英治
入場者数 9519人
天候・風 晴・弱風
気温/湿度 19.2℃/44%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/乾燥

試合後のコメント

■反町康治監督 記者会見コメント■
「やはりどこかに重圧というか、違う意味での奢りがありましたね。それをコントロール出来なかったのは私の責任なので、これだけ多くのサポーターがアウェーでも声を枯らして応援していただいたにも関わらず反省しております。前半はあれだけリズムが悪く、何とか1失点でとベンチで考えていたんですけど、多くのチャンスを作られてバーに救われる神頼みをしているようでは、到底ゴールに辿り着けないなと思いました。後半は相手の脚が止まったのも含めて、いわゆる中盤でのこぼれ球をことごとく自分たちのものに出来て、我々らしさは出てきたんですけど、やはり前半の2失点は大きかったですね。このままの状態で行けば一つ順位を落とすことになりそうなので、逆に言うと一週間チャレンジ精神を持ってエンジョイしたいなと思います。こうして最終戦までもつれたことを嬉しく思いますし、痺れるような90分間を戦って、悔しい思いを晴らせたらと思っています」

Q:右サイドを崩されての2失点だったが?
「右サイド云々ではなく、サイドに人数を割いて深いところからクロスを上げるのが町田の得点パターンなんですよね。裏返して言えば、分かっていてやられてしまったのが恥ずかしいですよね。サイドを割られたとしてもゴールは真ん中にあるので、最後のところで力をしっかり発揮すればいいんですが、『あれ、どうなっちゃったの?』という感じですね。驚きは何もないですし、最後のところをしっかりと抑えていれば、失点はなかったわけですから」

Q:宮阪政樹の投入についての意図を。
「後藤がカードを貰っていたというのもありますし、少し不安定だったので。攻撃のギアを上げるためにも、そうせざるを得なかった。宮阪はセットプレーがありますし、展開力もある。実際にそこから展開してチャンスを作れていましたし。2点目を取るためにどうするか、という判断で送り出しました」

Q:2失点の要因について。
「全てだと思いますね。町田のことを誉めるのであれば、中島も仲川も谷澤も素晴らしかった。相馬も俺の後輩だから素晴らしいし(苦笑)」

Q:セカンドボールを拾われることが多かった要因は?
「向こうもそうだったんですが、芝が深いこともあってボールが足元で止まってしまうんですよね。流れが悪いので、どうしてもハイプレスのチームが有利ですよね。そこでことごとく向こうにリズムを作らせてしまい、我々はプレッシャーを跳ね除けようとして、うまくかわそうとして引っ掛けられてしまう。リズムを作れずに苦し紛れに蹴ってオフサイドになってしまう、思うところでボールが貰えない悪循環。町田のペースで進んでいたので、前半は1失点で抑えたかったですよね。そういう試合もあるので、2点目は本当に痛かったです」

Q:最終節に向けてのチームマネジメントは?2年前の昇格時とは異なる?
「当然メディアがインタビューをする状況になるのは止むを得ないんですが、そこをうまく勘違いしないように持っていくのが私の仕事なので。最初に奢りという表現を用いましたが、そういう選手はいませんでした。ただ、取材されて持ち上げられて、ずっと負けなかった分だけ溜まっていた膿が前半に出たのかも知れません。膿が出たら快方に向かうと思いたいんですが、その傷口を早く治すのも私の仕事なので。
2年前とは状況が違うので何とも言えませんが、私としても初めての昇格争いではありません。新潟や湘南時も最終戦までということはありますから、まずは我々がしっかり構えて、選手を観察して、最後の90分に送り出す。それに全力を尽くしたいと思います」

Q:縦に走られたことで守備陣のギャップを作られていたが?
「町田はリ ハンジェが残って、森村が前線に斜めへ飛び出して起点を作るんですよ。ワンタッチで中へ入れて勝負と。相手の特長の映像を見せたら、そのままの形で2つやられてしまったので恥ずかしくてしょうがないんですけど。ただ、そのインフォメーションによってディフェンスラインが恐がってしまって、高く保てなくて自分たちでギャップを作ってしまった。向こうはスピードのある2トップですし、先に触られてしまって横を向かされ、背中をとられてしまう。今まではそういう綻びはあまりなかったので、しっかりと反省して、来週は休みを入れても充分時間があるので、しっかりトレーニングしながらやっていきたいですね」

■石原崇兆選手のコメント■
Q:試合を振り返って?
「前半は全然やれなかったという悔しい思いが自分の中にありますし、後半は最初から思い切りやれたのかなと思う。前半からそういうプレーが出来ていれば、ああいう状況にはならなかったはず。自分も最後にイエローを貰ってしまって次の試合に出られないことも責任を感じているし、その意味でも前半から強気で行けばよかった」

Q:緊張で力が発揮できなかった部分はあった?
「そんなにプレッシャーは感じていなかったですけど、実際に結果を見ると、そう思われる部分もあったと思う。前半はうまくいかなかった部分も多くて、自分たちらしいサッカーが出来てなかったのも2失点の原因だと思う。後半は巻き返しまではいかなかったけど、自分たちが今までやってきたことはちょっとでも出せたのかなと思います」

ハイライト動画

DAZN

トップへ戻る