試合日程
MATCH SCHEDULE

2017 明治安田生命 J2リーグ 第22節 VS 横浜FC

07月08日(土) 18:30 Kick off アルウィン

松本山雅FC

  • 42' 高崎 寛之
  • 45+2' 高崎 寛之
  • 61' 橋内 優也
試合終了

3 1

2 前半 0

1 後半 1

yokohama_l

横浜FC

  • 89' イバ

MEMBERS

  • GK 21 鈴木 智幸
  • DF 3 田中 隼磨
  • DF 18 當間 建文
  • DF 4 飯田 真輝
  • DF 31 橋内 優也
  • DF 33 安川 有
  • MF 5 岩間 雄大
  • MF 15 宮阪 政樹
  • MF 20 石原 崇兆
  • MF 10 工藤 浩平
  • FW 9 高崎 寛之
サブ
  • GK 16 村山 智彦
  • DF 13 後藤 圭太
  • MF 8 セルジーニョ
  • MF 14 パウリーニョ
  • MF 23 岡本 知剛
  • FW 11 三島 康平
  • FW 19 山本 大貴
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

64'

田中 隼磨

岡本 知剛

75'

石原 崇兆

セルジーニョ

85'

高崎 寛之

山本 大貴

CARD

STATS

シュート 7
GK 15
CK 5
直接FK 13
間接FK 1
オフサイド 1
PK 0

MEMBERS

  • GK 1 高丘 陽平
  • DF 16 新井 純平
  • DF 20 カルフィン ヨン ア ピン
  • DF 5 西河 翔吾
  • DF 3 田所 諒
  • MF 7 野村 直輝
  • MF 6 中里 崇宏
  • MF 8 佐藤 謙介
  • FW 19 ジョン チュングン
  • FW 15 中山 雄希
  • FW 14 イバ
サブ
  • GK 45 北野 貴之
  • DF 4 渡邉 将基
  • DF 17 楠元 秀真
  • MF 22 永田 拓也
  • MF 25 石井 圭太
  • MF 21 増山 朝陽
  • FW 27 齋藤 功佑
監督
中田 仁司

MEMBER CHANGE

64'

中山 雄希

齋藤 功佑

64'

野村 直輝

増山 朝陽

77'

新井 純平

永田 拓也

CARD

STATS

シュート 15
GK 7
CK 7
直接FK 11
間接FK 1
オフサイド 1
PK 1
主審 家本 政明
副審1 戸田 東吾
副審2 権田 智久
第4の審判員 勝又 弘樹
入場者数 12526人
天候・風 晴のち曇・弱風
気温/湿度 25.9℃/77%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/乾燥

試合後のコメント

■反町康治監督記者会見のコメント
「記者会見室は、まだパイプ椅子なんですね(笑)。
どこの試合もそうなんですが、今日もまた難しい試合であったことは間違いありません。ある程度の予想は出来ていたんですけど、前半は向こうの縦へのボールに、2トップと野村(直輝)とボランチ2枚が絡んでくる。どちらかというと我々の右サイドで難しい対応をせざるを得ませんでした。それでも最後のところで粘り強さや泥臭さなど元来あるべき我々らしさを発揮して、前半20分くらいまでよく耐えるという試合展開だったと思います。
苦しいなかで、ほとんどチャンスメークも出来ずにシュートチャンスも少ない状況でのセットプレーからの先制点は非常に大きかったです。あと前半終わりの流れの中からのゴールも、良い形で折り返すという意味では理想どおりの展開になったのかなと思います。
横浜FCはCKからの失点もしていませんし、FKからの失点も多くない。非常にセットプレーに硬いチームなので苦労しましたけど、2得点できたのも宮阪の良いキックがかなりのウェートを占めているのかなと思いました。PKに関しては目をつぶるしかないですね。体を張って守っていたので無失点で終わらせてあげたかったですよね。逆に1失点をゼロにする努力をしていきたいと思います。
週末の試合は上位との試合なので、勝ち点6に値するゲームだと思っています。向こう(長崎)は天皇杯がなくて我々には天皇杯があるということで難しい準備になりますが、総合力を持ってやっていきたいと思います。
開幕戦に負けた相手だったので、成長ぶりを見せようという話はしてきました。マラソンでも折り返ししてから、どれだけ走れるかが重要です。今日は最後まで足が止まることがなく良かったと思います」

Q:今日の試合で、もっとも評価したい部分を挙げるならば?
「イバという絶対的存在の選手がいて、彼が攻撃面の戦術の殆どを担っているといってもおかしくない。当然そこをどう対応するかということを、この一週間考えながらやってきました。そういう戦術的なところを遵守して、こぼれ球でシュートを打たれた場面もありましたけど、殆どの競り合いでも体をぶつけることで枠に飛ばすようなシュートがなかった。一番大事なペナルティーエリア内での守備陣の頑張り、体を張るところは本当に良かったと思います。それが少ないチャンスで得点できた要因の一つかも知れませんし、我々らしさがふんだんに出たゲームでした」

Q:約2ヶ月ぶりのホーム勝利となったが、サポーターの皆さんに一言。
「ホームでなかなか勝てないなか、今日も12000人を超えるお客さんが来てくれました。最後まで声を枯らしてサポートしてくれたことに本当に感謝しています。これは決して当たり前のことではなく、我々が頑張らないといけないという応援のメッセージだよ、と選手にも常々話しています。この成績にも関わらず足を運んで応援してくれていることには感謝していますし、これをホームで続けていきたいという気持ちでいます」

Q:この勝利を踏まえて、後半戦をどう戦っていくか?
「本当ならばハーフターンでもう少し時間があって、整理して色々とインフォメーションして練習できるような余裕があればいいんですが、何せJ2は毎週末に試合がありますし、週中には天皇杯もある。まさに自転車操業のようになってしまいますが、前半戦を振り返ったなかで、どうしてもここだけはという、ある意味精神論ですね。もちろん戦術的な部分は試合ごとに出していますけど、21試合を振り返って足りない部分というのものは話をしてきました。かなり選手も整理できてやれているんじゃないかと。それがチームの力になってくれればいいですし、今日だけではなくシーズン終わるまで出していきたいと思います。週中の天皇杯も少しはメンバーも変わるかも知れませんが、ベストメンバーでやりたいと思います」

 

Q:前半戦の課題を修正できた試合だった?
「全てがそうだとは思いませんけど、少なからず出せたと思います。プラスどこを抑えなければいけないかといったゲーム戦術も選手がしっかり整理してアウトプットができたとは思います」

Q:後半の早い時間で、田中隼磨に代えて岡本知剛を投入したが?
「田中については、まだドクターから報告を受けていないので状態は分からないです。岡本に関しては、ここ最近は右サイドのスペシャリストとして育ってきています。良い形でボールの受けられる器用な選手ですし、走力もあります。今日も良い形でゲームに入ることが出来たので、あとはどんどん実戦を重ねて競争する相手になってほしいです。今日は及第点を与えてもいいと思いますが、もっともっと出来る選手です」

Q:中央での守備の対応で、最後まで隙を作らせなかったが?
「外からのボールが多くなるのは止むを得ない部分がありました。つまり中里(崇宏)がロングスローで外に出た時に、どうしても真ん中に人数をかけてきて、ゴールを守るという姿勢を第一にして考えると、その近くでボールを動かされて、中里が振りかぶってクロスあるいは2対1にされてクロスという場面が多かった。
どこに力点を置くか考えると、外側を2対2で対応して真ん中を薄くするのか、外側は2対1だけど最後のところをうまく限定できて時間を作らせて真ん中で弾くか。今日に関しては最初から、外では2対1になっても仕方ない。しかし真ん中でGK含めてしっかり対応せざるを得ない。ある意味で開き直っていたので、当然(クロスを)上げる方は数的優位でチャンスは増えたかも知れませんが、結局それで決定的なチャンスがあったかというと殆どなかったですよね。一回だけ上げられたボールがシーンとするような場面になってしまいましたけど。あれも本来であればちゃんと跳ね返していると思いますし、今日はそういうゲームだったかなと思います」

■高崎 寛之選手コメント

Q:試合を振り返って?
「まずセットプレーのチャンスを生かして先制点を挙げられたことは良かったですし、最後は1失点してしまいましたけど守備も試合をとおして悪くありませんでした。(得点場面については)練習していましたし、2得点とも良いボールが来たので、あとは頭に当てるだけでした。決まって良かったと思います」

Q:アルウィンでは約2ヶ月ぶりの勝利となったが?
「それは選手全員が理解していましたし、ホームで勝ちたいという気持ちは強かったです。勝てたことは本当に嬉しかったですし、こういう試合をもっともっと増やしていきたいと感じました。ここまでなかなか勝てなくてサポーターの皆さんにも辛い思いをさせてしまったと思いますけど、これで後半戦は良いスタートが切れたので、もちろんアウェーでもですけどホームで皆さんと喜びあえるように頑張ります」

トップへ戻る