試合日程
MATCH SCHEDULE

2017 明治安田生命 J2リーグ 第33節 VS ザスパクサツ群馬

09月16日(土) 14:00 Kick off アルウィン

松本山雅FC

  • 44' 高崎 寛之
  • 48' 安川 有
  • 87' 石原 崇兆
試合終了

3 0

1 前半 0

2 後半 0

kusatsu_l1.png

ザスパクサツ群馬

MEMBERS

  • GK 16 村山 智彦
  • DF 3 田中 隼磨
  • DF 18 當間 建文
  • DF 4 飯田 真輝
  • DF 13 後藤 圭太
  • DF 29 下川 陽太
  • MF 14 パウリーニョ
  • MF 5 岩間 雄大
  • MF 10 工藤 浩平
  • FW 9 高崎 寛之
  • FW 19 山本 大貴
サブ
  • GK 1 藤嶋 栄介
  • DF 6 安藤 淳
  • DF 33 安川 有
  • MF 7 武井 択也
  • MF 20 石原 崇兆
  • FW 39 ダヴィ
  • FW 50 鈴木 武蔵
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

32'

飯田 真輝

安川 有

73'

山本 大貴

石原 崇兆

88'

岩間 雄大

武井 択也

CARD

STATS

シュート 15
GK 8
CK 8
直接FK 10
間接FK 2
オフサイド 2
PK 0

MEMBERS

  • GK 1 清水 慶記
  • DF 2 舩津 徹也
  • DF 36 チェ ジュンギ
  • DF 43 ヨ ソンヘ
  • DF 5 阿部 巧
  • MF 30 松下 裕樹
  • MF 28 岡庭 裕貴
  • MF 8 鈴木 崇文
  • MF 14 石田 雅俊
  • MF 9 山岸 祐也
  • FW 26 高井 和馬
サブ
  • GK 41 牲川 歩見
  • DF 19 一柳 夢吾
  • DF 20 パク ゴン
  • MF 6 小林 竜樹
  • MF 7 高橋 駿太
  • FW 15 岡田 翔平
  • FW 11 永井 雄一郎
監督
森下 仁志

MEMBER CHANGE

51'

阿部 巧

パク ゴン

61'

鈴木 崇文

永井 雄一郎

72'

石田 雅俊

高橋 駿太

CARD

45+2'

高井 和馬

STATS

シュート 7
GK 13
CK 3
直接FK 9
間接FK 1
オフサイド 1
PK 0
主審 飯田 淳平
副審1 三原 純
副審2 堀越 雅弘
第4の審判員 塚越 由貴
入場者数 10320人
天候・風 曇のち雨・無風
気温/湿度 18.6℃/71%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/乾燥

試合後のコメント

■反町康治監督記者会見のコメント
「あまりいい天候ではなかったのですが、10,000人を超えるサポーターに応援していただき有り難く思っております。もちろん勝ち点3が獲れて嬉しいのですが、ここ4試合か5試合連続でイエローカードが1枚もないという点も個人的に嬉しく思っています。(出場停止まで)リーチの選手が多い中で、しっかりコントロールしながらゲームが出来ています。フェアなプレーを続けることで、この時点でも出場停止が1人もいません。他のクラブには全くないことで、30試合を超えてもそういう状態を保てていることは嬉しく思っています。
ただ、イエローに値しないにしても、つまらないセットプレーを与えてしまうシーンが少しありました。向こうのストロングポイントを挙げるならば、チーム総得点の50%がセットプレーからのゴールですから。そこの部分は、もう少し良い対応をしなければいけないと感じています。
ずっと同じ後ろ(DFラインが)3枚でやってきましたが、今日は違う3枚で試合を終えることになりました。百点満点ではなかったにせよ、途中から入ったにしては非常に安定感があったと思います。今日は目立たなかったですけどGKも最後の砦としてよくやってくれたと思います。松下(裕樹)のミドルシュートが決まっていれば違う流れになったかも知れませんが、少なくとも0点で終われるような試合ではなかったかなと感じてます」

Q:橋内優也の欠場、飯田真輝の負傷交代という状況になったが、影響は?
「ずっと同じメンバーでやってきたので少し即席のような形にはなりましたけど、圭太も安川も慌てることなくやってくれました。今日は2つの選択肢がありました。1つは(岩間)雄大を(DFに)下げてボランチの武井を入れる。それとヤス(安川)を入れて、後藤を真ん中にして當間と3枚でいく。ボランチもそんなに悪くなかったですし、群馬には高い選手が多く、途中交代で高い選手を入れてくる可能性もあって、セットプレーでの高さも確保しないといけないということでヤスを入れました。得点まで取るというオマケもありましたけど、冷静な試合運びが出来たかなと思います。心配なのは橋内と飯田の状態で、連戦で大変になるかも知れません。しかし、それを何とかするのが私の仕事ですし、厳しい状況でも日頃のトレーニングの成果を出していかないといけない。以前の会見でも、これから総合的な力が必要になるという話もしていましたので、今日の勝利は大きいですし、また次に繋げるような形にならなければいけないと思います」

Q:スタメンで出た後藤選手、途中から出た石原選手も得点しましたが、チームの総合力についての手応えは。
「結果的には途中から入った選手が得点できたということは松本としては珍しいですね。途中投入の2人が得点したというのも、過去を遡ってもあまりないのではないでしょうか。それくらいチーム内競争が激しくなってきたという言い方になるかもしれまえん。山本のように少し調子が落ちれば、すぐに石原が出てくると(苦笑)」

Q:残り9試合になって、昇格を目指す上でどのような戦い方が必要ですか?
「山口戦も睨んでいますが、当然天皇杯もあります。ノックアウトシステムの大会は何とか正月まで行けるように頑張りたいという気持ちは強いです。月並みですが、一戦一戦という気持ちを意識してやっています。今のテーブル(順位表)は関係なく、最後にどの位置にいるかということです。我々は勝ち点3を取るゲームをしなければいけない。勝ち点1では厳しいというイメージを持ちつつも、前がかりになるのではなく、今までやってきたことをしっかり整理整頓しながらやっていくということに違いはありません」

Q:3バックの安定感があった要因は?
「公式戦のあとには必ず練習試合も行っていますし、試合を振り返っての課題や問題点も整理しています。そこでお互いに意志統一がしっかりできているのが要因かと思います。例えば谷奥や宮地が出たとしても同じくらいの力を出せると思いますし、そうでないといけない形でトレーニングしています。その意味でも今日は我々にとって嬉しい大きな結果と内容だったかなと思います」

■村山智彦選手コメント

Q:今日の試合を振り返って?
「オフサイドになりましたけど相手のゴールもあったので、あれで群馬に流れがいかないで良かった。逆に直後に先制点を取れたので、あそこが今日の試合のターニングポイントになったのかなと思います」

Q:後半も好セーブを見せて、無失点に貢献したが?
「ここ最近の試合では失点が続いていたので、そこに関しては責任を感じていました。自分のやる仕事としては無失点に抑えることが一つですし、もちろん自分だけの力ではなくフィールドプレーヤー全員の力を借りて上手く守れたと思います。やはりホームで良い試合をすることで皆さんの期待にも応えられるわけで、今日は良い結果を出せたのかなと思います」

トップへ戻る