試合日程
MATCH SCHEDULE

2018 明治安田生命 J2リーグ 第18節 VS 京都サンガF.C.

06月09日(土) 15:00 Kick off 京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

kyoto1.png

京都サンガF.C.

試合終了

0 1

0 前半 0

0 後半 1

松本山雅FC

  • 77' 前田 大然

MEMBERS

  • GK 34 若原 智哉
  • DF 4 田中 マルクス闘莉王
  • DF 6 本多 勇喜
  • DF 15 染谷 悠太
  • DF 24 増川 隆洋
  • DF 30 石櫃 洋祐
  • MF 14 仙頭 啓矢
  • MF 22 小屋松 知哉
  • MF 35 福岡 慎平
  • FW 10 エスクデロ 競飛王
  • FW 13 岩崎 悠人
サブ
  • GK 21 清水 圭介
  • DF 2 磐瀬 剛
  • DF 17 牟田 雄祐
  • MF 8 重廣 卓也
  • MF 18 望月 嶺臣
  • FW 9 レンゾ ロペス
  • FW 19 大野 耀平
監督
ジュロヴスキー

MEMBER CHANGE

48'

田中 マルクス闘莉王

大野 耀平

70'

染谷 悠太

牟田 雄祐

84'

福岡 慎平

レンゾ ロペス

CARD

STATS

シュート 8
GK 8
CK 2
直接FK 8
間接FK 2
オフサイド 2
PK 0

MEMBERS

  • GK 1 守田 達弥
  • DF 4 飯田 真輝
  • DF 18 當間 建文
  • DF 5 岩間 雄大
  • MF 47 岩上 祐三
  • MF 20 石原 崇兆
  • MF 6 藤田 息吹
  • MF 14 パウリーニョ
  • MF 25 前田 直輝
  • FW 7 前田 大然
  • FW 38 永井 龍
サブ
  • GK 21 鈴木 智幸
  • DF 2 浦田 延尚
  • DF 3 田中 隼磨
  • MF 10 工藤 浩平
  • MF 13 中美 慶哉
  • MF 23 岡本 知剛
  • FW 19 山本 大貴
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

70'

前田 直輝

工藤 浩平

78'

前田 大然

中美 慶哉

89'

永井 龍

山本 大貴

CARD

63'

パウリーニョ

STATS

シュート 5
GK 9
CK 3
直接FK 7
間接FK 0
オフサイド 0
PK 0
主審 大坪 博和
副審1 日高 晴樹
副審2 若槻 直輝
第4の審判員 矢野 浩平
入場者数 8149人
天候・風 晴・中風
気温/湿度 28.8℃/46%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/乾燥

試合後のコメント

■反町監督記者会見のコメント
「予想してきたのと少し並びが違ったので、色々な意味で苦労した部分はあります。向こうは前半20分くらい見て分かるように、奪って、または保持して、飯田と1対1のオフとオンで仕掛けるという戦略に、やられそうでやられなかった試合だったかなと思います。
いつも京都さんとの試合は非常に苦しいゲームなんですが、我々も高温多湿のなかで最後まで足を止めずにやれたと思います。お互いメンバーは変えてきたにしても天皇杯2回戦から中2日の連戦でしたが、その影響のないようなゲームをしてくれました。最後は根性論になってしまいますが苦しいところを頑張れたと思いますし、そういう苦しい状況を助けてくれた2000人近くの松本サポーターに感謝いたします。
後半は相手の最終ラインが深いので、ある程度はクサビを受けて時間が出来るよと話をしましたが、実際にその通りでした。ただ、そこから何が出来るかというと準備の時間も短かったこともあって、お粗末だったので、チームで一番のアイデアマンの工藤を入れざるを得なかったです。それが得点に繋がったのかなと思っています。
少し怪我人の多いなかで苦しみながら試合をしていますが、クオリティーはあまり落ちていません。當間も90分持つかなと思っていたんですが持ちましたし、怪我上がりの大然も頑張ってくれました。天皇杯も含めてこういう苦しい試合をモノに出来たことは嬉しく思っています。もちろん我々はこれに胡坐をかくことはしませんし、するつもりもございません。次からホームで2連戦になりますし、現時点で一番上にいるチームとの試合になるので、しっかり休ませたなかで準備していきたいと思います」

Q:今日、高崎寛之が居ませんでしたが、怪我でしょうか?
「そうですね、はい」

Q:途中投入で決勝点をアシストした工藤浩平は、天皇杯で120分やっていてコンディションは相当厳しかったと思いますが、今日のゲーム展開も踏まえてベンチメンバーとしては欠かせないということで彼を連れてきて投入したんでしょうか。
「攻撃のオプションという意味で、彼はいまボランチもやっているので低い位置のビルドアップとか、または高い位置から仕掛けるところでも欠かせない選手です。今日も実力を証明してくれたし、ベテランならではの冷静なプレーもチームのプラスになっています。それは田中隼磨にしても高崎にしても皆そうです。チーム一丸となってやれていることが、こういう結果になっているのかなと。決して腐ることなく、天皇杯もありましたけど100%以上の力を出して、こういうアウェーの難しい状況でも力を連れて来て発揮してくれるのは嬉しく思っています。我々は天皇杯も残っているので短いスパンでやる試合も増えてきますが、そういう時にチームに貢献してもらえると有難いですね」

Q:今日は岩間雄大が3バックの中心に配置されていたが、彼を含めて最終ラインの評価を。
「ベンチでも話をしていましたが、『最もCBらしくなってきたな』という感じですよね(笑)。彼はボランチへのこだわりもあるはずですが、チーム事情もありますし、冷静に物事を判断できる選手。長い付き合いなのでチームとしてのやるべきことも整理できているし、遜色なく出来たと思います。それは飯田もそうだし、當間もそうだし。ただ高さだけはどうにもならないので、横からのボールに対する高さだけは心配でした。それとセットプレーです。それでも最後までしっかりと体をぶつけるところはぶつけて、よくやってくれたと思います」

Q:追加点を挙げられなかったが、攻撃面での課題については?
「それほど差のないリーグのなかで、複数得点できてゼロ失点で抑えるような試合はそれほどないということを前提に考えてもらわないといけません。今日の試合はほぼ互角で、向こうの方がチャンスも多かったかもしれません。そういう相手に苦しみながら勝つことが大事であって、1-0で勝とうという美学は持っていません。ただ今日の段階でいうと、向こうが失点してから4バックに変えて、小屋松(知哉)や岩崎(悠人)らが高い位置に残っていた。そういう状況で攻撃に出るとしっぺ返しを食らうのはこのリーグの前期を見ていてもあるので、山本が向こうの4バック全員に行けと(苦笑)。その他の選手はサイドで数的有利を作られないようなシフトにチェンジしました。それは2点目を取りにいくというよりも、向こうの攻撃を何とかしのぐしか方法はないかなと。つまり、サイドをえぐられてクロスを上げられてCKになりましたと。CKから失点しては私の責任になるので。いろんなリスクを踏まえたなかで、今日のような高温多湿の我々が普段感じられない環境ですから、それは開き直ってやるしかないと思いました」

Q:工藤浩平をボランチではなくシャドーに入れた理由は?
「ハーフタイムに、『これは持たされているんだから、自分たちがボールを持っていると勘違いしないでほしい』という話をしました。その状況を打破するために、とりあえずCBとボランチは、もう一つか二つ持ちだして勝負しようと。そうではないと相手の懐に入っていけないので。ただ後半もそういう場面が少なかったですよね。持ち出すことで向こうのボランチを引き出して、例えばうちのシャドーやトップにボールを入れると向こうの最終ラインが深いために、その前で起点を作れるわけですよね。ボランチを代えるのは簡単なんですが、その先まで行くのを前提として交代したというのはあります。大然も怪我明けで練習も満足に出来ていない状況でしたし、直輝もこの暑さのなかで前半からかなり走っていたのでそれは仕方ないです。永井も90分単位での試合はしていませんし、前の3人を代えるしかない。最後はこの暑さで足をつる可能性もないわけでありませんでした。ただ3日前から京都は我々の考えているよりも暑いよと話をしてきたので、水分を摂らせてきましたが、最後までよく持ちましたね。もし延長戦があったらやられていました」

■前田大然選手コメント

Q:77分に決勝点を挙げて、勝利に貢献したが?
「浩平さんから絶対にボールが来ると思っていたので、来る前からイメージは出来ていました。声を出す前に目があったし、実際にトレーニングでも取り組んできた形だったので、信じて動き出しました。(昨季から対京都で3戦連発となり)京都の方やサポーターの皆さんは、僕のことを嫌いになっていますね(苦笑)。次の対戦でも決められるように頑張ります」

Q:怪我からの復帰戦となったが、コンディション面は?
「暑さもありましたが、1試合休むだけでこんなに違うのかなというくらい厳しかったです。でも得点できたことが自分にとっては、一番のクスリになったのかなと。ただ、あれ以外は何もしていないので、もっと他の部分でも仕事ができればよかったと思います」

トップへ戻る