試合日程
MATCH SCHEDULE

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦 VS MD長崎(長崎県代表)

06月21日(水) 19:00 Kick off アルウィン

松本山雅FC

  • 45+1' 三島 康平
  • 76' セルジーニョ
  • 82' 三島 康平
  • 90+4' 谷奥 健四郎
試合終了

4 0

1 前半 0

3 後半 0

mdnagasaki4

MD長崎(長崎県代表)

MEMBERS

  • GK 1 藤嶋 栄介
  • DF 2 ヨ ソンヘ
  • DF 13 後藤 圭太
  • DF 17 ジエゴ
  • DF 28 谷奥 健四郎
  • MF 7 武井 択也
  • MF 8 セルジーニョ
  • MF 14 パウリーニョ
  • MF 23 岡本 知剛
  • FW 11 三島 康平
  • FW 19 山本 大貴
サブ
  • GK 16 村山 智彦
  • DF 18 當間 建文
  • MF 15 宮阪 政樹
  • MF 25 志知 孝明
  • MF 27 柴田 隆太朗
  • FW 26 岡 佳樹
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

63'

山本 大貴

岡 佳樹

77'

ジエゴ

志知 孝明

84'

パウリーニョ

柴田 隆太朗

CARD

STATS

MEMBERS

  • GK 26 東川 陸
  • DF 6 風浦 大輝
  • DF 10 中原 智央
  • DF 11 有川 貴裕
  • DF 20 上野 周平
  • MF 7 福田 健人
  • MF 9 安武 亮
  • MF 13 上田 啓太
  • MF 18 岩竹 一也
  • MF 25 植木 二朗
  • FW 14 深町 浩之
サブ
  • GK 21 西山 政宏
  • DF 23 溝口 将弘
  • DF 5 川口 潤
  • DF 8 西本 龍平
  • MF 16 落水 治
  • MF 24 指方 悠平
  • MF 30 髙橋 一聖
監督

MEMBER CHANGE

86'

植木 二朗

髙橋 一聖

89'

岩竹 一也

溝口 将弘

90+3'

風浦 大輝

川口 潤

CARD

30'

風浦 大輝

90+1'

深町 浩之

STATS

主審 笠原 寛貴
副審1 先立 圭吾
副審2 小出 貴彦
第4の審判員 松本 瑛右
入場者数 3368人
天候・風 曇り
気温/湿度 18℃/89%
ピッチ(芝)/(表面)

試合後のコメント

■反町康治監督記者会見のコメント
「ハーフタイムに、めずらしく怒ったというか呆れて話をしたんですけど、『草サッカーをやっているようじゃあ勝てないよ』と。表現するのが難しいんですけども、やはりプレーが雑で、自分のコントロールミスとかいろんなミスからボールを奪われたらファウルでごまかしてしまえという最もやってはいけないようなサッカーを前半はしていたと思います。
MD長崎さんは毎日練習しているチームでないと聞いていますし、今日のウォーミングアップでも天皇杯公式球ではなく自分たちのボールで練習しているチームです。そういう一生懸命やるチームに対して、ファウルをするとか、リスペクトのないゲームをしたことを申し訳なく思っております。
他会場でも延長戦に入ったりとか大学生チームが勝ったりとか色々あるようですが、当たり前ですけど天皇杯は難しいものです。次に駒を進めることが出来たのは嬉しく思っていますが、残念ながら皆さんも見て思ったと思いますが、収穫のあまりないゲームだったかなと思いました。
感心したのはMD長崎さんに足をつる選手は一人もいなかったこと、逆に我々には足をつりそうな選手がたくさんいた(苦笑)お粗末な話で申し訳ありません」

Q:良くない入りになった要因とは?
「ポジティブに理解すれば、何か仕事してやろうと気負っている部分だと思います。逆に言えば、自分の世界で自分のサッカーをしてしまっている。悪く言うならば精神的な不安定さ。
気持ちは分からなくはないです。ただシーズン当初から同じような話をして同じようなトレーニングをしているのに、こういう場で全く出せないというのは僕もちょっとショックでしたね。向こうの方が落ち着いて相手を見ながらプレーしていたと思うと、非常に悲しいです。ポジティブに理解したいので、何とかしてやろうという気持ちが強かったからかなと思いたいですけどね。残念ながら前半は、アルウィンのスタジアムの中でやるような試合ではなかったですね。後半は少しは良くなりましたけど、根本的な所はあまり変わっていなかったです」

Q:谷奥選手もそうですが、前線の三島やセルジーニョが今季公式戦初得点したことは収穫だったのでは?
「谷奥(健四郎)はよくやりましたけど、あとの2人は粗が見えたというか改善しないといけないところが多かったと思います」

Q:アルウィンでの2カ月ぶりの勝利はサポーターも喜んでくれたと思いますが。
「天皇杯は別の大会ですが、なかなかアルウィンで勝点3を取れるゲームが出来なかったことは選手にも話していますし、我々のリーグで置かれている状況や悪天候、水曜日のナイトゲームなどの点を踏まえても、多くのサポーターにお金を払って来ていただきました。本来ならばクレームが出そうな内容だったと思うのですが、山雅のサポーターらしく最後まで応援していただいたことには本当に嬉しく思います。久々に帰りの足取りも軽いと思いますが、週末も同じように帰ってもらえるように、この何日間を努力していきたいと思います」

 

■谷奥健四郎選手コメント

Q:試合を振り返って?
「今日の試合に出たメンバーというのは、普段のリーグ戦にあまり絡めていないメンバーが中心なので、僕個人としては結果を出してやろうという気持ちでプレーしました。結果が全ての世界ですし、得点なり無失点なりの結果を残そうと思って、ピッチに入りました」

Q:試合終了間際のロングシュートについては?
「あの時間、相手はほぼ10人で守って、1人でカウンターを狙うという感じだったので。パスを繋ぐのは難しいと思って、一回打ってやろうと思って打ちました。アルウィンでプレーするのも初めてだったので、あれだけのサポーターの皆さんが沸いてくれて、めっちゃ気持ちよかったです」

トップへ戻る