ニュース NEWS

【U-15】山﨑 大耀選手「2022 JFAナショナルGKキャンプ(7.8~10@Jヴィレッジ)」メンバーに選出のお知らせ

アカデミーニュース

このたび、松本山雅FC U-15の山﨑 大耀(やまざき たいよう)選手が、7月8日(金)から7月10日(日)に行われる「2022 JFAナショナルGKキャンプ(7.8~10@Jヴィレッジ)」のメンバーに選出されましたのでお知らせいたします。

スケジュールなどの詳細は、日本サッカー協会公式サイト(JFA.jp)よりご確認ください。

 

「ナショナルGKキャンプ」とは

日本サッカー協会では育成におけるポジション別指導・強化を目的として、1999年より、JFA GKプロジェクトを中心に、ゴールキーパーに特化したナショナルゴールキーパーキャンプを開催しています。
このキャンプは将来の日本代表GKの発掘、育成をめざしています。キャンプには、9地域のGKプロジェクトとナショナルコーチングスタッフからの推薦をもとに、代表チーム立ち上げの年代に合わせて、日本全国からU-15,U-18の選手を各10名招集して育成・強化を行ってきました。2019年度からはテクニカルアドバイザーとしてフランス・フック氏にGKプロジェクトに参画いただき、第3回からは、より早い年代でのタレント発掘を目的に、対象年代をU-13/U-14に変更しました。また内容も、将来より良いGKに成長するために不可欠である、GKの専門的なテクニックの習得にフォーカスしたものに変更しました。
ピッチ上でトレーニングの中で指導を受けるだけでなく、トレーニングの映像を元にしたふり返りのミーティングにより、個人の課題の共有する。また、各種レクチャーにより、目標とするGK像を明確にして、所属チームに戻ってからも継続して取り組み、成長が続けられるように働きかけをしています。
またこのキャンプを年間に3回実施することにより、選手の成長を所属チーム、地域と一緒に見守るとともに、より多くのGK達に刺激を与える機会の創出に取り組んでいます。

ナショナルGKキャンプの詳細はこちら

一覧に戻る
トップへ戻る