ニュース NEWS

【スマイル山雅農業プロジェクト】5/22(金)より『やさいバス』を活用した青大豆「あやみどり」の流通を開始

クラブニュース

5月22日(金)より、地元農産物の共同配送システム「やさいバス」を活用し、スマイル山雅農業プロジェクトで栽培した青大豆「あやみどり」を松本市内の飲食店やホテル、小売店への流通を開始することがきまりましたのでお知らせいたします。

自治体・農業従事者・地域住民の皆さまと共に地元の農業課題解決にチャレンジしているスマイル山雅農業プロジェクトでは、地域の皆さまと栽培し収穫した青大豆「あやみどり」の流通によって、地産地消を推進することで、プロジェクトが目指す「遊休農地の活用」・「地域住民の交流活性化」・「青少年の育成」をさらに活性化させて参ります。

本商品の売上は、プロジェクトの活動費・地域の子どもたちを対象とした食育に関する活動への費用・障がい福祉サービス事業所の利用者の作業工賃、また松本山雅FCユースアカデミーの育成費として活用させていただきます。

『やさいバス』を活用した青大豆「あやみどり」の流通について

「やさいバス」とは

野菜の売り手(生産者)が“バス停”に野菜を出荷し、買い手(飲食店、小売店など)が野菜をバス停まで取りに行く地域共同配送システムです。松本山雅FCのホームタウン3市2村(松本市、塩尻市、安曇野市、山形村、朝日村)にある農産物直売所/道の駅を中心に「バス停」を設置し、地域内の飲食店、旅館・ホテル、小売店等へ生産者の顔の見える、新鮮な食材をお届けする地消地産の流通モデルを目指しています。

飲食店、旅館/ホテル、直売所、小売店の皆様は、ぜひ「やさいバス」へご登録いただきご購入ください。

詳細はコチラ

流通商品

「スマイル山雅農業プロジェクト」を通して収穫した青大豆「あやみどり」の商品名をオフィシャルマスコットの「ガンズくん」のように、皆様から親しまれるような商品になってほしいという願いを込め、ブランド名を「ガン豆くん」と名付けました。

また、大豆の選別・袋詰めは、地元の障がい福祉サービス事業所の皆様にご協力いただいております。

  • ガン豆くん(300g)
  • ガン豆くん(800g)
  • ガン豆くんクッキー
    ※就労支援B型事業所ドリームワークス様にご協力いただき、小麦粉・バターも国産のものにこだわって作っています。

「ガン豆くん」一般発売について

一般の皆様による「ガン豆くん」のご購入は下記店頭をご利用ください。

ガン豆くん取扱い店舗

(1)井上百貨店

「井上百貨店」様で、やさいバスから「ガン豆くん」を仕入れていただき、販売いたします。

住所 〒390-8507 長野県松本市深志2丁目3-1 5階
電話 0263-33-1150

井上百貨店HP

(2)生産者直売所 アルプス市場

「スマイル山雅農業プロジェクト」に立ち上げからご協力いただいております「生産者直売所アルプス市場」様にて「ガン豆くん」「ガン豆くんクッキー」を販売いたします。

住所 〒399-0012 松本市寿白瀬淵7391-1
電話 0263-86-6707

アルプス市場HP

(3)松本山雅FCオンラインショップ

オンラインショップはコチラ

スマイル山雅農業プロジェクト

スマイル山雅農業プロジェクトとは?

地域社会の活性化と地域に根ざした『まちづくり』に貢献するため、ホームタウン松本市内の「農地荒廃化」や「農業技術の継承」といった課題に対して、松本市・松本市農業委員会・直売所・障がい福祉サービス事業所と共同でプロジェクトを発足しました。
遊休農地で、ホームタウン塩尻市の試験場が開発した青大豆「あやみどり」の栽培を通じ、「遊休農地の活用」・「地域住民の交流活性化」・「青少年の育成」に取り組んでいます。

img_sharen

昨年度は、松本山雅FCユースアカデミーU-12(小学4~6年生)の子どもたちが栽培や収穫を体験したほか、農業に興味・関心を持っていただきたいというねらいからファン・サポーターの皆様による種まき・収穫イベントの実施、松本市内の全45の保育園・幼稚園の給食提供と食育運動指導などの活動を行いました。

「スマイル山雅農業プロジェクト」の詳細はコチラ(PDF)

一覧に戻る
トップへ戻る