ニュース NEWS

「松本盲学校ブラインドサッカー」に参加しました【報告】

ホームタウン活動

9月11日(月)松本盲学校で行なわれたブラインドサッカーに田中隼磨選手と小林陽介ホームタウン担当が参加しました。
FC長野RAINBOW様、信州大学の学生の皆様のご指導のもと、本盲学校の皆様と一緒にブラインドサッカーを体験しました。

写真1

はじめに基礎を重点としたチームと応用を重点としたチームに分かれ準備運動をしました。

写真2-1

写真2-2

基礎チームでは小林ホームタウン担当のサポートのなかボールに触れて感覚を学んだり、キックの練習などを行いました。

写真3

応用チームでは田中選手のアドバイスを受けながらボールコントロールやパスの練習を行いました。

写真4-1

写真4-2

最後はチームごとにアイマスクをした状態でPK戦をしました。
音で場所を把握しシュートをしていました。
松本盲学校チームと松本山雅FC・信州大学チームのPK戦では決着がつかず引き分けで終わりましたが大いに盛り上がりました。

写真5-1

写真5-2

写真5-3

写真5-4

男の子も女の子もブラインドサッカーを全力で楽しんでいたようです。
目が不自由でもサッカーで盛り上がることができる。
スポーツの素晴らしさを改めて実感することができました。

写真6-1

写真6-2

写真6-3

今回このような貴重な機会をご用意いただきました松本盲学校の皆様、信州大学の皆様、FC長野RAINBOW様、山雅後援会様ありがとうございました。
今後とも松本山雅FCの活動へのご協力を宜しくお願いいたします。

一覧に戻る
トップへ戻る