ニュース NEWS

鹿児島キャンプレポート 11、12日目

チームニュース

鹿児島キャンプレポート11、12日目(2月26、27日)

皆さんこんばんは。

長い鹿児島キャンプも27日を最後に無事に全日程を終了することができました。

このキャンプレポートも今日で最後。

最後は写真盛りだくさんでいきたいと思います。

さっそく、26日からスタート。

この日はキャンプ最後の2回練習でした。

トレーニングに対して取り組む選手達にエルシオさんが改めて激を飛ばし、

さらに全体の雰囲気を引き締めます。

この日のキーパートレーニングは、この至近距離からトーキック。

この距離からのキックに恐れることなく、反応します。

26日は午前、午後ともゲーム形式のトレーニング。

午後はミーティングからスタート。

いつも通り、ウォーミングアップからさらに集中力を高めていきます。

そして、午後は鹿児島キャンプ2回目の紅白戦を行いました。

紅白戦が終わり、キーパーはまた別に最後までトレーニング。

クロスのボールをキャッチしてすぐ次のボールに反応する。

このとき本間GKコーチはボールを2つ持っています。どちらのボールを手放すか分かりません。

鈴木選手はキャッチした瞬間本間GKコーチを見ています。

この日の最後の2回練習は濃い内容で無事終了しました。

いよいよ鹿児島キャンプも27日に最終日を迎えました。

みんなこころなしか、この長いキャンプを乗りきった気持ちが表情から見てとれるように想えます。

しかし、その後のボールを使ったトレーニングでは集中した雰囲気に切り替えていました。

最終日は時間に限りがあり1時間ほどで終了。鹿児島でのキャンプを打ち上げました。

桜島も青空の中、顔をみせてくれました。

最後はみんなでストレッチ。

エルシオコーチがみんなに目をつぶってリラックスして、と選手達に促がします。

晴天の中最後に疲れを取るためかと思っていたら。

何やら雰囲気が違います。

続々選手達が起き上がり引き上げてきました。

エルシオコーチもこっちへ来いと、このジェスチャー。

それに気づかないで、さらに深いリラックスタイム中の3人。

まだ、寝てる?

選手達の行くぞーという優しさの声でようやく気づきました。

もしかしたら寝てしまっていたかもな3人は、

道上選手、那須川選手そして、キローラン選手でした。

それにしてもリラックスしすぎやろって突っ込みたくなるくらい、リラックスしていました。

こうして鹿児島キャンプ最終日も無事に終了しました。

最後は約2週間お世話になった鹿児島サンロイヤルホテルの皆さんと記念撮影。

全員でお見送りまでしてくれました。

鹿児島サンロイヤルホテルの皆様。長い期間本当にお世話になりました。

お陰様で選手、スタッフ全員がサッカーに集中してこの3次キャンプを過ごすことができました。

鹿児島から松本山雅FCの活躍を願っていてください。そして鹿児島から共に闘っていて下さい。

本当に本当にありがとうございました。

いよいよ長いキャンプを終え、松本に帰ってきました。

御殿場、清水、鹿児島と本当に多くの方たちに支えられ、

チームは開幕に向けて良い準備をすることができたと思います。

支えて下さった、全ての皆様に改めて感謝致します。この感謝の気持ちをピッチの上で

表現していきたいと思います。

開幕まで1週間となりました。

今シーズンを闘い抜く準備を選手、スタッフが一心不乱になり取り組んできました。

今、選手達は自分自身の限界を何度も超え、

それが個人としてチームとして強い、揺るがない自信となっていると思います。

その自信を心に留めて、しっかり自分たちの足元をみつめ、謙虚にそして豪快に

J1の舞台で大暴れしたいと思います。

皆さんと共に、One Soul 走破、その先を目指して。

一覧に戻る
トップへ戻る