ニュース NEWS

スマイル山雅農業プロジェクト2019 松本山雅FC U-12が『青大豆あやみどり』大豆の選別を実施しました【報告】

ホームタウン活動

11月30日(土)松本市中山地区にて小林農業委員会会長をはじめ地域の農業者の皆様にご指導いただきながら、松本山雅FC U-12の選手が青大豆『あやみどり』の大豆の選別を行いました。

01

選別というのは、収穫した大豆から黒っぽい大豆や葉っぱなどを取り除く作業のことを言います。
3チームに分かれて、時間内でどれぐらい選別できたか最後に重さを測るようにしました。

02

スタートの合図と共に集中して取り組む姿がありました。
どうすれば早く選別できるかそれぞれのチームで考えながら取り組んでいました。

03

途中ハーフタイムを設け、その際どのくらい選別できたか測定し、大変盛り上がりました。
重さだけでなく、きちんと選別できているかも評価対象になります。

最後に測定したところ、3チームあわせて、約15㎏選別することができました。
集中力と根気のいる作業ですが、最後までしっかり取り組むことができました。

04

選別作業が終わった後、中山地区の農業者の皆様が選手たちのために、収穫した大豆で「ひたし豆」を作って、振舞っていただきました。
選手たちは「美味しい!」という声が聞こえてきました。

05

帰りに選手一人ひとりに袋いっぱいの大豆をプレゼントしました。
家で食育について考えてもらえる機会になれば幸いです。

06

本活動については、松本市の広報誌で取り上げていただいております。
ぜひ下記からご覧ください。

http://www.city.matsumoto.nagano.jp/shisei/koho/koho/h31/201912.html

松本山雅FC U-12の選手の皆さん、また保護者の皆様、小林農業委員会会長をはじめ中山地区農業者の皆様ありがとうございました。
今後とも松本山雅FCの活動へのご協力を、宜しくお願いいたします。

一覧に戻る
トップへ戻る