ニュース NEWS

笹部保育園 運動教室を実施しました【報告】

普及活動 アカデミーニュース

11月27日(金)笹部保育園の未就学児さん、年少さんを対象に運動教室を行い、松本山雅スポーツクラブの村木・小林が参加しました。

元気いっぱいの挨拶からはじまった今回の運動教室は、未就学児さんも年少さんも、跳んだりくぐったり走ったりと、様々な動きを取り入れたスペシャルトレーニングです。

ぴょこぴょこ、ぴょこぴょこ。
何か可愛い音が聞こえてきましたね。
そうなんです。
ここは色のついたお皿の上を跳ぶ「ぴょこぴょこゾーン」です。
お皿から落ちないように、足をグーや片足でジャンプして、お皿の上を渡ります。

みんなウサギさんに負けないくらい上手にぴょこぴょこできていました。

続きましては「ジグザグゾーン」。
コーンとコーンの間をジグザグに駆け抜けます。

しかし!
笹部保育園の未就学児さん、年少さんはただ前向きで走るだけではありません。
そう、様々な生き物に変身してここを突破していきます。

まずはクマさん!!
ガオー。

そして次はカエルさん!!
ゲロゲロ。

出ました赤ちゃん!!
バブー。

腕や足など身体全体をうまく使い、みんな上手にジグザグできていました。

次は「ジャンプトンネルゾーン」。
棒に当たらないようにジャンプをしたり、頭が当たらないように棒のトンネルをくぐります。

最初はトンネルに頭をぶつけてしまう子が多くトンネルの修復工事にてんやわんやのコーチでしたが、最後は頭をしっかり下げてみんな上手に突破できるようになりました。

そして最後は、

「スーパーダッシュゾーン」。
真っ直ぐ一直線に全力で走りぬけます。
子どもたちは一生懸命に最後までスーパーダッシュをしてくれました。

スペシャルトレーニングが終わって最後に未就学児さんは、様々な動物に変身して島を渡る「動物島渡り」で締めくくりました。

鳥やライオンに変身してたくさん島を渡ることができました。
いっぱい走っていっぱい跳んで、身体をたくさん動かした未就学児さん、おつかれさまでした。

そして年少さんの最後はマーカーをお皿とお山に見立てた「お皿お山ゲーム」です。
「お皿チーム」と「お山チーム」に分かれてマーカーを引っくり返し合います。
最後にマーカーがお皿になっている数が多いか、お山になっている数が多いかで競います。

やられたらやり返す。
引っくり返されたら引っくり返す。

大接戦の白熱したゲームとなった今回の「お皿お山ゲーム」ですが、1勝1敗の引き分けで今回の勝負に幕を閉じました。

最後まで一生懸命身体を動かした年少さん、おつかれさまでした。

笹部保育園の皆さん、ありがとうございました。

※運動教室とは、子どもたちがたくさん身体を動かす機会や環境の提供をし、また様々な動作を取り入れて子どもたちの運動能力の向上を目指し、笹部保育園と連携して実施しております。

松本山雅FCサッカースクール、スポーツスクールは元気でスポーツ大好きな仲間を応援しています。
サッカースクール、スポーツスクール(ボールゲーム教室、チアダンス教室、山雅運動塾)では無料体験も随時開催しております。

サッカースクールに関するお問い合わせは
松本山雅フットボールクラブ事務局
TEL:0263-88-5523
運動教室担当:芝田・藤本・木内

一覧に戻る 一覧に戻る
トップへ戻る