ニュース NEWS

「HTK本多通信工業プレゼンツ松本山雅FCサッカークリニック」を開催しました【報告】

スポンサーニュース 普及活動

8月22日(日)アルウィン芝生グラウンドでHTK本多通信工業プレゼンツ松本山雅FCサッカークリニックを行い、14名の子どもたちが参加しましたので報告いたします。

サッカークリニックに先だち、参加者全員で集合写真を撮りました。
それまで雨が降っていましたが、晴れて虹が出て良いスタートになりました。

はじめに、松本山雅リレーを行いました。
様々な障害物がありましたが、みんな上手に走ることができました。
勝つために走る順番を変えたり、声をかけあったりとチームで協力する姿も見られました。

続いて、3チームに分かれボール取りを行いました。
終了の合図がなった時に、多くのボールを持っていたチームの勝ちというルールです。
ボールを取られないように相手から逃げたり、体を入れて守ることができました。
その後、ボールによってもらえるポイントが異なるルールも追加し、各チーム作戦を立てる姿も見られました。

試合前にはゴールを使い、小さい試合を行いました。
藤本コーチが「2」と言ったら2人だけ出てきて試合を行います。
「女の子」と言ったら、女の子だけ出てきます。
最初は伝えた人数と、試合に出る人数が違うこともありましたが、待っている間に自分の順番を確認し、素早く準備をすることができました。

最後にコーチも入り、大きいコートで試合を行いました。
みんな相手チームに「絶対に負けない」とたくさんボールを追いかけていました。
ゴールを決めた際にガッツポーズをする姿がとても印象的でした。
多くのゴールが生まれた試合は大いに盛り上がり、HTK本多通信工業プレゼンツ松本山雅FCサッカークリニックは終了となりました。

参加者の皆様、またイベント開催あたりご協力いただいたHTK本多通信工業の皆様、ありがとうございました。
今後とも松本山雅FCの活動へのご協力をよろしくお願いいたします。

一覧に戻る 一覧に戻る
トップへ戻る