ニュース NEWS

Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン「スタジアムにおける応援行為」に関する見直しについて

クラブニュース

Jリーグより発表されました「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインのスタジアムにおける応援行為に関する見直し」が11月13日(土)より適用となることを受け、松本山雅FCのホームゲームでは、11月21日(日)明治安田生命J2リーグ 第40節 レノファ山口FC戦より下記2項目の応援行為を容認いたします。

2021年11月13日(土)の公式試合より適用される容認行為

  1. 大旗を含むフラッグの掲出、旗を振る行為
    ※ただし、観客がいる複数の座席を覆う形での掲出は当面不可とする
  2. タオルマフラーを振る、もしくは回す
  • 11月7日(日)明治安田生命J2リーグ 第38節 松本山雅FC vs アルビレックス新潟では、上記2項目の応援行為はできませんので、ご注意ください。
  • 引き続き、「声を出す」「マスクを外す」等の飛沫感染や接触感染につながる行為、もしくはそれらのリスクにつながる禁止行為をお控えください。
  • アウェイゲームに関しては、対戦クラブの運用ルールに従ってください。

サンプロ アルウィンにご来場いただきます皆様には、Jリーグガイドライン並びに各種制限をお守りいただきありがとうございます。これまで有観客で試合を開催できておりますこと、心より御礼申し上げます。

引き続き、十分な感染予防対策の実施にご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン「スタジアムにおける応援行為」に関する見直しについて

以下、「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」の改定点となります。

【応援スタイルについて(「プロトコル7:制限付きの試合開催」より)】

(1) 容認される行為

  • 横断幕掲出(掲出の際に密にならないよう十分配慮)
  • 拍手・手拍子
  • タオルマフラー・ゲートフラッグなどを掲げる
  • 太鼓、応援ハリセン等、自席で叩ける鳴り物の使用は、主管クラブが使用可否を判断する
  • ただし、メガホンの使用は除く。また、スタジアム備品を叩く行為は厳に慎む

上記に加え、下記2項目を追加
2021年11月13日(土)の公式試合より適用
・ 大旗を含むフラッグの掲出、旗を振る行為
※ ただし、観客がいる複数の座席を覆う形での掲出は当面不可とする
・ タオルマフラーを振る、もしくは回す

(2) 禁止される行為

  • 声を出す応援 (禁止理由:飛沫感染につながるため)
    例:指笛・チャント・ブーイング
    例:トラメガ・メガホン・トランペットなど道具・楽器を使うことも当面不可
  •  人と接触する応援 (禁止理由:接触感染につながるため)
    例:ハイタッチ・肩組みなど
  • 「密」を作る応援 (禁止理由 :飛沫感染・接触感染のリスクが高くなるため)
    例:お客様がいる席でのビッグフラッグ(ただし、お客様がいない席に掲出する場合は容認される)

なお、適用にあたっては
・ ホームとビジターは同条件で適用すること
・ 使用場所など、適用の詳細は主管クラブの試合運営ルールに従うこと

Jリーグからの発表

一覧に戻る
トップへ戻る