ニュース NEWS

箕輪町教育委員会「松本山雅FCサッカー教室 in みのわ」に参加しました【報告】

ホームタウン活動

11月20日(土)箕輪町ながたドームにて、箕輪町教育委員会様主催「松本山雅FCサッカー教室 in みのわ」が行われ、松本山雅FCよりホームタウン担当の片山、久保、グラスルーツアンバサダーの山本、スクールコーチの大八木、原、寺島が参加しましたので、ご報告いたします。

今回のサッカー教室は、小学1年生から4年生までの児童が参加してくれました。

最初の教室は、1・2年生のグループで実施しました。

まずウォーミングアップでボールを使ったリレー方式の対決を行いました。

片山ホームタウン担当も単体で参加し、6回の行程を一人で走って盛り上げていました。

ビブスを使ったチームワークが重要な対決では、児童たちはいろいろな作戦を立てて頑張っていました。

次にボールを使って1対1のドリブル突破対決を行い、山本グラスルーツアンバサダーもコツを伝えたり実際に手本を見せて熱心に指導をしていました。

子どもたちも“相手の逆をとる”ことをテーマに頑張ってプレーしていました。

そして最後に試合をして終了しました。

続いては、3・4年生のグループです。

こちらはまず、ボールをバトンにしてのガチンコリレー対決で体を温めました。

二回目の対決ではドリブルリレーに変更して行われ、山雅コーチチームも子どもたちに負けじと奮闘していました。

その後はドリブル練習を行い、いろいろな種類のターンを練習しました。

そしてその練習したターンやドリブルを駆使しての1対1対決では、練習した成果を発揮しようと子どもたちは必死に頑張っていました。

その姿勢は最後の試合でも発揮され、白熱した戦いとなりました。

また各サッカー教室終了後には、片山ホームタウン担当によるじゃんけん大会が行われ勝者には松本山雅FCグッズが贈られました。

このじゃんけん大会も大いに盛り上がり、この日のサッカー教室は全て終了となりました。

今回、このような貴重な機会をいただいた箕輪町教育委員会様、参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

今後とも松本山雅FCの活動にご協力をお願いします。

一覧に戻る
トップへ戻る