ニュース NEWS

「2022シーズン松本山雅FC新体制発表会」を開催しました【報告】

クラブニュース

1月10日(月・祝)まつもと市民芸術館にて、「2022松本山雅FC新体制発表会」を開催いたしました。

今季のスローガン発表、選手・監督・コーチングスタッフより今季の意気込み、ユニフォームのお披露目などを行いました。

スローガン発表

今年は、塩尻志学館高校書道部の皆さんとガンズくんによる「書道パフォーマンス」でスローガンを発表。
さらに松本蟻ヶ崎高校吹奏楽部による演奏、松商学園高校放送部による司会進行で、新体制発表会を盛り上げていただきました。

ユニフォーム発表

安東輝選手、榎本樹選手、薄井覇斗選手、神田渉馬選手が今季のユニフォームで登場。
昨シーズンに引き続きサポートいただく、ユニフォームスポンサー・サプライヤー企業もご紹介いたしました。

神田文之社長のあいさつ

「2022新体制発表会に今年は大勢の方にお集まりいただきました。皆様のご協力に改めて感謝を申し上げます。
昨年は、皆様にとって非常に悔しい苦しい1年を過ごさせてしまいました。今もその気持ちは自分の中に強く残っています。
このクラブは、ファン・サポーターの皆さんと様々なことを乗り越えてきたクラブです。
今年は山雅に関わる自分自身も信念と強い覚悟を持って1年でのJ2復帰を目指して戦いたいと思っております。

トップチームには、今年も名波監督に指揮を執っていただきます。厳しいキャンプを経て強いチームを作っていただける。そういう監督だと思っています。
まずは3月まで選手・スタッフの編成に全力で取り組みます。
ある程度の収入が見えてきた段階で、夏のウィンドウに向けてしっかりとトップチームにも投資していきたいと考えています。また、ユースアカデミーも毎年力をかけてきました。今年はスタッフを少し入れ替える形になりました。皆さんの理解が許せば、トップチームも含めてアカデミーの環境の更なる改善にも取り組んでいきたいと思います。

会社の取り組むについてもご紹介させていただきます。
全ての会社の活動は、チームを強くすることに繋がっています。またそれと同時に地域を良くすること。その掛け算が成り立つことを目指して取り組んでおります。
今年は全社で、平均入場者1万人、クラブガンズ会員1万人。もしかしたら、なかなかJ3では難しい数字かもしれません。コロナウイルスの影響もまだまだあります。そんな中でも高い目標を掲げて会社のメンバーで取り組んでいきたいと思っています。ここには皆様の後押しが必要です。ぜひ今年も力を貸してください。

1万人を目指すための3つのアクションを掲げました。
ホームゲームにおいては、今年は特に話題性のあるイベントに力を注いでみたいと思います。
クラブガンズ会員の促進については、ファン・サポーターの皆さんとのいろんな接点を設けて、そこでポイントを獲得いただくような機会をさらに作りたいと考えています。
また、ホームタウン活動においては、改めて選手と一緒に様々な活動を広げていき、このクラブを身近に感じていただける活動を目指していきたいです。

続いて営業目標については、山雅に関わるスポンサー企業数1,000社を目標としてお示しさせていただきます。
なかなか難しい営業状況ではありますが、ここにいる全員で関わる企業数を増やす活動を続けて参ります。

また、今年の目標の先に、数年後クラブが描くことができる中期計画をシーズンのどこかでお伝えする機会を作りたいと思います。

ピッチで輝く選手とそれを後押しするサポーターの皆さん、裏方をサポートするチームバモスの3つが成り立ってこそ、これまでの歴史をつくってきた山雅のスタイルだと思っています。
今年1年よろしくお願い申し上げます」

名波浩監督のあいさつ

「まず2022シーズンは、2021シーズンの悔しさを晴らす重要な1年になると思います。
まずここに誓いを立てるとすれば、選手たちを相当走らせて、相当球際の厳しいトレーニングをして、相当メンタルを強化して臨まなければ、J3という厳しい1シーズンを乗り越えることはできません。
会場に掲げられている横断幕の「俺らは常に挑戦者」は、今の我々にぴったりだと思います。
自分たちがいるべき場所。昨シーズン終わってから自問自答しながら考えましたが、なかなか明確な答えはありませんでした。しかし「自分たちが山雅らしさを出す」。これに関しては皆さんも感じている通り明確だと思っています。

よく聞いたのが、「反町さん時代はもっと走っていたよ」「反町さん時代は、もっと球際戦っていたよ」「もっとピッチで言い合っていたよ」「もっと最後まで諦めずに全員でゴールを守っていたよ」「行けるときはリスクを冒してどんどんゴール前に突っ込んでいったよ」。そういうことを耳にしました。今シーズンはその姿をしっかりとこの後ろの選手たちが見せてくれると思います。

私はワールドカップ初出場というゲームに立ち会いました。ジュビロの監督時代、J2からJ1への昇格も味わいました。皆さんも昇降格を何度か経験していると思います。
あの昇格したときの嬉しさというのは、ステージは関係ありません。1年間茨の道ですが、苦楽を共にし、そして皆さんと昇格の喜びをしっかりと分かち合いたいと思います。
今シーズンの多大なる応援よろしくお願いいたします」

鐡戸裕史フットボール部部長の挨拶

「今シーズン、松本山雅はJ3で戦うことになります。
スローガン発表にもありましたように「原点回起」ということで、もう一度自分たちの足元を見つめ直し、今やらなければいけないことをしっかり見つめながら、J2へ1年で戻るという目標に向かって1年間戦っていきたいと思います。

まずクラブが考えているコンセプトを共有させていただきます。
クラブ企業理念・存在意義に掲げている内容を再度インプットして、そのために3つのこだわる要素を考え、それをしっかりみんなで共有しながらクラブづくりを進めていきます。

1つ目は、勝利にこだわることです。プロクラブである以上は、結果で皆さんに示さなくてはいけません。昨シーズンの悔しさ、無念。そういったものを勝つことで届けていきたいと思います。

2つ目は、パフォーマンスにこだわることです。皆さんは、ピッチで躍動する選手の姿を期待してアルウィンや練習場に足を運んでくださったり、画面を通して多くの方が応援してくださっています。そういった皆さんにプレーする姿で夢・感動・希望を与えられるようなクラブ・選手にしていきたいと思っています。

3つ目は、姿勢にこだわるということです。
僕自身、山雅で8シーズンプレーしてきた中で一番こだわってきたことです。日々のトレーニングを100%でやっていました。最後まで諦めない、泥臭くだったり、そういう当たり前のことを当たり前にできる選手・クラブが松本山雅です。そういった今まで大事にしてきたこと、皆さんが期待していることを改めて見つめ直しながらチームを作っていきたいです。

最後に、満員のスタジアム。コロナの状況もありますが、多くの皆さんに足を運んでいただいた中で、選手たちが躍動し、夢・感動・希望を与えることが松本山雅の使命です。
昨シーズンの悔しい思いを必ず、現場のスタッフ、選手、そしてクラブ全員で皆さんと共に最後に笑って、いいシーズンだっと言っていただけるシーズンにします。
皆さんの熱い声援、サポートを何卒お願いいたします」

下條佳明フットボール部テクニカルダイレクターの挨拶

「このたびテクニカルダイレクターに着任しました下條佳明と申します。
私の生まれ故郷の松本で、新たなチャレンジができること大変光栄に思っています。
頑張らなければならないという思いで一杯です。
今季はJ2復帰が一番の目標です。
一方で降格した時にできることもあると考えています。
いろんな例えがあると思いますが、ブランディングという言葉を引用させていただいてお伝えさせていただきます。
クラブのブランディングという意味では、山雅と言えば熱いサポーター。それがクラブのブランディングの一番だと思います。しかし私の仕事はクラブをブランディングする、選手個々に自らをブランディングすることをやってもらいたいと考えています。
ブランディングというのは、質を高め、磨き育てていくことと理解しています。それを達成するヒントとして、私自身昔から「かけそば」というキーワードがあります。感謝、謙虚、尊重、バイタリティの頭文字ですが、どこか行き詰まった時に、今までもどうにかこうにかヒントをいただきながら達成してまいりました。選手たちにも、そういった部分で質を求めてもらいたいと考えています。
選手個々が強くなれば必ずチームは強くなります。そういったことが私の大きな仕事であると理解しています。
頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします」

 

新体制発表会の様子は、下記よりご覧いただけます。

▼クラブ公式フォトギャラリー

フォトギャラリーはコチラ

▼Youtube(CATVテレビ松本ケーブルビジョン)

生中継の映像をご覧いただけます。

CATVテレビ松本ケーブルビジョン公式Youtubeチャンネル

一覧に戻る
トップへ戻る