ニュース NEWS

本郷地区福祉ひろば「松本山雅FC 元気育成・健康増進プログラム 第1回」を開催しました【報告】

ホームタウン活動

5月12日(木)今年も始まりました「松本山雅FC 元気育成・健康増進プログラム キックオフイベント」が松本市本郷地区福祉ひろばにて開催されました。

松本山雅FCからは神田社長、前田大然選手、小林ホームタウン担当、ガンズくんが参加しました。

はじめに松本市健康福祉部 福祉計画課長 中野嘉勝様からご挨拶をいただき、松本山雅から神田社長がご挨拶させていただきました。

DSCN0058

またキックオフセレモニーとして健康講座に参加される方を代表して、本郷地区福祉ひろば事業推進協議会 会長 小川様にPKのキッカーを努めていただき、ガンズくんがゴールキーパーを行いました。

DSCN0066

 

見事に決められたガンズくんは、悔しかったのか今度は前田選手をご指名
結果はやはり見事に決められていました。

DSCN0069

DSCN0070

その後、同じ施設内で場所を移動し、「松本山雅FC 元気育成 健康増進プログラム」の28年度第1回目の健康教室が行われ、
引き続き神田社長、前田選手、小林ホームタウン担当も参加しました。

まずはじめにタオルを使って心と体をほぐします。そして椅子に座りながらタオルを使ったリズム体操を行いました。

DSCN0077

DSCN0125

DSCN0126

DSCN0092

 

少し休憩をはさんで、次にボールを使って筋力トレーニングや運動を行いました。

DSCN0164

DSCN0176

DSCN0175

健康教室終了後は参加者の皆さんとお茶会の交流会を行いました。

DSCN0195

DSCN0197

 

参加者の皆さんが元気ハツラツと運動をしている姿、笑顔になっている姿がとても印象的で、今回をきっかけにより健康への関心に興味を持っていただき、自ら行える運動を参考にしていただけたらと思いました。

DSCN0189

今回この様な貴重な機会をご用意していただいた松本市様、また参加者の皆様ありがとうございました。
今後とも松本山雅FCの活動をよろしくお願い致します。

※「松本山雅FC 元気育成・健康増進プログラム」とは、松本市内の「福祉ひろば」を巡回し、松本山雅FC所属選手やスタッフが参加して運動指導や講話などを行う健康講座で、昨年度に引き続き、今年度も松本市内12地区においての実施を予定しています。
また、本プログラムは、Jリーグが各クラブの活動区域において、自治体との協働による「介護予防事業」の実施を奨励、支援することで、クラブと地域が交流を深め、誰もが気軽に様々なスポーツを楽しめる社会づくりに貢献するための「地域スポーツ振興活動および介護予防事業への支援」を受けています。

一覧に戻る
トップへ戻る