試合日程
MATCH SCHEDULE

第13回JFL前期第14節 VS カマタマーレ讃岐

6月5日(日) 14:00 Kick off アルウィン

松本山雅FC

  • 59' 木島 徹也
  • 83' 松田 直樹
試合終了

2 2

0 前半 0

2 後半 2

カマタマーレ讃岐

  • 46' 岡本 秀雄
  • 76' 岡本 秀雄

MEMBERS

  • GK 1 石川 扶
  • DF 15 阿部 琢久哉
  • DF 16 鐡戸 裕史
  • DF 20 須藤 右介
  • DF 23 多々良 敦斗
  • MF 3 松田 直樹
  • MF 7 北村 隆二
  • MF 8 弦巻 健人
  • MF 17 久富 賢
  • MF 30 渡辺 匠
  • FW 13 木島 徹也
サブ
  • GK 25 白井 裕人
  • DF 14 玉林 睦実
  • MF 6 今井 昌太
  • MF 18 宮田 直樹
  • FW 33 木島 良輔
  •  
  •  
監督
吉澤 英生

MEMBER CHANGE

62'

久富 賢

木島 良輔

83'

阿部 琢久哉

今井 昌太

CARD

STATS

シュート 14
GK 10
CK 8
直接FK 17
間接FK 3
オフサイド 2
PK 1

MEMBERS

  • GK 24 瀬口 拓弥
  • DF 4 大島 翼
  • DF 20 鈴木 祐輔
  • DF 22 神埼 亮佑
  • MF 2 天羽 良輔
  • MF 9 石田 英之
  • MF 14 中島 健太
  • MF 15 網田 大志
  • MF 17 野口 遼太
  • MF 21 岡本 秀雄
  • FW 11 西野 泰正
サブ
  • GK 1 家木 大輔
  • DF 3 相原 央
  • MF 7 飯塚 亮
  • MF 10 吉澤 佑哉
  • FW 13 坂井 優介
  • FW 27 福嶋 洋
  • GK  
監督
北野 誠

MEMBER CHANGE

12'

石田 英之

飯塚 亮

89'

中島 健太

吉澤 佑哉

CARD

39'

鈴木 祐輔

58'

鈴木 祐輔

58'

鈴木 祐輔

STATS

シュート 9
GK 12
CK 3
直接FK 16
間接FK 4
オフサイド 3
PK 0
主審 植田 文平
副審1 小曽根 潮
副審2 北沢 寿明
第4の審判員 山際 順義
入場者数 5931人
天候・風 曇・中
気温/湿度 23.7℃/41%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/乾燥

試合後のコメント

■監督記者会見のコメント

上位進出を狙うには重要なゲームであること、また、今後一か月間ホームゲームが空くので、気持ちのこもったゲームをして勝ち点3を奪いに行こうと選手に伝え、送り出しました。

カマタマーレ讃岐は、今年昇格したチームでありますが、好調を維持していて、手ごわい相手だと感じていました。カマタマーレ讃岐の特徴は、攻撃に関しては、西野をターゲットにボールを奪ってからシンプルに縦への攻撃を仕掛け、守備に関しては、3ラインをコンパクトに維持して、ボールサイドから積極的に奪いにくると分析していました。

それに対して私たちは、攻撃に関しては、相手のバイタルエリアを意識しながら、サイドチェンジを活用してビルドアップを行い、シンプルにペナルティーエリア内へ仕掛けていくこと、守備に関しては、攻守の切り替えとボール保持者に対するアプローチとカバーリングを徹底することを求めていました。

前半は、ゲームの主導権を握っていたが、なかなかシュートチャンスに結びつけることができず、先制ゴールを奪えませんでした。ハーフタイムには、ボールを動かし続けること、そして、木島(弟)北村のコンビネーションを活用して、より多くのシュートチャンスをつくりだすこと、攻守の切り替えを徹底することを伝えました。後半立ち上がり早々、縦パス一本で崩され失点。この一点で、相手の動きが良くなり、しばらくは我慢の時間帯が続きましたが、59分にスルーパスを受けた木島(弟)がPKを得て同点になってからは、さらにボール支配率も高まり、追加点を奪いにいくべく、ゲームのリズムを取り戻しました。カマタマーレ讃岐に退場者が出て数的優位に立ち、62分にはサイドからの攻撃をより多く引き出すために木島(兄)を投入しました。しかし、76分にFKから失点し、リードを許してからは、今井をサイドバックの位置に入れて、より攻撃的な布陣にしてゴールを奪いに行きました。83分には鉄戸のクロスを松田が頭で決め同点に追いつきますが、木島(兄)のゴールポストに当たる惜しいシュートもありましたが、決めきれずそのまま試合終了となりました。

本日もスタジアムに足を運んでいただいたサポーターの皆様、本当にありがとうございました。

トップへ戻る