試合日程
MATCH SCHEDULE

第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦 VS 京都サンガF.C.

9月8日(土) 15:00 Kick off アルウィン

松本山雅FC

  • 64' 楠瀬 章仁
試合終了

1 3

0 前半 2

1 後半 1

京都サンガF.C.

  • 4' 工藤 浩平
  • 13' 駒井 善成
  • 83' 中山 博貴

MEMBERS

  • GK 25 白井 裕人
  • DF 14 玉林 睦実
  • DF 4 飯田 真輝
  • DF 34 一柳 夢吾
  • DF 23 多々良 敦斗
  • MF 5 小松 憲太
  • MF 38 喜山 康平
  • MF 24 藤川 祐司
  • MF 18 楠瀬 章仁
  • FW 8 弦巻 健人
  • FW 39 チェ スビン
サブ
  • GK 1 石川 扶
  • DF 15 阿部 琢久哉
  • MF 10 チアゴ シルバ
  • MF 22 橘 章斗 
  • MF 27 大橋 正博
  • MF 30 渡辺 匠
  • FW 9 アリソン リカルド 
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

26'

玉林 睦実

橘 章斗 

HT'

弦巻 健人

チアゴ シルバ

69'

チェ スビン

アリソン リカルド 

CARD

52'

楠瀬 章仁

STATS

シュート 14
GK 9
CK 4
直接FK 12
間接FK 2
オフサイド 2
PK 0

MEMBERS

  • GK 1 水谷 雄一
  • DF 8 安藤 淳
  • DF 2 酒井 隆介
  • DF 20 バヤリッツァ
  • DF 6 黄 大城
  • MF 7 チョン ウヨン
  • MF 16 福村 貴幸
  • MF 10 工藤 浩平
  • MF 23 中村 充孝
  • MF 15 中山 博貴
  • FW 22 駒井 善成
サブ
  • GK 30 児玉 剛
  • DF 5 内野 貴志
  • MF 18 倉貫 一毅
  • MF 25 伊藤 優汰
  • MF 32 サヌ
  • FW 13 宮吉 拓実
  • FW 14 長沢 駿
監督
大木 武

MEMBER CHANGE

85'

駒井 善成

宮吉 拓実

CARD

25'

チョン ウヨン

58'

黄 大城

STATS

シュート 11
GK 13
CK 4
直接FK 15
間接FK 4
オフサイド 4
PK 0
主審 森川 浩次
副審1 下村 昌昭
副審2 大友 一平
第4の審判員 大峡 諭
入場者数 6317人
天候・風 曇/弱
気温/湿度 28.2℃/53%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/乾燥

試合後のコメント

■反町監督記者会見のコメント

「どこから喋っていいか分からないのですが、色々とクラブの事情もありますので喋ることはございません、以上ですと言いたいんですが(笑)。
まず私は退席を覚悟でグラウンドに入りました。サッカーにはルールがあって、ルールを違反したらやはりピッチに足を入れてまでも抗議しないといけないということですね。十何年仕事をしていますが、ピッチに入ったのはこれが初めてです。皆さんも歴史の証人として良く覚えておいてください。ゲームに負けたのは私の責任です。うーん……。もう一つ何故僕がピッチに入ったかというと、選手たちは本当に一所懸命やっているので、私も一緒に戦わなきゃいけないんですよ。やっぱり辛いですね。この仕事をしていると。
この前リーグ戦で京都とやった時に、『10試合やって1回勝てるか』と発言したとおりの展開だったかなと。前半20分くらいは良く寝ていましたね。深く寝ていて、目が覚めた時には0-2でした。夢だったら良かったんですが夢じゃないんですね。流れを取り返すことが出来ないような感じでしたね。ただ、目が覚めてからは良かったですね。寝ている分だけ体調が良くて。交代要員がもう二人くらいあれば、ゲームをもっと変えることが出来たんですが。最後の1点はしょうがないです。
しかし向こうの前線の選手は、非常にレベルが高いですね」

Q:スタメンをリーグ戦から5人替えてきましたが、交代を含めての意図をお願いします。
「まず鐡戸、船山は怪我です。あと塩沢も少し故障を抱えている状況で、疲労も溜まっていた。シーズン途中に何人か補強していますから、その選手のフレッシュさに賭けたというところですね」

Q:アシストのチアゴ選手については?
「まあ一般的には良かったかも知れませんが、良くなかったですね、残念ながら。我々の期待値に達しているかということを考えると、少し厳しいでしょうね。我々の期待値は高いですから」

Q:一柳選手を起用しましたが?
「ゲームで試すということは正直ないです。フレッシュでここのところ調子を上げていましたから。練習試合でも90分単位でやっていましたから」

Q:今後のリーグ戦を見据えて、評価出来る選手は?
「ちょっとコメント出来ませんが、一所懸命やっている姿は響いてくるものがありましたよね」

Q:前半20分の入り方が悪かった、その辺りの理由は?
「京都はサイドのエリアがホットスペースなんですよ。そこにボールを集めて、人数をかけさせておいて、という攻撃戦術なんですね。簡単に言うと。そのホットゾーンに入ってきた時に我々はクールに対応しすぎた。我々もホットに対応しなければいけないんですが、球際とかボールへの執着心とか、そういうところですよ。そこが最初の20分、まったくでした。そこで逃げられちゃって、真ん中なんですよ。これはもうミーティングでも3回目ですよ。それを出来るかどうかが、まだ少し足りなかった」

Q:今まで出ていた選手との違いはあったか?
「そこはちょっと良く観てみないと分かりませんが、少なくとも一人ひとりの責任は少し足りない。誰かがやってくれるだろう、これぐらいで良いだろうと。我々のチームはそういう人が1人でもいると厳しいんですよ。今日はもしかしたらそうだったのかも知れない。サッカーは人間がするものですから、性格がプレーに反映するんですよね。その意味では、そこはもう性格なので変えられないですからね。そこは難しいところですね」

Q:今後に繋がるチームとしての収穫は?
「そう多くはないと思いますけど、多々良の真ん中は最初は戸惑いましたが悪くないと思いましたし、今日の小松の足は最後まで止まらなかった感じはしました。何人かは最後の20分はヘロヘロ状態で、まだ90分のゲーム体力というのはなかなか通して出ないと難しいんだなあというのは実感させられましたね。練習試合と公式戦とは少し違うかも知れません」

Q:橘選手の投入は?
「玉林は腰を打っちゃってもう走れる状態ではなかったので、単純に怪我です。(橘選手はどうでしたか?)うちはずっと後ろを3枚でやっていますけど、後半は点を取るために攻撃のことを考えてやらないといけない。そこで4枚にして、橘を前の方で仕掛ける形にしたかったので4バックにしたと。その意味で幾らか良さは出ましたが、決定的な仕事は残念ながらまだまだですね。ただ初めてユニフォームを着てピッチに入って、ここまでほとんど公式戦に出ていないわけですから、良い刺激になったと思いますよ」

Q:この先、リーグ戦をどう戦っていくか?
「残り10試合ですから、勝点はMAXで30(積み上げられる)。計算すると6位以内も可能ですが、我々としては次の1試合に集中すると。そうしないと私もここでコメント出来ない立場になってしまいますから、次の一戦にベストを尽くすとしか言いようがございません」

ハイライト動画

DAZN

トップへ戻る