試合日程
MATCH SCHEDULE

Jリーグ ディビジョン2 第14節 VS ギラヴァンツ北九州

5月12日(日) 18:00 Kick off アルウィン

松本山雅FC

  • 66' 喜山 康平
試合終了

1 1

0 前半 1

1 後半 0

ギラヴァンツ北九州

  • 14' 八角 剛史

MEMBERS

  • GK 25 白井 裕人
  • DF 15 川鍋 良祐
  • DF 23 多々良 敦斗
  • DF 4 飯田 真輝
  • DF 16 鐡戸 裕史
  • MF 6 岩沼 俊介
  • MF 11 喜山 康平
  • MF 14 玉林 睦実
  • MF 24 パク カンイル
  • FW 10 船山 貴之
  • FW 20 長沢 駿
サブ
  • GK 1 野澤 洋輔
  •  
  • MF 5 小松 憲太
  • MF 18 楠瀬 章仁
  • MF 30 岩渕 良太
  • FW 7 北井 佑季
  • FW 19 塩沢 勝吾
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

56'

川鍋 良祐

塩沢 勝吾

64'

鐡戸 裕史

楠瀬 章仁

80'

船山 貴之

北井 佑季

CARD

STATS

シュート 16
GK 7
CK 14
直接FK 11
間接FK 1
オフサイド 1
PK 0

MEMBERS

  • GK 1 武田 博行
  • DF 2 宮本 亨
  • DF 5 前田 和哉
  • DF 3 渡邉 将基
  • DF 7 冨士 祐樹
  • MF 8 八角 剛史
  • MF 20 アン ヨンギュ
  • MF 6 森村 昂太
  • MF 10 小手川 宏基
  • FW 15 キム ドンフィ
  • FW 25 柿本 健太
サブ
  • GK 21 松本 拓也
  • DF 17 松本 陽介
  • DF 23 市川 恵多
  • MF 4 鈴木 修人
  • FW 9 大島 秀夫
  • FW 11 池元 友樹
  • FW 14 渡 大生
監督
柱谷 幸一

MEMBER CHANGE

HT'

キム ドンフィ

松本 陽介

80'

柿本 健太

大島 秀夫

90+5'

小手川 宏基

鈴木 修人

CARD

33'

森村 昂太

43'

森村 昂太

43'

森村 昂太

45'

キム ドンフィ

STATS

シュート 9
GK 14
CK 6
直接FK 11
間接FK 3
オフサイド 3
PK 0
主審 岡 宏道
副審1 中野 卓
副審2 松井 健太郎
第4の審判員 藤田 和也
入場者数 8829人
天候・風 晴/弱風
気温/湿度 22.3℃/38%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/乾燥

試合後のコメント

■反町監督記者会見のコメント

「一人向こうが少なくなっていなければ、このまま逃げ切られていたゲームだったかも知れないですね。特に前半の最初の方は、奪ったボールを単純にサイドに送ってそこから起点を作ってという形を向こうが狙ってきたので、それがそのまま失点に繋がった部分が正直ありますね。うちは見ていただいたら分かるように、ビルドアップの部分で少しボールが落ち着かないところがあるので、弱気な姿勢というかそういう部分が露呈した前半だったかなと思います。後半は1人多くなって、そうなると当然1人少ないチームは真ん中を固めるわけです。何故かというとゴールは真ん中にあるからで、今までの北九州の守り方と少し違いましたよね。そこに試合前のキーパー練習のようなボールではなかなか点はとれないわけであって、近いサイドで足元でボールをもらうとか。皆一辺倒になってしまうので、そこは少し話をしないといけないと思いますね。群馬戦も同じように相手が1人少ない状況でしたが、当然ゴールを守るという作業に時間を使ってきたので、そこをこじ開けるのはなかなか難しいですが、まあ1点は取りたかった試合でしたね。今日はボールの出どころがフリーでしたが、もう少し良い配球とか、逆にフリーすぎちゃって持ち直した時には相手がいるという場面が多かったですね。そんなところです」

Q:前半早い時間での失点と、最後の部分で決めきれなかったことについてどちらの方が悔やまれますか?

「失点は遠目からのシュートで、今までも何回かああいう形でありましたよね。結局クロスを上げられた時のクリアとかが相手にこぼれちゃうことが多いので、その後すぐに向こうの意図的なものを出さないためにダブルボランチに変えました。それは僕の反省点でもあります。そういう意味では、向こうも我々の戦い方を良く研究してきたなと感じましたね。キムを入れたのは恐らく奪ったらサイドのスペースに走って出て行けよと。そういう作業を続けるだけでしたからね。我々の弱いところを教えてくれたので、そこはこれから活かしていきたいと思います。 引っくり返すことが出来なかった、つまり2点目が取れなかったのは、シュートが浮いたりだとか、サイドの配球が良くないとか、一番怖いところに入っていくとか。例えば塩沢がヘディングで落とした角度とゴールを結ぶ線に誰も入っていかない。そういうがめつさが我々には少し足りないですよね。皆、優しいですよ。今、J2でも総シュート数の上位を殆ど外国籍選手が占めているというのは、ゴールに対する執念というか、彼らは生活を賭けてやっているわけで、我々にはそういうところが足りない。なかなかゲームの中で何が何でもと眼をギラギラさせている奴がいない。後はミドルシュートが浮いてしまいますね。これは去年からの課題ですが、遠目からのシュートが入れば。今日の北九州なんかそうですよね。羨ましいなあ…と。あのシュートはうちは誰も打てないですからね。
とはいえ、そこは練習をしていくしかないので、そういうところの精度はなかなか明日の朝とか一週間後に良くなるわけではないんですが、繰り返し練習していくしかないんですよね。それは次にとっておきたいと思います」

Q:ボールを持たされると苦手という感じに見えたんですけどそこらへんはどう感じていますか?

「残念ながらうちの現実はこうですよね。後ろからボールをもらってハーフウェーラインへ持ち出してけるような選手は残念ながらいません。いないから諦めるんじゃないですが、結局受ける方の問題も含めて、このシステムだと2トップが横にスライドしても中のパスコースさえ切れば、どんどん外へ逃げてくれる感じになりますからね。ただ固定的な感じになってしまいますけど、それはこのシステムの弱点でもあるので、だとしたら少しトップ下に1人置いて、ダブルボランチにした方がパスコースは増えるかなと思って、途中でシステムを変えたんですよね。守備のことよりも攻撃のことを考えて、並びを変えたのはあります。残念ながら後ろからのビルドアップでスーパーな配球とか良いサイドチェンジとかがあれば良いんですが、そういう選手はJ1かJ2の上位のチームで出てますから。残念ながら我々はそこまで行っていないということです」

Q:今回と同じように松本を研究してくるチームに対して、どのように戦いますか?

「東京Vさんが研究してきますか?(苦笑)それを打ち破る力を持つしかないですね。今日も途中、3バックでどん詰まり状態になったら4バックにした方が良いんですよ。試合中にしようかと思いましたが、向こうは退場で1人少なかったので、少しどうしようか判断しました。後半の最初から変えても良かったんですが、相手がどう出てくるか分からなかったので、もしかしたら2トップにしてくるかもしれなかったし。結局キムを下げて松本を入れてきましたけど、そこは出てから10分で判断しようと思っていました。それは相手がこう来たらうちはこうするということをどんどんやっていかないといけない。そういうゲーム戦術は去年から半年間やってきたので、そこは皆も違和感無く出来ると思うんですよ。それも私の判断ですから。上手くいくかどうかは別として、ただやらないと解決にならないのならば替えていくしかないですね」

Q:3日後に東京V戦がありますが、今日の結果を見て、スタメンをいじることはありますか?

「全部替えます。『J’sGOAL』に、そうしっかり書いておいて下さい(笑)。中2日で今日も25℃以上で暑いなかでの試合だったので体力も消耗していると思います。1人少なかった向こうはもっと大変でしょうが、彼らは一週間あるので良いでしょうが、我々は次の試合に向けて、もう準備を始めなければいけない段階なので、最高の準備をして、勝点3をとれるようにプランニングしてやるしかないですよね」

Q:ゴールへの執念が足りないということですが、こちらも見ていてそのような印象を受けました。そこをどう引き出していきますか?

「性格とか、人間はなかなか替えられないのですが、それでも続けていくしかないんですよ。解決策があったらとっくにやっていますから。変な話、飯田とか多々良の方がゴールへの執着心はあるかも知れないですよね、やってやろうとか。前の方は慣れてしまってますから、綺麗事じゃなくて血を流してもゴールに行くような選手に出てきてもらいたいと思いますし、厳しいご質問に返す言葉がないくらいダメージを受けました(笑)。仰るとおりだと思います。今日は前の方の選手にこの後質問してやって下さい」

Q:追い込まれていないということでしょうか?

「あなたが追い込みたいということでしょうか?(笑)。仰るとおり、どちらかと言うとうちはまだまだ甘いと思います。生活を賭けてやっているかどうかということでしょうね。そういう意味では塩沢とかも去年の方がそういう気持ちがあったかもしれない。皆様が持ち上げたことによって、数年後はどこかの市長選に出ているんじゃないでしょうか。ゴールを決めてから市長になって欲しいですね(笑)」

トップへ戻る