試合日程
MATCH SCHEDULE

第93回天皇杯3回戦 VS サガン鳥栖

10月13日(日) 13:00 Kick off アルウィン

松本山雅FC

  • 67' 塩沢 勝吾
試合終了

1 3

0 前半 1

1 後半 0

0 延長前半 0

0 延長後半 2

サガン鳥栖

  • 30' 高橋 義希
  • 114' 豊田 陽平
  • 117' 豊田 陽平

MEMBERS

  • GK 21 村山 智彦
  • DF 14 玉林 睦実
  • DF 13 犬飼 智也
  • DF 4 飯田 真輝
  • DF 23 多々良 敦斗
  • MF 6 岩沼 俊介
  • MF 11 喜山 康平
  • MF 47 岩上 祐三
  • MF 49 阿部 巧
  • FW 10 船山 貴之
  • FW 19 塩沢 勝吾
サブ
  • GK 31 永井 堅梧
  • DF 16 鐡戸 裕史
  • DF 28 飯尾 和也
  • MF 17 ユン ソンヨル
  • MF 27 飯尾 竜太朗
  • FW 9 ホドリゴ カベッサ
  • FW 20 長沢 駿
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

71'

喜山 康平

ユン ソンヨル

83'

塩沢 勝吾

ホドリゴ カベッサ

109'

阿部 巧

鐡戸 裕史

CARD

STATS

シュート 12
GK 8
CK 6
直接FK 23
間接FK 0
オフサイド 0
PK 0

MEMBERS

  • GK 33 林 彰洋
  • DF 24 金井 貢史
  • DF 20 呂 成海
  • DF 5 坂井 達弥
  • DF 3 磯崎 敬太
  • MF 36 菊地 直哉
  • MF 16 ニルソン
  • MF 28 高橋 義希
  • MF 25 早坂 良太
  • FW 10 金 民友
  • FW 22 池田 圭
サブ
  • GK 1 赤星 拓
  • DF 13 金 正也
  • MF 8 水沼 宏太
  • MF 14 藤田 直之
  • MF 23 末吉 隼也
  • MF 27 清武 功暉
  • FW 11 豊田 陽平
監督
尹 晶煥

MEMBER CHANGE

67'

早坂 良太

水沼 宏太

74'

ニルソン

藤田 直之

79'

菊地 直哉

豊田 陽平

CARD

84'

呂 成海

STATS

シュート 13
GK 10
CK 10
直接FK 17
間接FK 4
オフサイド 4
PK 1
主審 山本 雄大
副審1 八木 あかね
副審2 今岡 洋二
第4の審判員 笹岡 潤
入場者数 8789人
天候・風 晴/弱
気温/湿度 19.7℃/33%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/乾燥

試合後のコメント

■反町監督記者会見のコメント

「酒を飲まなきゃ忘れられないような試合でしたね。後味の悪い試合だったということでしょうね。ポジティブな点を探していくと、ケガ人が出なかったこと、J2リーグ最終戦前の1週間は良い準備が出来ること、最後まで足が止まらずに自分たちのサッカーをすることが出来たこと、ですね。ネガティブなことを言うと、レフェリーの判定に選手たちの努力等が報われなかったこと。こういう試合はあって、いつも最終的にはイーブンだなと思うようにしているんですけど、トーナメントでもありますし、少し辛いですね。今日は全体的に良くやったと思います。鳥栖はフィジカルなチームですが、全部続かないフィジカルの強さなんですよね。それに対してもよくやったと思います。ちょっとうちはまだひ弱な選手が多いので、ひ弱なところを突かれましたけど、今日は誰のせいだとか、誰が調子悪かったとか、そんなこと言える次元じゃないですよ。まあ、後味は悪かったんですけど振り返ってもサッカーは戻ってこないので、また明日から仕切り直ししてしっかりやっていきたいと思います。4つ目のポジティブな点を言うとすれば、これでリーグ戦に集中することが出来るという事ですね。正直、はらわたは煮えくりかえっていますけどね。ここで自分が一言も言わなかったら、サポーターも怒るでしょう?サッカーはエモーショナルなスポーツなのでこれくらい言ってもいいと思っています。言わないと体を悪くすると思うので。少し愚痴っぽくなってしまいましたが、以上です」

Q:鳥栖の先発メンバーを見ての印象は?
「何人か代えてくるかなと思ってはいました。4-3-3にしてきたのはちょっと驚きましたが、他は適材適所だったと思います」

Q:山雅は同じ布陣で臨みましたが90分間では1-1だったが、試合を振り返ってどうですか?
「90分間の勝負だったら1-1でもうひとり代えていますよ。天皇杯とリーグ戦は違うので何とも説明しづらいですよね。追いついたことに関して言うと、鳥栖の試合を何試合か見ると、前半はフォアチェックで前からガツガツ来るんですけど、後半いきなり足が止まるんですよね。そこは狙い目でした。そこまで0-0が良かったんですが、そこはJ1チームですしチャンスを逃さないですよ。幾つか外してくれましたけどね(苦笑)。だから1点は取れるというふうには思っていましたよ。幾つかチャンスを作れましたし、フリーで外したのもありましたけど、それを決めれる力があればJ1の選手なんだから、そこはしょうがないですよね。幾つかチャンスは作れましたし、もう少し工夫して最後のところをいければと思いましたが、これが我々の現在地でしょう」

Q:残りのリーグ戦への手応え、収穫については?
「これから強い相手と戦っていかなければならないので、その強い相手とやるには今しかないですよね。我々は人数は多いですけど、まだ公式戦でアルウィンのピッチでしっかりプレー出来る選手はまだそんなに多くないですからね」

Q:PKのシーンについてはいかがでしょうか?
「セットプレーの後ですよね、恐らく誰かが押したとかでしょうね。勝敗を大きく左右するところだったので少し残念でしたよね。あれを厳しくとるのであれば、アフターもとって欲しかったですね。今日のは少し、延長までいっといてそりゃないよ、って思いました」

Q:次のリーグ戦へ繋がる部分というのは?
「やはり神戸や福岡の試合はハイプレッシャーになりますからね。これはトレーニングでは培えないものがあるんですよ。その意味では今日はそれが大前提のなかで、特にワンタッチプレーを意識しながらやったんですけど、上手く行った部分と行かなかった部分とありましたけど、全体的にはうまく出来たし、練習した成果は出たと思います。それは次に繋がってくると思うし、言い方を代えるとこの悔しさを次に繋げていかないといけない。今、安達亮監督も同じことを言っているかもしれませんが、まだまだやらなければいけないことはたくさんあるし、上には上がいるなと思うしかないでしょうね。ヘディングの強さだってそうかもしれない。塩沢はJ2ではそこそこヘディングに勝つかも知れないけれど、坂井や呂、菊池と競ったら勝てない事が多い。もしかしたら『上には上がいるな』と思ったかもしれないので、それを次の試合に出してほしいですね」

トップへ戻る