試合日程
MATCH SCHEDULE

Jリーグ ディビジョン2 第18節 VS ギラヴァンツ北九州

6月14日(土) 19:00 Kick off アルウィン

松本山雅FC

試合終了

0 1

0 前半 1

0 後半 0

ギラヴァンツ北九州

  • 31' 原 一樹

MEMBERS

  • GK 21 村山 智彦
  • DF 13 犬飼 智也
  • DF 2 大久保 裕樹
  • DF 4 飯田 真輝
  • DF 3 田中 隼磨
  • MF 17 ユン ソンヨル
  • MF 11 喜山 康平
  • MF 6 岩沼 俊介
  • MF 8 岩上 祐三
  • FW 9 サビア
  • FW 10 船山 貴之
サブ
  • GK 31 永井 堅梧
  • DF 14 玉林 睦実
  • DF 16 鐡戸 裕史
  • DF 28 飯尾 和也
  • MF 26 道上 隼人
  • MF 34 椎名 伸志
  • FW 20 山本 大貴
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

68'

ユン ソンヨル

山本 大貴

82'

サビア

椎名 伸志

87'

岩沼 俊介

鐡戸 裕史

CARD

65'

岩沼 俊介

78'

喜山 康平

STATS

シュート 17
GK 9
CK 5
直接FK 11
間接FK 0
オフサイド 0
PK 0

MEMBERS

  • GK 1 大谷 幸輝
  • DF 17 星原 健太
  • DF 3 渡邉 将基
  • DF 5 前田 和哉
  • DF 7 冨士 祐樹
  • MF 8 八角 剛史
  • MF 28 風間 宏希
  • MF 10 小手川 宏基
  • MF 29 井上 翔太
  • FW 9 原 一樹
  • FW 11 池元 友樹
サブ
  • GK 27 鈴木 彩貴
  • DF 2 宮本 亨
  • MF 4 鈴木 修人
  • MF 6 下村 東美
  • MF 26 山之内 優貴
  • FW 14 渡 大生
  • FW 15 大島 秀夫
監督
柱谷 幸一

MEMBER CHANGE

71'

池元 友樹

渡 大生

89'

風間 宏希

下村 東美

90+4'

井上 翔太

大島 秀夫

CARD

STATS

シュート 8
GK 19
CK 4
直接FK 8
間接FK 1
オフサイド 1
PK 0
主審 河合 英治
副審1 大友 一平
副審2 小曽根 潮
第4の審判員 大矢 充
入場者数 11347人
天候・風 晴/弱風
気温/湿度 20.0℃/55%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/乾燥

試合後のコメント

■反町監督記者会見のコメント

「残念な結果になってしまいました。富山戦に敗れてから奮起したのと同様に、この悔しさをしっかり糧としてもう一度チームとして大きく踏み出さなければという気持ちでいます。一瞬の隙を突かれたような形でしたがそれがサッカーですし、逆に我々はその隙を突くことができなかった。決定機はたくさんありましたが、向こうの体を張ったディフェンスというか、1点リードしているがためのディフェンスという感じでしたよね。そうした気迫や気持ちに我々があったのかはもう一度検証したいと思います。当然サッカーには勝ち、負け、引き分けがあり、その3つのうちの1つが今日来たわけであってもしかしたら先週だったかもしれませんが、これをどう生かしていくかということですね。それに尽きると思います。全力を尽くして点を取りにいく姿勢も出しましたが、それが叶わなかったというゲームだったと思います」

Q:北九州は点を取った後、8人で引いてリトリートしてきました。それを崩しきれなかった印象があります。攻撃面での狙いは?
「点を取っても取らなくても、リトリートするのは北九州の特徴です。それをどう崩すかを今週やってきました。全体的にバイタルエリアを使うところは前半も上手くいっていたんですが、ボールがサイドに行ったときにトレーニングでやってきた崩し方が少しできていなかったので、ハーフタイムでは話をしました。最後の20分はパワープレーみたいになったので、少しオープンプレーという意味では違いましたけど、途中で(ユン)ソンヨルが抜け出してペナルティエリアの外から入っていくようなプレーを前半から多くしないといけなかったかなと思います。ボランチ1人は今日はかなり飛び出していかないと崩すことはできない。特にサイドにボールを入れたときですね。その回数が足りなくて、向こうのCB2人が非常に楽に試合をできたのかも知れないですね。『急がば回れ』という言葉があります。我々は『急がば急げ』でやっているチームですが、今日のようなリトリートしてくるチームには少し回らないといけないところもあるということだと思います」

Q:いい位置からのセットプレーもあったと思うが、得点に繋がらなかった。
「向こうの1番目と2番目。前田選手と渡邉選手のWストッパーはそこそこ高さもあって跳ね返す力も強い。3番目と4番目あたりから向こうはガクンと落ちますが、結局そこで相手を外す力が多少なかった。あと、今日はあまりいいボールがなかったかも知れないですね。ちょっとしたズレかも知れないですけど、それは少し改善しないといけないのかなと思います」

Q:大久保裕樹選手が初先発になりました。多々良選手の欠場の理由と、失点場面についてお願いします。
「先にも言ったように、8人が引いて2人が残るのが向こうのゲームプランです。それは当然理解していて人数も揃っているが、その大久保の前の前のプレーのところから少しリズムがおかしかった。自分たちのボールを変な形で渡してしまって、最初のパスもまた変な形で行って、次のボールを結局犬飼との入れ違いになって、処理するのが悪かったということですよね。これは別に大久保が全部責任を負うわけではないし、起用した私の責任でもありますから。チームの責任でもあるし。だからといって、その後でチームとしてやることをボケないためにももう一度整理してやらないといけないでしょうね。多々良は足の状態があまり良くなくて、彼は状態がよくないとネガティブなプレーが増えてくるので、それだったらポジティブなプレーをする選手を採用するのが私の仕事ですから、そうやったということです」

Q:6月は昨年は1分4敗、そういう意味ではなかなか勝てない鬼門の月という印象があるが?
「我々のチームだけでなく、5月の連戦のつけは他のチームにも少しあります。怪我であるとか。今日のデーゲームは点差的にも大きく動いた試合が多いですよね。特に暑さもあって、デーゲームは後半40分過ぎから点の入っている試合が多いですから。そういう意味ではつけというか、どのチームにもあります。そのなかでやりくりするのが私の仕事でもあるので、何とか立て直さないといけない。6月の成績が悪かったらどうこうとかではなく、全ての試合に勝ちに行かないといけないのは当然ですし、その時その時でベストのメンバーを起用するのが私の仕事です。今日、山本はホーム初試合でしたがかなりフィットしてやれることを証明してくれました。その意味で前の方は計算が立ちましたし、今日は珍しく前を2トップにしてオランダモードをやりました。(船山)貴之はスナイデルになれなかったですけど(苦笑)。相手がリトリートしているのでボランチの前でボールを回してもしょうがない。ボランチの後ろに2人置いた方がいいと決断してやったんですが、それもよく理解してやってくれたと思っています」

Q:今日、磐田がデーゲームで勝ちましたが、監督や選手も知っていましたか?
「情報社会ですから分かっていると思いますが、今の段階で磐田の結果はどうでもいいです。今日の私たちの相手は北九州ですから。貴方方が邪念を持っているから、そういう雰囲気になっちゃうんですよ(苦笑)」

トップへ戻る