試合日程
MATCH SCHEDULE

Jリーグ ディビジョン2 第23節 VS 東京ヴェルディ

7月26日(土) 18:00 Kick off アルウィン

松本山雅FC

  • 81' 犬飼 智也
試合終了

1 1

0 前半 0

1 後半 1

東京ヴェルディ

  • 75' 杉本 竜士

MEMBERS

  • GK 21 村山 智彦
  • DF 13 犬飼 智也
  • DF 4 飯田 真輝
  • DF 23 多々良 敦斗
  • DF 3 田中 隼磨
  • MF 15 岩間 雄大
  • MF 6 岩沼 俊介
  • MF 11 喜山 康平
  • MF 8 岩上 祐三
  • FW 10 船山 貴之
  • FW 9 サビア
サブ
  • GK 25 白井 裕人
  • DF 14 玉林 睦実
  • MF 17 ユン ソンヨル
  • MF 26 道上 隼人
  • MF 27 飯尾 竜太朗
  • MF 34 椎名 伸志
  • FW 20 山本 大貴
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

65'

サビア

山本 大貴

80'

岩間 雄大

玉林 睦実

CARD

STATS

シュート 12
GK 11
CK 3
直接FK 12
間接FK 3
オフサイド 3
PK 0

MEMBERS

  • GK 31 キローラン 菜入
  • DF 23 田村 直也
  • DF 5 金 鐘必
  • DF 15 井林 章
  • DF 24 安在 和樹
  • MF 2 吉野 恭平
  • MF 14 鈴木 惇
  • MF 22 澤井 直人
  • MF 16 南 秀仁
  • FW 9 常盤 聡
  • FW 33 杉本 竜士
サブ
  • GK 32 ポープ ウィリアム
  • DF 20 田中 貴大
  • DF 27 舘野 俊祐
  • MF 28 楠美 圭史
  • MF 34 安西 幸輝
  • FW 45 永井 秀樹
  • FW 25 平本 一樹
監督
三浦 泰年

MEMBER CHANGE

HT'

吉野 恭平

安西 幸輝

68'

南 秀仁

永井 秀樹

85'

常盤 聡

平本 一樹

CARD

51'

澤井 直人

85'

田村 直也

STATS

シュート 12
GK 11
CK 1
直接FK 15
間接FK 4
オフサイド 4
PK 0
主審 窪田 陽輔
副審1 武部 陽介
副審2 関谷 宣貴
第4の審判員 竹長 泰彦
入場者数 11600人
天候・風 晴/中風
気温/湿度 29.8℃/62%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/乾燥

試合後のコメント

■反町監督記者会見のコメント

「この勝点1をよしとするかどうかということですけど、なかなか決定機を作れないなかで勝点1を得たのは良かった、と後で思えるようにやっていかないといけないと感じています。連勝している過信かどうか分かりませんが、非常にピリッとしないゲーム展開でしたね。ピリッとしていない展開でも村山の頑張りによって失点しなかったために、ずっとピリッとしない状況が続いて、失点して少しピリッとしたというだけの試合だったと思います。本来はゲームの最初から最後までピリッとしてもらわないと我々はいけないわけであって、その意味では松本山雅らしくないゲームだったと思います。そこは大きな反省点だと思います。少し皆色気を出したというか、失点場面もシンプルにやればいいのに自分がメッシだと思ったのか、より格好良いプレーをしようと思ってそうなった。それは瞬間だけでなく試合全体がそうだったと思います。もう少し我々は泥臭く汗をかいて無駄走りもして、誰も見ていないところでもスペースを埋めないといけない。だからGKが目立っちゃうんですよ。それじゃいけないですからね。ピリッとしないところはリスク管理もそうで、東京Vは前節もパスを15本繋いで点を取っているわけではなくて、奪って早い攻撃でチャンスを作って2トップの個人技で点を取っている、と説明したにも関わらず、まさにそんな形からチャンスを沢山作られていた。ゲームマネジメント上、選手と同時に私も反省しないといけないと感じています。連戦ですぐ次のホームゲームになります。今日は久々に警告もなく、万全で迎えられる。今のところ大きな怪我もないのでいいリカバーをして、ホームでの熊本戦ではピリッとした試合をしたいなと感じております」

Q:ピリッとしなかった要因として、球際の弱さとボールを簡単に失ったことが挙げられると思うが原因は?
「奪ったボールを例えばいいラストパスを出そうとか考えたということはあったかもしれません。あの多々良が奪ったシーンも(船山)貴之に当てて貴之を超えていけばいいだけなんですよ。それを人に預けちゃったのか自分が行きたくないのか、まさにそういうシーンでしたよね。攻撃の第一歩が遅れたことが自分たちの失点まで招いてしまったということですからね。逆にいい反省材料ですね。残りの19試合に生かしていかないといけない。同じことをやっているようでは勝点は得られないわけで、別に難しい話ではないのでもう一度話をします。自分たちに問題があればそこを直していかないと」

Q:ボランチの脇を上手く東京Vに使われていた印象がありますが。
「4-4-2でワイドに張ってきて、そのワイドに入った選手が中に入ってくる時には捕まえにくいのはシステム上当たり前なんですよ。アンカーを配置してボランチを3枚にしてもよかったんですが、そこまで合わせる必要は無いのかなと、そこは強気で行かないといけないというのはありました。全て蓋をして抑えられるほどサッカーは上手く行かないので、そこをやられても最後を抑える。例えば最後のスルーパスを止めるとか、もしくはターンされてもドリブルで止める力があるか。前者はグループ戦術ですからできますが、あそこの1対1で仕掛けられた時に抑えられる力は個人戦術なので残念ながら少し見劣りしますよね。そこは止むを得ないと思いますし、我々の課題でもある。いきなり明日になってカンナバーロのように1対1に強くなるわけではないので、トレーニングをしながら、また話し合いながらやっていくしかないでしょうね」

Q:前節の長崎戦も前半はピリッとしなかった。原因はメンタル面、もしくは体力面?
「それが分かれば今日みたいに試合にならないですね。そういう話はミーティングでもしていますが、ひとつは飯田がトスに負けたことで陣地が替わって『嫌な風だな』ということが頭にあったことは間違いないかもしれません。ただ、それを理由にするのはちょっとおかしいですよね。本当はそんな時でも毅然と悠々とピリッとしてやらないといけない。ただ、42試合全てはピリッとできないですよ。その意味では次の試合が大事なターニングポイントにしないといけない。最後の15分で走力で勝ったと威張ってはいけないんです。最後の15分も走力でも勝った、としないといけない。今日は追いついたから良かったですけど、本来は最初から最後までクローズな意識を持たないといけない。今日は最初からオープンでしたよね」

Q:村山智彦選手の活躍について。
「我々は11人全員が先端から末端までしっかりやらないとダメですよ。それが出来ている成果がここまで来ていると思っていいですよ。今日は彼だけがピリッとしていないといけないというのはあったと思いますが、こういう試合を続けていくようではどこかで大きな点差をつけてやられますよ」

Q:終盤、飯田真輝選手のパワープレーについては?
「向こうはSBがヘディング強くないですし、伝わらないうちに点が入ったんですけど、山本と飯田を向こうのCBとSBの間に置いて貴之をトップ下、玉林をCBに置いたと。何故玉林を入れたかというと、向こうは後半から吉野を外してきたので高さとしてはマイナスなんです。玉林はセットプレーで点を取る力がありますし、向こうも最後はファウルが多くなってきたと感じたのでそれに賭けたということはあります。その後はいい展開ではなかったので(田中)隼磨をボランチにして、飯田をもう一回戻した。今日の流れでは勝点1でよしとしなければならない試合だったかもしれないですから、そのようにスイッチしました」

トップへ戻る