試合日程
MATCH SCHEDULE

2018 明治安田生命 J2リーグ 第7節 VS 大宮アルディージャ

4月1日(日) 13:00 Kick off アルウィン

松本山雅FC

  • 25' 石原 崇兆
  • 33' パウリーニョ
  • 47' セルジーニョ
試合終了

3 2

2 前半 0

1 後半 2

大宮アルディージャ

  • 67' 大前 元紀
  • 87' ロビン シモヴィッチ

MEMBERS

  • GK 1 守田 達弥
  • DF 31 橋内 優也
  • DF 4 飯田 真輝
  • DF 2 浦田 延尚
  • MF 6 藤田 息吹
  • MF 47 岩上 祐三
  • MF 14 パウリーニョ
  • MF 8 セルジーニョ
  • MF 20 石原 崇兆
  • FW 9 高崎 寛之
  • FW 7 前田 大然
サブ
  • GK 30 ゴ ドンミン
  • DF 3 田中 隼磨
  • DF 29 下川 陽太
  • MF 5 岩間 雄大
  • MF 10 工藤 浩平
  • MF 25 前田 直輝
  • FW 19 山本 大貴
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

81'

セルジーニョ

工藤 浩平

88'

前田 大然

山本 大貴

90+5'

浦田 延尚

岩間 雄大

CARD

48'

セルジーニョ

STATS

シュート 13
GK 9
CK 3
直接FK 10
間接FK 3
オフサイド 2
PK 0

MEMBERS

  • GK 22 笠原 昂史
  • DF 19 奥井 諒
  • DF 4 山越 康平
  • DF 2 菊地 光将
  • DF 5 中村 太亮
  • MF 16 マテウス
  • MF 8 茨田 陽生
  • MF 7 三門 雄大
  • MF 17 横谷 繁
  • FW 9 ロビン シモヴィッチ
  • FW 10 大前 元紀
サブ
  • GK 1 加藤 順大
  • DF 25 高山 和真
  • DF 13 渡部 大輔
  • MF 15 大山 啓輔
  • MF 20 酒井 宣福
  • FW 11 マルセロ トスカーノ
  • FW 28 富山 貴光
監督
石井 正忠

MEMBER CHANGE

68'

茨田 陽生

大山 啓輔

75'

横谷 繁

マルセロ トスカーノ

82'

富山 貴光

大前 元紀

CARD

89'

マルセロ トスカーノ

STATS

シュート 12
GK 13
CK 4
直接FK 9
間接FK 1
オフサイド 1
PK 1
主審 小屋 幸栄
副審1 眞鍋 久大
副審2 櫻井 大輔
第4の審判員 田中 玲匡
入場者数 15871人
天候・風 晴・弱風
気温/湿度 22.5℃/29%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/乾燥

試合後のコメント

■反町監督記者会見のコメント
「非常につらい1ヶ月ちょっとを過ごしてきたことは間違いありません。それは私もそうですし、スタッフもそうですし、選手もそうですし、ある意味会社もそうですし。それでもブレずに曲げずにやってきたことが、ちょっとでも成果となって表れたことは非常にうれしく思います。

もちろん見ての通り、最後のところの我々の対応であるとか、少し今まで見られないようなところがあるので、それは何とかしないといけない。勝てば全部OKという訳ではないという試合だったと皆さんも分かったと思います。それでも今の我々にとっては、どんな形であれ勝つことが大事。それはひとつ終えたことですし、そうなると次はどう試合を締めるか、どう終えるかを踏まえてしっかりと考えてやらないといけないと感じています。勝って浮かれるのではなく、逆に引き締められた思いがしていますし、それを上手く解消しないといけないと強く思っています。

アルウィンの開幕ということで、なかなか成績の上がらないなかでも、こうして最後に『One Soul』コールまでしていただいた皆さんの気持ちが乗り移った試合だったと思いますし、それがそのまま勝利という結果に繋がりました。見捨てないで応援していただいたことを本当に感謝しています。私もなかなか眠れない日々が続きましたが、これで1時間くらいは余計に眠れるかなと思っています」

Q:今日の収穫とすれば今季最多の3得点と思いますが、攻撃面の評価は?
「向こうとのミスマッチの部分をどう突いて、どう解消するかが攻守におけるテーマでした。そこのミスマッチの部分を突いて得点したところは良かったと思います。それは前節の山口戦も同じです。後半の1点を取ったことで、やや体重が後ろにいってしまい、ちょっと難しいゲームになってしまいましたけども、3点目を取れたことは非常に大きかったと思います。セルジ(-ニョ)は、ここのところ好調を続けていますし、決定力もあるので、チームを救ってくれたと思います。石原も今季は前線の競争が激しくて、特にサイドで彼の活躍を期待している部分も正直あるのですが、両方できるに越したことはない。お互いに競争のなかでやっているのは皆さんもご存知な訳ですが、今日は彼の競争心というものが少しプラスに働いたのかなと思っています。少し攻撃の部分でペナルティーエリアの中に入って仕事をしたい部分も正直ありますが、また1週間ありますので、トレーニングからちょっとずつ築き上げていきたいと思います」

Q:今、守備で不安要素を抱えているなかで、今日のように点を多く獲ることが1つの勝つためには重要になってくると考えていいのでしょうか?
「向こうも、逆に失点してもいいから前に4人残すという形な訳です。その時に我々がどういう対策をとってやるかを考えないといけない。向こうの残っている選手は非常に能力が高い選手です。マテウスとか、横谷、大前、当然シモビッチとか。一人で仕事を出来るような選手に対して、我々が前半みたいな試合をしていればよかったんですが、受け手に回ると非常に弱気になるというか、最後に体を張るところであるとか、しっかり対峙するところというのが、ベテラン選手であるという風に思いたいのですがベテランらしくないところがあります。そこのあやふやさは当然、相手も狙ってきますので。ゴール前のシーンも含めて、もう少ししっかりやりたい。そうでないと浮上していけないと思います。結果を見て、『いいシーソーゲームだったな』と言われるようではダメなんです。最初にお話ししたように、まだまだ課題はあります。ただ今、後ろ方の選手に怪我人が多く、ちょっと苦しい状況であることはお分かりいただきたいと思います」

Q:今日のホームでの1勝は、大宮に勝ち点3を与えなかったなど単なる1勝ではないと思うのですが、監督としてアルウィンで勝てた率直な思いは?
「やっぱり自分たちの家で仕事が出来ることの嬉しさは(試合を)やりながら感じていましたし、選手たちもそれを感じとれたようなゲームでした。天候にも恵まれましたし、ここでの強みを活かさないといけないと強く思っています。そのためにもたくさんの方に足を運んでいただき、後押しをしていただきたいと思います。これが今日勝ったから全部OKではないので、これを続けていくためにも、明日も練習試合がありますが、気持ちを、モチベーションを高くやっていきたいと思います。ただここに集まった皆さんも松本の関係者が多いので言いますけれど、勝つことの難しさを十分感じたこの1ヶ月と少しでした。前から言っていますがリーグ内にそんな大差はないんです。今日の途中経過を見ても皆さんもそう思っていると思いますが、そこから我々が何を出来るか、何をしなければいけないかを強い意識をもってやっていきたいと思います」

Q:アルウィンでの試合開催時期が遅れたことが、未勝利に影響した部分はあったのでしょうか?
「遅れてしまったというのは(未勝利だった)理由にならないと思います。ただこれから逆にアルウィンでの試合が多くなってくるので、それは期待して見てもらいたいです」

■石原崇兆選手のコメント

Q:大宮を相手に、3-2で今季初勝利を飾った。
「ここまで苦しかったので、とりあえず勝てたことはすごく嬉しいです。サポーターの皆さんが作ってくれた雰囲気も最高で、アルウィンでの試合は最高だなと改めて感じました。ただ内容をみると、自分たちがリードしているなかで後半終了間際に2点返されたというのは課題だと思います。そこはしっかりと修正して、これから連勝に繋げられるように頑張りたいです」

Q:25分の先制点を挙げた場面を振り返って?
「試合前のスカウティングから、逆サイドが開いてくるということは狙いどおりだった。そのチャンスを活かして、うまく得点できたことは良かったです。あの位置から決めるイメージは持っているので、これからも狙って得点を決められればいいなと思います」

トップへ戻る