試合日程
MATCH SCHEDULE

2019 明治安田生命 J1リーグ第9節 VS FC東京

04月28日(日) 14:00 Kick off 味の素スタジアム

fctokyo_l1.png

FC東京

  • 44' 永井 謙佑
  • 77' ディエゴ オリヴェイラ
試合終了

2 0

1 前半 0

1 後半 0

松本山雅FC

MEMBERS

  • GK 33 林 彰洋
  • DF 25 小川 諒也
  • DF 32 渡辺 剛
  • DF 3 森重 真人
  • DF 6 太田 宏介
  • MF 15 久保 建英
  • MF 8 髙萩 洋次郎
  • MF 18 橋本 拳人
  • MF 10 東 慶悟
  • FW 9 ディエゴ オリヴェイラ
  • FW 11 永井 謙佑
サブ
  • GK 1 児玉 剛
  • DF 20 チャン ヒョンス
  • DF 22 中村 拓海
  • MF 29 岡崎 慎
  • MF 39 大森 晃太郎
  • FW 16 ジャエル
  • FW 17 ナ サンホ
監督
長谷川 健太

MEMBER CHANGE

68'

永井 謙佑

ジャエル

83'

髙萩 洋次郎

ナ サンホ

90+3'

ディエゴ オリヴェイラ

大森 晃太郎

CARD

62'

髙萩 洋次郎

STATS

シュート 7
GK 7
CK 10
直接FK 12
間接FK 2
オフサイド 2
PK 1

MEMBERS

  • GK 16 村山 智彦
  • DF 5 今井 智基
  • DF 4 飯田 真輝
  • DF 31 橋内 優也
  • MF 3 田中 隼磨
  • MF 14 パウリーニョ
  • MF 35 宮阪 政樹
  • MF 42 高橋 諒
  • MF 13 中美 慶哉
  • FW 7 前田 大然
  • FW 10 レアンドロ ペレイラ
サブ
  • GK 23 田中 謙吾
  • DF 15 エドゥアルド
  • MF 6 藤田 息吹
  • MF 8 セルジーニョ
  • MF 20 杉本 太郎
  • MF 32 安東 輝
  • FW 11 永井 龍
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

61'

前田 大然

永井 龍

61'

中美 慶哉

杉本 太郎

76'

宮阪 政樹

セルジーニョ

CARD

31'

田中 隼磨

53'

レアンドロ ペレイラ

82'

杉本 太郎

STATS

シュート 10
GK 3
CK 5
直接FK 10
間接FK 1
オフサイド 1
PK 0
主審 東城 穣
副審1 山内 宏志
副審2 林 可人
第4の審判員 榎本 一慶
入場者数 36412人
天候・風 晴のち曇・弱風
気温/湿度 19.2℃/30%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/乾燥

試合後のコメント

■反町康治監督記者会見のコメント
「アウェイの地ですけど、ゴールデンウィークで予定のあるところを我々サッカーの方に予定を入れてくれて、応援してくれたたくさんのサポーターの皆さんに感謝しております。ゴールという歓喜もなく終わってしまったので少し帰路は辛いと思いますが、次のホーム戦に向けて頑張っていきますので、再び応援してくれることを期待しております。
やはり対戦前に思っていたように、厳しい試合になりました。先制されると我々としてもバランスを崩して(攻撃に)いかないといけないところもあるので、そうなると余計にFC東京さんの強みが出るかなと思っていました。そういう展開になってしまったので、後半にうまく立て直そうと思ったものの引っ繰り返すようなエネルギーは少しなかったかなと思っています。
まだまだやれるところはあるので、それをしっかりやらないといけない。それと同時に、明日起きたら技術が高まっているということは無いにしても、それを補うためにいろいろなことを苦心しながらやっていかないといけません。今日の相手は日本のトップリーグの一番上のチームですから、その意味では勉強させられた部分もあります。それをどう活かしていくかということになってくるので、次のホームでのセレッソ(大阪)戦に向けて準備していきたいと思います」

Q:(1点目の)あの時間帯に失点したことでゲームプランも崩れた部分もあったのでは?
「そうですね、この前のルヴァンカップ清水戦でも同じような時間帯で失点したことを踏まえると、その部分はしっかりと整理しないといけない。ボールへの執着心などは我々としてもこだわっている部分ですが、そこが少し衰えてしまったということですね。そういう意味ではすごい残念ですし、あそこで強みを発揮しないと松本山雅ではないので。2トップのカウンターというのも向こうの大きな武器ですし、それはずっと話をしてやってきたんですが、その意味では残念な失点だったのかなと思います。何回も言っているんですけど、奪ったボールが収まらないというのは、プレッシャーの強いときもあるんですが、無いときでもヘッドダウンして焦ってしまう。それで簡単にボールを放棄していまうというのは、ずっと言っているんですけど、なかなか改善されない部分ではあります。その意味ではFC東京さんのほうに一日の長はあると思います」

Q:失点するまでの守備面での評価を。そして後半途中の永井龍、杉本太郎の投入によりリズムも出てきたように見えた、それからの攻撃面については?
「今日は全体的に少し体が重いような感じがしましたね。今日のメンバーはルヴァンカップも回避してやった部分もあるので、もっと躍動的にやってもらいたかったんですが、それが失点に繋がったのかも知れません。それまでもサイドで数的有利を作られて、向こうの思いどおりにやられた部分もありますが、最後のボックス内ではしっかり守れた部分はそこ(44分の失点場面)まではあったかなと思います。試合がはじまって最初に少し冷や汗をかきましたけど。
攻撃面については途中から湘南戦と同じような形になりましたけど、そこで活性化されたということもあって同時に投入しました。当然ながらリズムは変わるのは当たり前なんですけど、それが決定打に繋がったかというとそうでもないと。最後の1枚もそうなりましたけど、逆に攻撃が単発になってしまった部分はありますので、そこは少し残念ですね。フィニッシュがペナ(ルティエリア)の外からが多かったというのも、いまの我々を象徴している部分でもあるので、もう少し相手にとって怖いプレーをしないといけないですね」

Q:2点に絡んだ久保建英選手の対策もポイントだったと思うが、どう考えていた?
「翻弄された、と言ってしまうと明日の新聞で出そうなので(苦笑)……。どういうプレースタイルなのかは、ある程度分かっていました。やはり相手を見てポジションを取ったり、判断をギリギリで変えたりとか少し日本人離れしたところはあります。昨年よりも今年のほうが良いんじゃないかという話を健太(長谷川監督)にもしましたけど、そこで時間を作られる。そこに1点目のように(ディエゴ・)オリヴェイラと永井(謙佑)がというのが今季のFC東京の特長ですからね。それは何回も話をしてきたんですが、分かっていてもやられるのがサッカーの世界なので何とも言えません。久々に日本人選手としては質の違いを見せられたという思いですね。これからどういう道筋を辿るのかという意味では、この試合のあとに言うコメントじゃないかも知れませんけど楽しみですし、将来の日本を背負って立つような選手になってもらいたいと思います。応援しています(笑)」 

■宮阪政樹選手のコメント

Q:今日の試合を振り返って?
「前半は失点するまでは危ない場面もあったんですけど、やられなかったので相手もやり辛さを感じていたと思います。ただ結果的に失点してしまう原因としては、自分はあそこで入れ替わってしまったところと、あと後ろの枚数が足りているなかでも決め切るところ。そういう隙を与えてしまったところだと思います。やはり失点しまうと難しい試合展開になると思うし、やはり首位を走っているチームだなと感じました。自分たちもしっかり反省、修正して次の試合に向けてやっていきたいと思います」

Q:前線への縦パスなど、良いボールを入れていたが?
「守備に回る時間が多いなかで、自分たちのワンチャンスの時に精度を出せるかだと思う。そこは突き詰めていかないといけないですし、前の3人にストレスをかけないような守り方やボールの配球が出来ればと思います」

トップへ戻る