試合日程
MATCH SCHEDULE

2020明治安田生命J2リーグ第19節 VS 栃木SC

9月13日(日) 18:00 Kick off 栃木県グリーンスタジアム

キックオフまで

栃木SC

  • 3' 山本 廉
試合終了

1 1

1 前半 1

0 後半 0

松本山雅FC

  • 11' 乾 大知

テキスト速報

  • 前半
    0'
    松本ボールでキックオフ、試合開始
  • 前半
    0'
    予想フォーメーションは4-4-2。前節からのスタメン変更は3人。高杉、瀬川、佐藤が外れ、黒崎、柳、岩間が入る。岩間と溝渕は古巣との一戦となる。序盤から積極的に仕掛けて先制点を奪取し、有利に試合を進めたい
  • 前半
    0'
    予想フォーメーションは4-4-2。前節からのスタメン変更は3人。高木利、アウグスト、久保田が外れ、鈴木、杉本、セルジーニョが入る。前節に2得点を記録した塚川に期待がかかる。敵地での連戦となるが、勝点3を獲得してホームに戻りたい
  • 前半
    0'
    栃木の直近5試合は2勝1分け2敗。松本の直近5試合は1勝2分け2敗。両者の過去対戦成績は5勝1分け2敗と松本の勝ち越し
  • 前半
    3'
    GOAL
    栃木 1 - 0 松本
    ゴール!!!右サイドでボールを受けた山本がペナルティエリア手前の右まで持ち込む。山本はフリーの状態で左足を振り抜くと、これがネットを揺らし、さい先よく先制に成功する
  • 前半
    6'
    敵陣中央でFKを獲得。キッカーの明本が前線に浮き球を供給。ペナルティエリア右で柳が頭で折り返すも、味方には渡らない
  • 前半
    9'
    右サイドの敵陣深い位置で黒崎がロングスローを供給。ペナルティエリア内の柳がターゲットとなるが、相手のクリアに遭う
  • 前半
    10'
    右サイドの鈴木にパスが入る。鈴木は素早く縦にパスを供給するも、相手のブロックに遭う
  • 前半
    11'
    左サイドで前がドリブルで仕掛ける。ペナルティエリア左に進入するも、相手のブロックに遭って左CKを獲得
  • 前半
    11'
    GOAL!
    栃木 1 - 1 松本
    ゴール!!!キッカーのセルジーニョが右足でクロスを上げる。ペナルティエリア中央の味方を越えてボールはファーサイドへ。走り込んだフリーの乾が右足で合わせると、これが見事にネットを揺らし、同点に追い付く
  • 前半
    15'
    右サイドの鈴木に展開される。鈴木は右足でクロスを供給。ファーサイドに流れたボールに反応したジャエルが右足でシュートを放つ。しかし、GKにはじかれてしまう。続く右CKは得点には結び付かない
  • 前半
    17'
    左サイドでパスをつないで敵陣深くまで進入するが、明本はクロスを上げるまでには至らない
  • 前半
    18'
    ペナルティエリア手前の右から森が左足でパスを供給。ペナルティエリア左でボールを受けた大島が左足でシュートを放つ。しかし、枠を外れる
  • 前半
    20'
    左からのCKを獲得
  • 前半
    21'
    キッカーはセルジーニョが務める。セルジーニョは鋭いクロスを供給するも、相手にクリアされてしまう。続くCKも得点には至らない
  • 前半
    22'
    右サイドの敵陣深い位置で阪野が粘って右CKを得る
  • 前半
    22'
    キッカーのセルジーニョが右足でクロスを上げるも、田代のクリアに遭う。セカンドボールに反応した前がダイレクトでシュートを選択するも、枠を大きく外れる
  • 前半
    25'
    右CKはセルジーニョが引き続き担当する。しかし、右足で蹴り込まれたボールは柳にクリアされてしまう
  • 前半
    25'
    飲水タイムが設けられる
  • 前半
    27'
    飲水タイムが終了し、プレーが再開する
  • 前半
    28'
    セルジーニョが左に流れたジャエルに展開。ジャエルは仕掛けてパスを出すも、味方には渡らない
  • 前半
    30'
    右CKを獲得
  • 前半
    31'
    キッカーのセルジーニョが右足でクロスを供給。こぼれたボールに前が反応するも、相手の対応に遭ってしまう
  • 前半
    34'
    右サイドの山本にパスが入る。山本はダイレクトでつなぐも、相手のブロックに遭う
  • 前半
    35'
    右の黒崎が鋭いクロスを上げる。ペナルティエリア内で大島が頭で合わせる。しかし、得点には至らない
  • 前半
    38'
    GKの川田が前線に大きく蹴り込むも、相手のクリアに遭う
  • 前半
    39'
    左のセルジーニョに展開される。セルジーニョはドリブルで仕掛けるも、相手に寄せられてしまいボールをキープすることはできない
  • 前半
    41'
    左のセルジーニョがサイドを駆け上がってきた前にパスを供給。受けた前だったが、クロスを上げることはできない
  • 前半
    44'
    右サイドの黒崎が左足に切り替えて素早くクロスを供給する。ファーサイドでフリーの状態の溝渕が頭で合わせる。しかし、GKにキャッチされてしまう
  • 前半
    46'
    アディショナルタイムは1分の表示
  • 前半
    47'
    前半終了。1-1と、同点で試合を折り返す
  • 後半
    0'
    栃木ボールでキックオフ、後半開始
  • 後半
    0'
    17塚川OUT→22米原IN
  • 後半
    0'
    投入された米原は塚川と同じポジションでプレーを行っている
  • 後半
    2'
    明本からパスを受けた西谷が縦にスルーパスを供給。しかし、ゴールラインを割ってしまう
  • 後半
    4'
    右サイドでFKを獲得。キッカーの明本が左足で浮き球を供給。ペナルティエリア内に送られたボールに田代が頭で合わせるも、得点には結び付かない
  • 後半
    7'
    ピッチを広く使い右の鈴木に展開される。鈴木はペナルティエリア右から浮き球のパスを出すも、溝渕に当たってしまう
  • 後半
    8'
    右サイドで鈴木が森に倒され、FKを獲得
  • 後半
    9'
    キッカーはセルジーニョが務める。セルジーニョは右足でクロスを上げると、ペナルティエリア内でジャエルが頭で合わせる。しかし、GKにはじかれてしまう
  • 後半
    12'
    左の溝渕が縦にパスを出す。走り込んだ明本だったが、ボールを収めることはできない
  • 後半
    12'
    溝渕がドリブルで仕掛けるも、阪野に倒され、FKを獲得する
  • 後半
    13'
    キッカーの西谷が明本にパスを出す。受けた明本は落とすと、素早く西谷が反応してダイレクトで弾道の低いクロスを供給。しかし、味方には渡らない
  • 後半
    15'
    鈴木が前線に蹴り込むも、田代にはね返されてしまう
  • 後半
    16'
    右CKを得る
  • 後半
    16'
    キッカーの明本が左足でクロスを上げる。ファーサイドで下がりながら柳が頭で折り返すも、シュートには持ち込めない
  • 後半
    19'
    33黒崎OUT→6瀬川IN
  • 後半
    19'
    5岩間OUT→25佐藤IN
  • 後半
    22'
    左サイドの瀬川がダイレクトでクロスを上げる。しかし、GKにキャッチされてしまう
  • 後半
    25'
    飲水タイムが実施される
  • 後半
    27'
    飲水タイムが終了し、プレーが再開する
  • 後半
    28'
    右に流れた明本が縦に突破を図るも、対面の前の対応に遭ってしまう
  • 後半
    29'
    5前OUT→39高木利IN
  • 後半
    30'
    17山本OUT→29矢野IN
  • 後半
    31'
    右サイドでヘディングでのパスを受けた矢野が仕掛けるも、ボールを収めることはできない
  • 後半
    32'
    右サイドでFKを獲得。キッカーの明本が左足で蹴り込む。溝渕が頭で折り返すも、GKのパンチングに遭う
  • 後半
    34'
    米原が矢野との接触で腰を押さえて倒れ込むも、立ち上がってプレーを再開する
  • 後半
    35'
    乾にイエローカード
  • 後半
    35'
    19大島OUT→9エスクデロIN
  • 後半
    36'
    敵陣の低い位置でFKを獲得。キッカーの明本が蹴り込むも、得点には至らない
  • 後半
    38'
    9ジャエルOUT→44服部IN
  • 後半
    40'
    自陣のセンターサークル内からFKを獲得。キッカーのセルジーニョが前線に蹴り込むと、服部が頭で落とす。しかし、味方には合わない
  • 後半
    43'
    左CKを得る
  • 後半
    43'
    キッカーのセルジーニョが右足でクロスを上げる。しかし、ペナルティエリア中央に送られたボールはGKにはじかれてしまう
  • 後半
    45'
    左の瀬川がグラウンダーのパスを出す。しかし、相手の対応に遭ってボールを失う
  • 後半
    46'
    アディショナルタイムは4分の表示
  • 後半
    47'
    左に流れた森がダイレクトでクロスを上げる。ペナルティエリア内で矢野が折り返すも、シュートには持ち込めない
  • 後半
    49'
    左サイドの森にパスが入る。森は左足でクロスを上げるも、GKにキャッチされてしまう
  • 後半
    50'
    試合終了。1-1で引き分けに終わった

MEMBERS

  • GK 1 川田 修平
  • DF 33 黒﨑 隼人
  • DF 23 柳 育崇
  • DF 30 田代 雅也
  • MF 17 山本 廉
  • MF 5 岩間 雄大
  • MF 14 西谷 優希
  • MF 15 溝渕 雄志
  • FW 8 明本 考浩
  • FW 19 大島 康樹
  • FW 18 森 俊貴
サブ
  • GK 50 オビ パウエル オビンナ
  • DF 4 髙杉 亮太
  • DF 6 瀬川 和樹
  • MF 25 佐藤 祥
  • FW 16 榊 翔太
  • FW 9 エスクデロ 競飛王
  • FW 29 矢野 貴章
監督
田坂 和昭

MEMBER CHANGE

64'

黒﨑 隼人

瀬川 和樹

64'

岩間 雄大

佐藤 祥

75'

山本 廉

矢野 貴章

80'

大島 康樹

エスクデロ 競飛王

CARD

STATS

シュート 10
GK 7
CK 5
直接FK 14
間接FK 0
オフサイド 0
PK 0

MEMBERS

  • GK 16 村山 智彦
  • DF 5 前 貴之
  • DF 33 大野 佑哉
  • DF 36 乾 大知
  • DF 27 鈴木 雄斗
  • MF 17 塚川 孝輝
  • MF 8 杉本 太郎
  • MF 6 藤田 息吹
  • FW 10 セルジーニョ
  • FW 11 阪野 豊史
  • FW 9 ジャエル
サブ
  • GK 1 圍 謙太朗
  • DF 39 高木 利弥
  • DF 43 常田 克人
  • DF 44 服部 康平
  • MF 22 米原 秀亮
  • MF 41 久保田 和音
  • FW 7 イズマ
監督
布 啓一郎

MEMBER CHANGE

46*'

塚川 孝輝

米原 秀亮

74'

前 貴之

高木 利弥

83'

ジャエル

服部 康平

*:ハーフタイム

CARD

80'

乾 大知

STATS

シュート 7
GK 11
CK 8
直接FK 10
間接FK 1
オフサイド 1
PK 0
主審 川俣 秀
副審1 蒲澤 淳一
副審2 岩﨑 創一
第4の審判員 関谷 宣貴
入場者数 2,057人
天候・風 雨一時曇・無風
気温/湿度 23.3℃/90%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝

ハーフタイムの監督コメント

  • 相手のロングボールに対して、粘り強くチャレンジ&カバーすること
  • 自分たちのボールを正確につなぐこと
  • 残り45分走り切ろう

試合後のコメント

■布啓一郎監督記者会見のコメント

Q:今日の試合を振り返って?
「先制される苦しい立ち上がりになりましたが早い時間に追いつくことができたことと、タフなゲームになりましたが選手が一丸となって戦うところはしっかりと戦ってくれたと思います。後半は少しずつボールを繋ぐ場面もでてきましたが、最後のアタッキングサードでの崩しの部分はなかなかうまくいかなかったので、また向上させていきたいと思います」

Q:事前に立てたゲームプランは少なからず遂行できたのでは?
「非常にタフな、空中にボールがある時間の長くなるゲームということは想定していたので、そこのところでメンタル面も含めて後手を踏むと、相手に有利な状況で攻められる形になったと思いますが、選手たちが前に仕掛けていく形を出せました。そこは良くやってくれたのかなと思います」

Q:攻撃についても状況に合わせて表現できていたが?
「序盤はプレッシャーが早くて、なかなか難しい部分もありましたが、それも想定内でした。少しずつ栃木さんのプレスも弱まっていく中で、ある程度はボールを握る時間帯も増えたかなと思っています。そこから先のところは、またしっかりやれるように努力していきたいです」

Q:早い時間で失点したものの、すぐに追いついたことも評価できるのでは。
「センターディフェンスの2人もそうですし、個人個人のやるべきプレーにくわえて、お互いに声を掛け合ってチャレンジ&カバーをしていくところは、少しずつチーム内でも共有が深まっているとは思います。そこは失点したあともバタつかずにやれたことに繋がったので、また続けていきたいと思います」

Q:ジャエルと阪野豊史が前線で時間を作ることで、押し上げる場面も生まれていたが?
「そこは本当によくやってくれたと思います。スタートからマッチアップするシステムで、攻撃時にボランチを下ろして可変するというシステムをとってない両チームなので、マッチアップする部分で負けないと。トヨやジャエルも体の強さは発揮してくれたし、それを拾って太郎やセルジがボールを動かすことができた。そこは評価できるのかなと思います」

Q:ここ最近の試合では相手に関わらず4-4-2を採用しているのは、チームの形を固めていきたいという思いもある?
「もちろん固めていきたい思いもありますが、私自身はシステム論者ではないので、システムが変わっても状況に応じてパスラインを作ってボールを動かすということをしないといけない。ただし3枚でやっている時に、どうしても攻められる時間が長くなって、ウイングバックが下がることが多くなって攻撃の厚みを作れない場面もあったので、それを解消するために4枚にしています。どうしても逆サイドは空きますけど、ここ数試合は攻守のバランスを考えてやっています。少しずつ良くなっていると思うので、こういう形になりました」

Q:引き分けという結果については、どう評価している?
「欲を言えば今の順位を考えるとアウェイであっても勝点3をとって、上に追いついていかないといけないので、満足しているとは言えない部分もあります。ただ、逆を言えば少しずつチームの状況が固まりつつある。そういう中でアウェイも負けずに勝点1でも積み上げることができたのは、選手が良くやってくれたのかなと思います。またコンディションを作って、次のゲームに繋げていきたいです」

Q:立ち上がりの不安定さが悔やまれる試合だったと思うが?
「ああいう形で序盤から攻撃してくることは選手も分かっていたし、そのような話を我々もミーティングでしていましたが、それを上回るだけの栃木さんの力があったのだと思います。先に失点しないでいければよかったんですが、その後のところで落ち着けてやれた選手たちを評価してあげたいと思います」

 

■阪野豊史選手のコメント

Q:5連戦最後の試合だったが、前線で起点を作り身体を張っていたが。
「ある程度こういう試合内容になることは想定されていた。(球際など)そういう部分では負けないようという気持ちで挑んでいました」

Q:ジャエルとの2トップで意識したところは?
「プレー時間が長くなるたびに色々つかめるところはあります。ジャエルは足元で受けるのが好きなタイプなので、なるべく自分が裏にラインを引っ張り、背後の駆け引きをできるだけしてあげて、ジャエルにプレーしやすくしようとしていました。あとはロングボールに対しても体が強いので、どうセカンドを拾うか。勝てる場合だったら裏に抜けるとか、いいポジションを取れるように意識しています」

Q:次に繋がるゲームだったようだが。
「5連敗して苦しいときは、なかなかサッカーとしても厳しい部分が多かったけど、4バックにしてから徐々にいいところも出しているし関係性も良くなってきている。あとは若い選手も自信を持ってプレーできるようになっているので、このままみんなで上積みして勝ちを取れるようになれば進歩していけると思います」

 

■乾大知選手のコメント

Q:11分のCKからの同点ゴールの場面を振り返って。
「セルジから良いボールが来たし、セットプレーの練習でも「あそこはボールが来るぞ」というコーチングスタッフからの指示もあったので、そこに自分は入っていくだけでした」

Q:早い時間に追いつけたことで、事前のゲームプランどおりに遂行できたのでは?
「早く追いつけたことは良かったですけど、やはり失点したことは問題です。あの時間帯に失点してしまうと厳しい展開になってしまうし、本当に強いチームというのはああいうところで失点しないと思うので、もっと試合を締めていきたいと感じています」

Q:大野佑哉と連携しながら、うまく守れていたが?
「うまくやれた部分もありますけど、うまくいかずに何度かピンチを招く場面もあったので。そういうところを突き詰めていかないと、一つのピンチからやられてしまう。そこはディフェンスラインや中盤で声を掛け合っていければと思います」

 

■米原秀亮選手のコメント

Q:後半からの出場でしたが。
「早い展開だとベンチから見て思っていたので、まずは守備も攻撃もファーストプレーで相手に負けないというのを意識して入りました。最初のプレーがヘディングだったが、そこで勝てたことによってうまく試合に入れたと思います」

Q:試合を重ねているなかで、自信になっているところは?
「もっとやらなければいけない部分ですが、守備でボールを奪える回数が増えてきたと思います。攻撃ではここ何試合かボールを持ちにいかなければいけないところで持てていないので不甲斐ないと思っています。練習ができない分、試合で合わせていかなければいけないので、次の5連戦はもっとボールの近くでプレーできるようにしたいです」

 

■鈴木雄斗選手のコメント

Q:タフな試合だったと思いますが。
守備に関していえば、前半1点やられてしまいましたがそれ以外はうまく守れたと思います。最近ずっと試合に出ている大野ともしっかりコミュニケーションが取れて、いい形でやれたので次につながる試合だったと思います」

Q:次はホーム2連戦になるが。
「序盤は勝てなくて、サポーターの皆さんに苦しい思いをさせてしまいました。チームは徐々にいい方向に進んでいます。きょうは勝てなかったけど、自分たちの中でいい部分は出てきています。ホーム2連戦は強気にプレーして、サポーターの皆さんに勝利を届けたいです」

トップへ戻る