試合日程
MATCH SCHEDULE

Jリーグ ディビジョン2 第5節 VS V・ファーレン長崎

3月24日(日) 13:00 Kick off アルウィン

松本山雅FC

  • 90' 船山 貴之
試合終了

1 1

0 前半 0

1 後半 1

V・ファーレン長崎

  • 65' 水永 翔馬

MEMBERS

  • GK 25 白井 裕人
  • DF 15 川鍋 良祐
  • DF 23 多々良 敦斗
  • DF 4 飯田 真輝
  • DF 14 玉林 睦実
  • MF 17 ユン ソンヨル
  • MF 11 喜山 康平
  • MF 7 北井 佑季
  • MF 18 楠瀬 章仁
  • FW 10 船山 貴之
  • FW 20 長沢 駿
サブ
  • GK 21 村山 智彦
  • DF 16 鐡戸 裕史
  • DF 28 飯尾 和也
  • MF 5 小松 憲太
  • MF 8 弦巻 健人
  • MF 24 パク カンイル
  • FW 19 塩沢 勝吾
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

55'

長沢 駿

塩沢 勝吾

70'

川鍋 良祐

パク カンイル

75'

北井 佑季

鐡戸 裕史

CARD

STATS

シュート 13
GK 14
CK 7
直接FK 9
間接FK 1
オフサイド 1
PK 1

MEMBERS

  • GK 21 金山 隼樹
  • DF 3 藤井 大輔
  • DF 2 山口 貴弘
  • DF 28 下田 光平
  • MF 19 小笠原 侑生
  • MF 22 井上 裕大
  • MF 16 岩間 雄大
  • MF 17 古部 健太
  • MF 18 佐藤 洸一
  • MF 26 金久保 彩
  • FW 15 水永 翔馬
サブ
  • GK  岩丸 史也
  • GK  河端 和哉
  • GK  前田 悠佑
  • GK  持留 新作
  • GK  山田 晃平
  • GK  佐藤 由紀彦
  • GK  
監督
高木 琢也

MEMBER CHANGE

82'

小笠原 侑生

山田 晃平

82'

井上 裕大

前田 悠佑

90+1'

佐藤 由紀彦

金久保 彩

CARD

60'

藤井 大輔

78'

藤井 大輔

78'

藤井 大輔

STATS

シュート 9
GK 20
CK 5
直接FK 4
間接FK 2
オフサイド 2
PK 0
主審 家本 政明
副審1 佐藤 貴之
副審2 植田 文平
第4の審判員 下村 昌昭
入場者数 9038人
天候・風 晴/強風
気温/湿度 17.4℃/26%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/乾燥

試合後のコメント

■反町監督記者会見のコメント

「やっぱりドームの競技場を作りたいですね(苦笑)。ただ、風はお互い様ですからね。本当は何か言う立場ではないし、お互いにそんなにショートパスを繋ぐスタイルではないので、どうしても長いボールの競り合いに強いとかタイミング良く拾うとか、そういう点は長崎さんの方が上なんですよね。そういう映像も見せました。だから今日は情けないです。水永のヘディングの強い映像もたくさん見せました。それでやられてしまうと何のために分析して話しているのか、ちょっと残念ですね。ゲームをやるにあたって分析はそういうところから始まっているわけで、もちろん私の反省点もありますが、失点してから一人一人の目が覚めて前へ行く姿勢が見られたのは4日前と同じでした。それでは本当の強いチームとは言えないと思います。そうは言っても3連戦の3戦目なので、ボールは落ち着かないなかで良く最後まで足を止めずに出来たのは良かったかなと思います」

Q:岩沼選手が大事をとって欠場した形になったが、その影響は?
「そんなに影響がないと言うとあいつが可哀相ですし、あると言うと喜山が嫌な気分をすると思うので。3連戦の3つ目で俊介はハードにやってきたので外から見るのも、と思っています。ただ、怪我の状況が思わしくないので、次の試合も難しいかな?と思っております。浮いたボールが多いなかで拾うという意味では喜山もヘディングも弱くないですし、悪くはなかったと思いますよ。攻撃のスタートというか中堅としては、今日のこういう試合展開では何とも評価しづらいですけども、今季からずっと調子は悪くなかったですからね。この前のゲームでも非常に良かったですし、90分やりましたけどもフィーリングやゲーム体力は問題ないですし、評価しても良いと思います」

Q:結果として得点はPKだけとなり、攻撃の形に結びつかなった要因は?
「簡単に言うと、前の方にもう少しボールを納める力があればなと思うんですけども、もちろんプレッシャーの強いなかでやっているので難しいのは十分承知で言っていますが、それを凌駕する力がないといけないわけであって、そこは少し残念なところであったと思います。船山も90分出続けているなかで、それでも最後までスピードではかなり長けているものがありますが、スペースを突くダイナミックな動きもなければいけないのかなと感じています」

Q:事前から風のことを気にされていましたが、対策は?
「前半にやっぱり1点欲しかったですね。高木は0-0で抑えたので勝機があると思ったでしょうね。試合終わった後に本人と『トスに勝ったら、どっちのエンドを取っていた?』という話はしましたけどね。いつになったら風が止むんでしょうかね?(苦笑) しばらく難しいゲームになりますね」

Q:前半に1点をとれなかった要因は?
「どうしても試合開始から前半というのはお互いにディフェンスの意識が高いですし、くさびのボールに行くとか1対1やクロスの対応などはしっかり出来ていましたよね。仮に、後半の疲れたときに逆に攻めていたら展開は変わっていたかも知れません。ただ、前半に先取する姿勢は崩したくないですしね。後半から風が止む可能性も無いわけでは無いですから。まあ土地柄、僕も住んでいるので分かりますが止まる事は殆どないんですけどね。ただ後半になって違う考えでやるよりも、今まで築きあげたものも大事で、9000人の皆さんにそういうチームとしての姿勢を見せたいですしね」

Q:途中投入のパク・カンイル選手の出来は?
「日本のサッカーにも慣れてきて、今日は良いパフォーマンスは出来なかったかも知れませんが、FKの練習なども熱心にやってきて、チームにもどんどん溶け込んで、一員となってきた姿を嬉しく思っています。少しでも調子が良くなれば出られるチャンスもありますし、良い競争になっていると思います。色んなポジションが出来ますしね。今日は難しい状況で入ったのは間違いないですけど」

Q:早めに交替カードを切られましたが、その意図は。
「3つ続いた3戦目なので、足の止まった選手から早目に変えていくという意識はありましたよね。長沢は相手がそれほど大きくないがヘディングで勝てていない。相手にはね返されているようでは、というので塩沢に早いうちに替えようというのはありました。後は、途中から後ろを4枚にして、向こうの3枚というより5枚に対して、うちの4枚が上手くやっていった方が玉林とか楠瀬が生きると考えてやりました。そのための変更であって、別に誰が良い悪いわけではなくて、より選択肢を増やす戦術的な理由です。向こうもそのままだとミラーゲームみたいになってそのまま終わってしまいますので、最後はアキ(楠瀬)をもう少し前に出して、鐡戸の攻撃力で数的優位を作ろうというプランはありました」

Q:引き分けという結果をどうとらえますか?
「今日は正直言うと負け試合でしたから、こういうゲームでも勝点1を拾えたことはこれから大きいのではないかというポジティブ思考にするしかないですね。今日、長野パルセイロは勝ったんですか? でしたらパルセイロの記事を大きく書いておいてください(苦笑)」

Q:5試合終えて勝点8という結果になりましたが。
「プレーパフォーマンスから考えると、勝点8は良いと思います。試合の出来が良い悪いとはっきりしているなかで、今日みたいにゼロで終わってもおかしくない試合でも勝点1をとれた。後藤健生さんに『せこく勝点をとる』と言われましたけどもそのとおりで、そういう試合でもせこく勝点をとってという戦いは出来ています。ただ大きな問題はこれからですね。今度は格上の相手と試合になりますけども、ここで5戦やってきた成果を一回振り返って選手にも話をしますが、このタームを終えてどう感じているかもう一回整理する必要があると感じています。だから評価するのは難しいですけども、良くもなく悪くもなく。パフォーマンスを考えた場合、◎じゃなく○だと思います。花丸をつけられるようになりたいですけどね」

トップへ戻る