ニュース NEWS

「長野日報社サッカー教室」に参加しました【報告】

スポンサーニュース 普及活動

11月3日(土・祝)箕輪町ながたドームにて未就学児~小学校6年生までの園児・児童を対象に「長野日報社サッカー教室」が開催され、松本山雅FCアンバサダー鐡戸裕史、営業部チーフ小澤、スクールコーチの萩原、今井が参加しましたのでご報告いたします。

サッカー教室に先立ち行われた開会式では、箕輪町教育委員会文化スポーツ課、唐沢課長から激励のご挨拶をいただきました。

01

02

サッカー教室は、未就学児クラス・小学1年生、小学2・3年生クラス、小学4~6年生クラスに分かれて各トレーニングと試合を実施し、最後に松本山雅FCチームとのエキシビジョンマッチが行われました。

未就学児クラス・小学1年生は小澤チーフと今井コーチが担当し、おにごっこやボール遊び、試合を行いました。
みんな元気にボールで遊んでくれました。

03

04

小学2年生~3年生クラスは萩原スクールコーチが担当し、ドリブル練習や1対1、試合を行ないました。
萩原コーチの指示のもと、みんなしっかりトレーニングに取り組んでくれました。

05

06

小学4年生~6年生クラスは鐡戸アンバサダーが担当し、ボールトレーニングや、ラダーを使ったステップワーク、そして試合をしました。
みんな真剣に取り組んだことで実りの多いトレーニングができました。

07

08

最後は山雅スタッフチーム対子どもたちでエキシビジョンマッチをしました。

09

10

11

山雅スタッフチームも子どもたちも真剣にプレーし、大いに盛り上がりました。

閉会式では、参加者全員に修了証やお菓子等が手渡されました。

12

楽しくサッカー教室が開催され、笑顔が絶えないイベントとなりました。

13

14

今回この様な貴重な機会をご用意していただいた長野日報社様、また参加者の皆様ありがとうございました。
今後とも松本山雅FCの活動へのご協力を宜しくお願いいたします。

一覧に戻る 一覧に戻る
トップへ戻る