ニュース NEWS

Jリーグマネジメントカップ2018でJ2部門で4年ぶり1位の評価を獲得

クラブニュース

このたび、Jリーグサポーティングカンパニーのデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社 スポーツビジネスグループが発表した、「Jリーグマネジメントカップ2018」において、J2部門で1位の評価を獲得いたしました。

松本山雅FCが「Jリーグマネジメントカップ」で1位を獲得するのは、2014年以来になります。

引き続き、ファン・サポーター、スポンサー、ホームタウンをはじめ、地域の皆さまと連携してクラブ運営に取り組んで参ります。

Jリーグマネジメントカップ概要

『Jリーグ マネジメントカップ』とは、デロイト トーマツ グループのスポーツビジネスを展開するスポーツビジネスグループが、日本プロサッカーリーグであるJリーグに所属するJ1、J2、J3全クラブを対象に、JリーグやJクラブが実施した具体的な取り組みの効果を客観的に定点観測し、ビジネスマネジメントの側面(経営面)でまとめたものです。Jリーグが積み重ねてきた経験を将来の持続可能な成長につなげていくための一助となるよう、2014年から毎年発行しています。

Jリーグマネジメントカップ2018の詳細はこちら

一覧に戻る
トップへ戻る