ニュース NEWS

「松本山雅ジャーニー2020」を実施しました【報告】

クラブニュース

9月22日(火・祝)・26日(土)に「松本山雅ジャーニー」を実施いたしましたので、ご報告いたします。

松本山雅ジャーニーは、松本山雅FCの試合観戦に合わせて域外から松本を訪れた方々向けに、地域の魅力を知っていただくためのオリジナルツアーです。事業PRパートナーであるquod,LLCとの共同企画で、2019年から開始しました。松本という地域を知り魅力に触れてもらうことで、サッカーをきっかけとした地域活性化を目的の一つとしています。初回となる昨年は、ホームゲームに訪れていただいたアウェイサポーター向けに、農園キャンプという形で実施しました。

しかし、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、県外から積極的に参加者を募ることや宿泊を伴うイベントを開催することが困難だと考え、安心・安全を第一に昨年とは内容を変更して実施。今回は、地元の皆さまに、山雅を通して地域の食材や地元の魅力に触れていただく企画「松本山雅ジャーニー2020」と題して、9月22日(火・祝)と9月26日(土)の2日間、計3回に分けて開催いたしました。

松本山雅ジャーニー 2020

9月22日(火) 〜day time〜

22日(火・祝)の昼の部「day time」には10世帯21名の方々に参加していただきました。

ボールゲーム教室で松本山雅スポーツクラブのコーチたちと体をたっぷり動かしたあと、「スマイル山雅農業プロジェクト」を通して育った青大豆「あやみどり」の枝豆を収穫しました。枝豆の収穫は初めてという子どもたちも多く、「枝豆ってこういうふうになってるんだ!」と、新たな発見をしながら楽しく収穫しました。

枝豆収穫の後は、中山東花園にご協力いただき、親子でとれたてのあやみどりや地元産野菜を自由にトッピングして、オリジナルピザを作りました。子どもたちはそれぞれ盛り付けを楽しみ、お父さん・お母さんと一緒に作った焼きたてピザを嬉しそうに食べました。

参加者の方からは「農業もピザ作りも、普段なかなか体験させる機会がないので子どもにとっても新鮮な経験になったと思う」とご感想をいただきました。

 

9月22日(火) 〜dinner time〜

夜の部「dinner time」には8組17名の方にご参加いただきました。あやみどりの収穫を行ったあと、ヨガインストラクターの方と一緒に、松本平から見下ろす美しい景色をバックにヨガに挑戦しました。

夜の部でも、昼の部と同様に枝豆収穫体験を実施。その後はお待ちかね「ホテル ブエナビスタ」様によるこの日限りの絶景ディナー。段々と暗くなって明かりが灯っていく松本の街並みを眺めながら、あやみどりや信州産の食材をたっぷり使ったコース料理を楽しみました。

ブエナビスタのシェフに食材やメニューについて丁寧にご説明いただき、地域の食材について知識を深めることもできました。

参加者の方には「風を感じながらのヨガは心地よく、ディナーはあやみどりや地元の食材のおいしさを実感できとても美味しかった。今日は参加してよかった」と喜んでいただきました。

 

9月26日(土) 〜day time〜

3組7名の方にご参加いただきました。今回は22日のdaytimeに引き続き、親子を対象にボールゲーム教室、枝豆の収穫に加えて、「あさひ堂」様にご協力いただき、採れたての地元野菜と枝豆を使った「山雅ガン豆くね(がんずくね)バーガー」を作っていただきました。

まずは、松本山雅スポーツクラブによる「ボールゲーム教室」を行いました。

カラフルなボールを使って親子で一緒にたくさん体を動かしながら、楽しそうに会話をする姿が見られました。

その後畑に移動し、枝豆の収穫を行いました。

畑一面にひろがる大豆の苗と畑から見える美しい景色に「すごい!」という参加者の方の声が聞こえてきました。

「持って帰って早く食べたいな!」「採れたては美味しいだろうね。」と参加者の方同士で話をしながら、楽しく収穫しました。

そして、お昼に「あさひ堂」様がこの日のために考えてくださった「山雅ガン豆くねバーガー」を親子で仲よく作りました。ほうれん草をピューレした緑の特別バンズに、枝豆入りの信州福味鶏で作ったつくねが入ったハンバーガーは、素材そのものの美味しさが感じられ、子どもも大人も食べたら思わず笑顔がこぼれる一品でした。

大自然の中で食べるランチは、いつにも増して美味しく感じられました。

また、23日のFC琉球戦ホームゲームにて、22日に収穫した枝豆を就労支援B型事業所ドリームワークス様にご協力いただき販売したところ、松本山雅ジャーニーにご参加いただいた方が買いに来てくださり「昨日は楽しかったです」「また地域の人たち向けのイベントを企画してほしい」と嬉しいお言葉をかけていただきました。

松本市中山地区の農家様、東花園のスタッフの皆様、ホテル ブエナビスタ様、あさひ堂様をはじめご協力いただいた皆様、またご参加いただいた皆様ありがとうございました。

これからも、地域の魅力に触れるイベントを企画して参ります。

スマイル山雅農業プロジェクト

スマイル山雅農業プロジェクトとは?

地域社会の活性化と地域に根ざした『まちづくり』に貢献するため、ホームタウン松本市内の「農地荒廃化」や「農業技術の継承」といった課題に対して、松本市・松本市農業委員会・直売所・障がい福祉サービス事業所と共同でプロジェクトを発足しました。

遊休農地で、ホームタウン塩尻市の試験場が開発した青大豆「あやみどり」の栽培を通じ、「遊休農地の活用」「地域住民の交流活性化」「青少年の育成」に取り組んでいます。

昨年度は、松本山雅FCユースアカデミーU-12(小学4~6年生)の子どもたちが栽培や収穫を体験したほか、農業に興味・関心を持っていただきたいというねらいからファン・サポーターの皆様による種まき・収穫イベントの実施、松本市内の全45の保育園・幼稚園の給食提供と食育運動指導などの活動を行いました。

 

「スマイル山雅農業プロジェクト」の詳細はコチラ(PDF)

スマイル山雅農業プロジェクト 青大豆「あやみどり」種まきの様子はコチラ

一覧に戻る
トップへ戻る