ニュース NEWS

松本市立島内小学校にて、NTPトヨタ信州株式会社×松本山雅FC「松本山雅FCガンズくん交通安全かるた」の贈呈式を行いました【報告】

ホームタウン活動 スポンサーニュース

松本山雅FCでは、オフィシャルスポンサーのNTPトヨタ信州株式会社様ご協賛のもと、地域の未来を担う子どもたちの健全なる心身の育成を願い、交通安全について楽しみながら学ぶことを目的とした「松本山雅FCガンズくん交通安全かるた」を2019年度に制作いたしました。

「本かるた」は、松本市内在住・在学している小学5年生~高校1年生の児童・生徒で構成されている「まつもと子ども未来委員会」第5期生21人と松本市建設部交通安全・都市交通課(現・交通部自転車推進課)の皆様に読み札を考案していただき、読み札の内容をベースにガンズくんがデザインされた44枚(あ~わ)の絵札で構成しています。

昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響により実施できませんでしたが、今年度は、松本山雅FCのホームタウンである9市町村10小学校(松本市のみ2校)にて、新型コロナウイルス感染対策を講じた上で「松本山雅FCガンズくん交通安全かるた」の贈呈式を行いたいと考えております。

12月22日(金)松本市立島内小学校3年1組の児童を対象に「松本山雅FC ガンズくん交通安全かるた」の贈呈式を行いました。
2021シーズン最後の贈呈式となりました。

会場に入ってきた子どもたちがタオルマフラーを身に着けてくれていたり、担任の先生がユニフォームを着てくれていたりと、歓迎してくれていることが伝わってきて、とてもうれしく思いました。

はじめに、株式会社松本山雅営業本部長柄澤よりご挨拶と本活動の説明、その後NTPトヨタ信州株式会社企画部長 加藤様からは、「くれぐれも交通事故にあわないように気をつけて」「かるたで楽しみながら交通ルールを学んでください」とお話いただきました。

かるたの贈呈に移るところで、進行役の教頭先生が「かるたは誰が渡してくれるのかな?」というと子どもたちが教室内をキョロキョロし始めました。

教頭先生の声かけにより、子どもたちみんなで元気よく「ガンズくん!」と呼ぶとサンタの衣装を着たガンズくんが登場し、子どもたちは大喜びでした。

代表児童2名にかるたを贈呈しました。
「ぼくもガンズくんからかるたをもらいたい!」と代表児童をうらやましがる子どもたちもいました。

その後かるたとりを行いましたが、担任の先生が必ず「まーつもとやまが」と言った後に、子どもたちが手拍子をしてから、かるたの読み札を読むという流れでかるたとりを行っており、とても楽しそうな子どもたちの様子を見ることができました。
大変盛り上がっていたので、他の学校でも試してもらえたらと思います。

最後に校長先生よりお礼の言葉をいただきました。
「山雅はサッカーだけやっているわけではなく、地域の役に立ちたいと考えている。人の役に立とうとする、人のために何かできるということは、とても大事なことです」と言っていただきました。
ありがとうございました。

今後小学校で実施する交通安全教室、または休み時間の中で「松本山雅FCガンズくん交通安全かるた」を使って、楽しみながら交通ルールについて学びを深めていただけるとうれしいです。

島内小学校の皆様、NTPトヨタ信州株式会社の皆様、松本市交通部自転車推進課の皆様、またご参加いただいた皆様ありがとうございました。
今後とも松本山雅FCの活動へのご協力をよろしくお願いいたします。

Jリーグの社会連携活動(通称:シャレン!)とは

社会課題や共通のテーマ(教育、ダイバーシティ、まちづくり、健康、世代間交流など)に、地域の人・企業/団体(営利・非営利問わず)・自治体・学校等とJリーグ・Jクラブが連携して取り組む活動をいいます。
3者以上の関係者と、共通価値を創る活動を想定しており、これらの社会貢献活動等を通じ、地域社会のサスティナビリティ確保、関係性の構築と学びの獲得、それぞれのステークホルダーの価値の再発見につながるものと考えております。

詳しくはコチラ(Jリーグ公式)

一覧に戻る 一覧に戻る
トップへ戻る