ニュース NEWS

巡回日記(5/10 松本市・本郷幼稚園)

普及活動 アカデミーニュース

5月10日(火)松本市の「本郷幼稚園」の年長組を対象に巡回指導を行い、松本山雅FCユースアカデミースクールコーチが参加しました。

はじめに、松本市で2番目に有名な「どいてどいてオニごっこ」を行いました。
どいてどいてオニごっこはいくつか並べられたコーンに子どもたちはしがみつきます。
全員分は用意されていないので「どいて」といわれたらどかなければなりません。
最後にコーンにいられた人の勝利です。

しかし、雄太コーチが腹ペコ怪獣に変身。
みんな「ゆうた腹ペコ怪獣」から上手に逃げ切ることができました。

次に松本市で1番有名なとりかごオニごっこを行いました。
雄太コーチがオニでみんなをつかまえに行きます。
つかまってしまうと鳥かごの中に入らないといけません。
鳥かごの中にいるお友だちを助けるためには、雄太コーチが持っている赤いコーンを倒すと助けることができます。
みんな鳥かごの中にいるお友だちを助けるために雄太コーチが持っている赤いコーン倒して助けるのに大成功しました。

オニごっこの後は忍者検定テストを行いました。
忍者検定テストでは雄太コーチがしゅりけんを、頭、お腹、足の3つに分けて投げてきます。
みんな当たらないように上手に避けることができたので忍者検定テスト合格です。

次に一人一個サッカーボールを持ちボールフィーリングを行いました。
手と足両方を使い手で投げて捕ったり、足で止めたりしました。
子どもたちは空高くボールを上げ上手にキャッチすることができました。

足では、「や・ま・が」と大きな声をかけながら「やまが止め」にもチャレンジしました。

続いてシュートゲームを行いました。
ゴールを決めたら「よっしゃー!」や「やったー!」など喜びを表現してる姿が見られました。

シュートをいっぱい決めた後には待ちに待っていた試合を行いました。
緑の「しゃきしゃききゅり」対白の「わたわたわたあめ」の試合を行いました。
いっぱい練習したシュートを決めることができました。

最後の最後まで元気な本郷幼稚園の皆様、ありがとうございました。

※この巡回指導は日本サッカー協会、長野県サッカー協会と連携して行っている事業です。

松本山雅サッカースクールは元気でスポーツ大好きな仲間を応援しています。
サッカースクール無料体験も随時開催しております。お気軽に参加してみてください。

巡回指導に関するお問い合わせは

松本山雅フットボールクラブ事務局
TEL 0263-88-5523
巡回指導担当 小林まで

一覧に戻る 一覧に戻る
トップへ戻る