試合日程
MATCH SCHEDULE

Jリーグ ディビジョン2 第10節 VS FC町田ゼルビア

4月27日(金) 19:00 Kick off 町田

FC町田ゼルビア

試合終了

0 1

0 前半 0

0 後半 1

松本山雅FC

  • 76' 船山 貴之

MEMBERS

  • GK 1 修行 智仁
  • DF 5 田代 真一
  • DF 6 太田 康介
  • DF 14 薗田 淳
  • MF 3 藤田 泰成
  • MF 28 下田 光平
  • MF 15 柳崎 祥兵
  • MF 2 津田 和樹
  • MF 16 庄司 悦大
  • FW 25 平本 一樹
  • FW 19 北井 佑季
サブ
  • GK 21 相澤 貴志
  • DF 18 三鬼 海
  • MF 17 鈴木 崇文
  • MF 26 コリン マーシャル
  • MF 27 加藤 恒平
  • FW 7 勝又 慶典
  • FW 20 鈴木 孝司
監督
オズワルド アルディレス

MEMBER CHANGE

HT'

柳崎 祥兵

鈴木 崇文

52'

庄司 悦大

コリン マーシャル

57'

薗田 淳

加藤 恒平

CARD

15'

太田 康介

55'

薗田 淳

65'

加藤 恒平

80'

田代 真一

81'

藤田 泰成

STATS

シュート 6
GK 6
CK 9
直接FK 19
間接FK 4
オフサイド 4
PK 0

MEMBERS

  • GK 21 野澤 洋輔
  • DF 4 飯田 真輝
  • DF 28 飯尾 和也
  • DF 23 多々良 敦斗
  • MF 38 喜山 康平
  • MF 5 小松 憲太
  • MF 14 玉林 睦実
  • MF 16 鐡戸 裕史
  • FW 32 船山 貴之
  • FW 19 塩沢 勝吾 
  • FW 8 弦巻 健人
サブ
  • GK 25 白井 裕人
  • MF 18 楠瀬 章仁
  • MF 27 大橋 正博
  • MF 30 渡辺 匠
  • FW 9 エイジソン 
  • FW 13 木島 徹也 
  • FW 35 久木田 紳吾
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

71'

弦巻 健人

楠瀬 章仁

82'

船山 貴之

渡辺 匠

CARD

23'

塩沢 勝吾

66'

喜山 康平

77'

船山 貴之

88'

小松 憲太

90+2'

楠瀬 章仁

STATS

シュート 9
GK 7
CK 5
直接FK 19
間接FK 1
オフサイド 1
PK 1
主審 長谷 拓
副審1 青山 健太
副審2 竹田 和雄
第4の審判員 藤沢 達也
入場者数 3859人
天候・風 雨/弱風
気温/湿度 16.5℃/90%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/水含み-

試合後のコメント

■反町康治監督記者会見のコメント

「どっちに転んでもおかしくない試合だった。ただ、3バック同士の違いがあった分、こっちが有利だった気はします。前線を含めて、最終ラインやゴールキーパーもハードにやった成果が集約されたと思っています。見ての通り、攻撃のクオリティは高くないのですが、足を止めずにやっているのは評価できる。連戦が続くが、この3試合でどれだけやれるか。ホームが2試合という利点を生かして、実力を試す良い機会にしたいと思っています。平日のこのような天候(雨)にも関わらず、こちらがホームかと思わせてくれるような声援を送ってくれたサポーターの皆さんには感謝しています。次はホーム。より多くの声援を受けて、強敵に勝ちたいと思います」

Q:町田の3バックをどのように突いていったか?
「それは今後の参考にされてしまうので……。ただ、後半残り15分からパワーを出してやれる力がついてきた。トレーニングをやった結果、こっちが有利だったと思います。その部分はトレーニングの効果が出ています」

Q:このような霧雨でピッチが濡れている中、どのような指示を。
「今日は雨よりも今年ナイトゲームが初めてだったので、市の協力をいただきナイター練習を行った。なるべく同じような雰囲気で準備が出来たと思います。選手たちは去年からいるので、それほど違和感なくやれたのでは」

Q:攻めていた前半に比べ、後半は一転攻められた理由は。
「町田はしっかりボールを繋ぐチーム。(パス数はJ2の中で)1位が千葉で、2位が京都。3位が町田と、データにも出ている。町田が後ろ同士でボールを動かすことで、ジャブのようになって対応が少し遅れてきた。ただしボランチもしっかりスライドして、船山・弦巻もファーストディフェンスをしっかりやってくれた。ただ1点とってからは喜山も小松も体力的に厳しくなったので、渡辺を投入した。虎の子を守るためにやらざるを得ない展開でしたが、そこそこ上手くいった。うちはある程度向こうにリズムをとられるのは慣れている。パンチドランカーになりそうです(笑)」

Q:前半は完璧な内容だったが、点だけは入らなかった。
「完璧なら3点は入れたいですよね。前半の良い時に攻撃の最後で決めることができていれば、もう少し主導権を握れる。ただ、それができなくても粘り強く戦えたと思います。今日はこちらの分析通りにチャンスを作れていたので、選手も冷静にプレーできた。後半は向こうも早めにメンバーを替えて、セットプレーの対応などは混乱して、少し危なかったですね」

トップへ戻る