試合日程
MATCH SCHEDULE

Jリーグ ディビジョン2 第17節 VS ヴァンフォーレ甲府

6月2日(土) 14:00 Kick off アルウィン

松本山雅FC

  • 22' 鐡戸 裕史
試合終了

1 1

1 前半 1

0 後半 0

ヴァンフォーレ甲府

  • 36' ダヴィ

MEMBERS

  • GK 21 野澤 洋輔
  • DF 23 多々良 敦斗
  • DF 4 飯田 真輝
  • DF 28 飯尾 和也
  • DF 16 鐡戸 裕史
  • MF 38 喜山 康平
  • MF 5 小松 憲太
  • MF 14 玉林 睦実
  • MF 18 楠瀬 章仁
  • FW 32 船山 貴之
  • FW 19 塩沢 勝吾 
サブ
  • GK 25 白井 裕人 
  • DF 2 伊藤 竜司
  • MF 30 渡辺 匠
  • MF 37 ユン ソンヨル 
  • FW 9 エイジソン 
  • FW 13 木島 徹也 
  • FW 35 久木田 紳吾
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

70'

楠瀬 章仁

木島 徹也 

90+1'

小松 憲太

渡辺 匠

CARD

35'

玉林 睦実

STATS

シュート 8
GK 13
CK 4
直接FK 15
間接FK 1
オフサイド 1
PK 0

MEMBERS

  • GK 1 荻 晃太
  • DF 2 福田 健介
  • DF 5 ドウグラス
  • DF 19 盛田 剛平
  • DF 6 佐々木 翔
  • MF 24 堀米 勇輝
  • MF 30 保坂 一成
  • MF 4 山本 英臣
  • MF 20 ピンバ
  • FW 14 永里 源気
  • FW 11 ダヴィ
サブ
  • GK 22 岡 大生
  • DF 17 津田 琢磨
  • MF 16 松橋 優
  • MF 18 柏 好文
  • MF 27 伊東 輝悦
  • MF 28 畑田 真輝
  • FW 15 青木 孝太
監督
城福 浩

MEMBER CHANGE

56'

ピンバ

柏好文

68'

堀米 勇輝

松橋 優

75'

保坂 一成

畑田 真輝

CARD

17'

佐々木 翔

74'

ドウグラス

90+3'

山本 英臣

STATS

シュート 18
GK 9
CK 9
直接FK 13
間接FK 0
オフサイド 0
PK 0
主審 前田 拓哉
副審1 森本 洋司
副審2 藤井 陽一
第4の審判員 山際 順義
入場者数 12341人
天候・風 晴のち曇/弱風
気温/湿度 24.7℃/36%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/乾燥

試合後のコメント

■反町康治監督記者会見のコメント

「死力を尽くして頑張ったゲームかなと思います。ボールを向こうが保持して、サイドから数的優位を作ってクロスという展開になるかなと思っていまして、その通りになった。そういう意味では想定内の試合でしたけれども、やっぱりサイドで1対1を仕掛けられたところとか、そういうところでのうちの強さと向こうの突破力にはちょっと差がありましたね。それは止むを得ないにしても、野澤を中心に後ろの3枚とボランチが足を止めずに良く粘ったと言える試合でした。後半もあまりチャンスを作れずセットプレーくらいでしたけど、全体的に見たら、向こうのチームが勝ち点3を得ていたゲームだったかなと思います。そういうゲームでも勝ち点1を取れたのをよしとしないといけないし、良い意味で「出来るぞ」と思った部分はあると思うので、次の試合に生きるかなと思います」

Q:非常に多くのサポーターが集まりましたが、チームの大きな力になっていますか。
「そうですね。今日は後半苦しい時間帯に、(試合に)見入ってしまうチームのサポーターが多い中で、大きな声を出してくれる。それは本当にチームの大きな力になっているのは間違いない。それだけに勝ち点3を取って、皆で一緒に喜びたい気持ちも強いのですが、残念ながらそれが出来ずに申し訳ないと思っております。『次は頑張れよ』という声も聞こえてきましたし、我々はしっかり受け止めて次に繋げていかないと、と感じております」

Q:交代枠に一つ手をつけなかった理由について。
「同点というのは非常に難しいんです。例えば塩沢を替えると、コーナーキックの時のストロングが低くなるわけです。色々計算してやっています。例えばですよ」

Q:エイジソン選手などの控えの選手の課題は。
「強い相手に何が出来るかですね。大学生相手にはプレッシャーが強くないから出来るわけですよ。明日(横浜F・マリノスとTM)みたいな強い相手にしっかりとプレー出来れば。そういう意味では、自分たちより格上のチームとやらないといけないですね。そうしないと課題も産まれてこないし、好きなことだけやれるという状況は避けなければいけない」

Q:先ほど、想定内という言葉が出たが、そのなかで勝つイメージ、点を取る方法は。
「一つは得点シーンのようにサイドからのカウンターですね。向こうも高い位置でサイドの数的有利を作るわけですよね。それは向こうの狙いなわけで、我々みたいなチームに対して少ない人数でも守れる自信はあったと思う。実際僕らもサイドからサイドでしたね。練習でやっている形です。あの時は鐡戸も長い距離を走って、相手を追い越して点をとらないといけない。そして相手を追い越して守らないといけない。理不尽なことを言っていますが、我々に求められるのはそこなんですね。パスの成功率が低いわけですから。まあ、それだけじゃないが甲府との試合も近いので、あんまり言えないですね。甲府のスタイルとは我々のような3バックのチームはマッチしやすいと。向こうとしてはある程度普通の戦い方だったでしょうね。それは我々も分かっていて、紅白戦の時から話をして、シャドウトレーニングをやって、起こりうることはミーティングでも話してきました。そうは言っても始まると色々なことが起こるので、そこはハーフタイムにも少し話したので、後半は良くなりましたね。その辺は甲府との試合が近いので、シーズンが終わったらゆっくり話します(笑)」

Q:先制点を取ったことで、何か変えた部分、変わった部分はありましたか。
「何か言うとしたらハーフタイムですけれど、その後にやられてしまったので、ハーフタイムではオープンプレーとセットプレーの話をして送り出しました。別に1点取ったからといって、選手たちも浮き足立ってはいなかったですね」

Q:今日の野澤洋輔選手の印象について。
「玉林は足を向けて寝られないでしょうね(笑)。まあ、経験値がかなりものを言っていると思います。1対1も冷静に判断したし。キャッチミスは少し課題が残りますが、チームを形成する上で後ろが安定していないとやっぱり長いリーグ戦は難しい。だからここに来てそこを着手したんですけど、思い通りの活躍で嬉しく思っています。まだまだ課題はあるわけなので、GKコーチと共により良いものを目指したいと思います」

トップへ戻る