試合日程
MATCH SCHEDULE

Jリーグ ディビジョン2 第39節 VS 水戸ホーリーホック

10月21日(日) 16:00 Kick off アルウィン

松本山雅FC

  • 47' 船山 貴之
  • 74' 塩沢 勝吾
試合終了

2 1

0 前半 0

2 後半 1

水戸ホーリーホック

  • 55' 細川 淳矢

MEMBERS

  • GK 25 白井 裕人
  • DF 14 玉林 睦実
  • DF 4 飯田 真輝
  • DF 28 飯尾 和也
  • DF 23 多々良 敦斗
  • MF 37 ユン ソンヨル 
  • MF 38 喜山 康平
  • MF 27 大橋 正博
  • MF 18 楠瀬 章仁
  • FW 32 船山 貴之
  • FW 19 塩沢 勝吾 
サブ
  • GK 21 野澤 洋輔
  • MF 5 小松 憲太
  • MF 8 弦巻 健人
  • MF 8 弦巻 健人
  • MF 36 益山 司
  • FW 9 アリソン リカルド 
  • FW 13 木島 徹也 
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

75'

楠瀬 章仁

木島 徹也 

81'

大橋 正博

弦巻 健人

90'

塩沢 勝吾

アリソン リカルド 

CARD

19'

楠瀬 章仁

90+4'

玉林 睦実

STATS

シュート 20
GK 10
CK 2
直接FK 9
間接FK 1
オフサイド 1
PK 0

MEMBERS

  • GK 1 本間 幸司
  • DF 25 市川 大祐
  • DF 34 細川 淳矢
  • DF 4 尾本 敬
  • DF 3 輪湖 直樹
  • MF 16 石神 幸征
  • MF 24 ロメロ フランク
  • MF 28 小澤 司
  • MF 10 橋本 晃司
  • FW 11 三島 康平
  • FW 13 岡本 達也
サブ
  • GK 21 笠原 昂史
  • DF 19 代 健司
  • DF 2 岡田 佑樹
  • MF 17 鈴木 雄斗
  • MF 15 島田 祐輝
  • FW 32 星原 健太
  • FW 9 吉原 宏太
監督
柱谷 哲二

MEMBER CHANGE

56'

岡本 達也

星原 健太

69'

市川 大祐

島田 祐輝

89'

輪湖 直樹

鈴木 雄斗

CARD

STATS

シュート 16
GK 10
CK 6
直接FK 9
間接FK 3
オフサイド 2
PK 0
主審 小屋 幸栄
副審1 村田 裕介
副審2 関谷 宣貴
第4の審判員 児玉 貴彦
入場者数 10751人
天候・風 晴・弱風
気温/湿度 16.8℃/52%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/乾燥

試合後のコメント

■監督記者会見のコメント

「1万人を超えるお客さんが我々を後押ししてくれたかなと思います。本当に感謝したいと思います。こうしてたくさん集まっていただけるのも、我々が後半戦に入ってから非常に良い形で進んでいる証拠でもあるのかも知れません。 今日のゲームは3連戦の最後のゲームで、足が張っているとか、膝が痛いとか、疲労が抜け切らないとか、そういう報告は受けていますけども、それを上回る何かが我々には宿っている。もちろん当初からのトレーニングの成果でもありますし、それで精神的にも鍛えられたかなと感じましたね。本当に全力で持っている力をすべて出し切ったゲームだったかなと思います。
今日は全部試合中に(他会場の結果の)報告を受けていまして、東京Vが1-1、湘南が1-0で勝っていて、これは最高のシチュエーションだなと思ったんですが、サッカーというのは上手くいかないとは思いましたね。ただ、我々は勝点0もしくは1で終わると可能性はほとんどないので、今でも可能性は厳しいとは思うんですが、こうしたギリギリの緊迫感・緊張感というのはやりがいがあるかなと感じています。
前半は、残り15分くらいから。何とか0-0で折り返さないといけないゲームでしたね。0-0で折り返すことが出来たので、残り15分から決めていたんですけど、並びを替えないと難しいと。向こうは中盤の4人が非常に攻撃のときは流動的に来るので、我々のようなソリッドなスタイルだと噛み合わせが良くない。我々もフリードなスタイルでゲームをしないといけないのですが、今日は攻撃においてもそのスタイルに適材適所の選手が最初からいたので、攻撃にも相乗して良い成果を生むことが出来ると。あと前半見て、斜めの飛び出しに向こうのCBがどうもついてきていないということで、ハーフタイムに変更しました。それが奏功したか分かりませんが、その形で2点を取れましたね。あとは疲労が溜まっているので、一番効率よく守る方法でもあるわけです。4-4-2というのは大体そうなので、残り45分は良いかなと。CBの2人は向こうの2トップが強力で大変だったと思いますが、飯田と飯尾は去年から慣れているのもあって上手く出来たかなと感じております」

Q:鐡戸選手の欠場で大橋選手を起用しましたが、その意図について教えてください。
「トレーニングで一番フィーリングが良かったということですね。金曜日のトレーニングを見て判断しました。そういうふうに言っておくと、皆練習頑張ると思うんで(笑)。大橋は裏に出て行くタイプではないですよね。本人もそれは分かった上で、選手間の距離は思ったよりも良くなかったですが、それを後半に良さを出すために、ない頭で弾き出したのがそういう形に変更することでした。大橋が出ていなければ、違う形だったかも知れないです。このチームはそういうことをしなければ勝ち進むことが出来ないので、今日は個人の良さを最大限に出せたと思います。FKも惜しかったですね。壁がちょっと前でしたね。今日は大橋が本当に良かったと思います」

Q:大橋選手が入っていたからこそ良い形で出来た?
「前半のままでいけば、0-3か0-4の展開でしたね。大橋の良さはしっかりポジションをとってスペースを埋めて、ルックアップした時には一番力を発揮出来ますから。もしかしたらこれからも大橋を入れてそういう形にするかも知れません。皆も良くアジャストしていますよね。大したもんだと思います」

Q:2得点の印象と、残り3試合となった今後への課題は?
「水戸さんは最終ラインのトレーニングを重ねていて、コンパクトな状況をつくって、トラッキングしたりリリースしたり、最終ラインはJ2でも一番ですね。まさに教科書通りです。うちも真似したいくらいのタイミングと判断ですよ。だからこそ、その前のところでボールを受けることが必要だったんですね。その隙間も今日は西岡がいなかったので、そこが少しルーズになるかなと思っていましたが、前半はなかったですが後半は少しずつずれが生じて有利になったかなと。他にもチャンスはありましたが、そこで決める力があれば今頃2位にいるかも知れないですね(笑)。ただ回数多く、繰り返してやることは必要です。遠目からシュートを打つ意識は出てきましたよね。やっぱり今日のような疲労が蓄積している時はシュートで終わることは必要でしょうね」

Q:ホーム3連戦を2勝1引き分けで終わりましたが、残り3戦にどう繋がりますか?
「勝点が少なければ、白旗あげて退散しなきゃいけないですからね。残り3試合で少なからず可能性があることをまずは素直に喜びたいと感じています。この3つで最大の勝点をとって天命を待たなければいけないので、千葉さんと大分さんは自分たちより上にいるチームですから、良い終わり方を出来るように。あと4時間半だけですよね(90分×3試合=270分)。ラストスパートを走り抜けたいと思います」

トップへ戻る