試合日程
MATCH SCHEDULE

Jリーグ ディビジョン2 第12節 VS ザスパクサツ群馬

5月3日(金) 13:00 Kick off アルウィン

松本山雅FC

  • 66' パク カンイル
試合終了

1 1

0 前半 1

1 後半 0

ザスパクサツ群馬

  • 30' 平繁 龍一

MEMBERS

  • GK 25 白井 裕人
  • DF 15 川鍋 良祐
  • DF 23 多々良 敦斗
  • DF 4 飯田 真輝
  • DF 16 鐡戸 裕史
  • MF 6 岩沼 俊介
  • MF 5 小松 憲太
  • MF 14 玉林 睦実
  • MF 18 楠瀬 章仁
  • FW 10 船山 貴之
  • FW 20 長沢 駿
サブ
  • GK 1 野澤 洋輔
  • DF 11 喜山 康平
  • MF 17 ユン ソンヨル
  • MF 24 パク カンイル
  • FW 7 北井 佑季
  • FW 19 塩沢 勝吾
  • FW 33 中村 亮太
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

HT'

楠瀬 章仁

北井 佑季

62'

鐡戸 裕史

パク カンイル

85'

長沢 駿

塩沢 勝吾

CARD

68'

小松 憲太

STATS

シュート 10
GK 9
CK 5
直接FK 21
間接FK 1
オフサイド 1
PK 0

MEMBERS

  • GK 1 内藤 圭佑
  • DF 30 増田 繁人
  • DF 5 中村 英之
  • DF 4 小柳 達司
  • DF 29 夛田 凌輔
  • DF 19 黄 誠秀
  • MF 18 加藤 弘堅
  • MF 14 横山 翔平
  • MF 7 青木 孝太
  • FW 10 平繁 龍一
  • FW 8 遠藤 敬佑
サブ
  • GK 22 北 一真
  • DF 28 瀬川 和樹
  • MF 25 坂井 洋平
  • MF 11 小林 竜樹
  • FW 20 野崎 桂太
  • GK  
  • GK  
監督
秋葉 忠宏

MEMBER CHANGE

53'

加藤 弘堅

坂井 洋平

72'

遠藤 敬佑

小林 竜樹

80'

平繁 龍一

野崎 桂太

CARD

17'

加藤 弘堅

41'

遠藤 敬佑

49'

黄 誠秀

72'

黄 誠秀

72'

黄 誠秀

STATS

シュート 7
GK 13
CK 3
直接FK 19
間接FK 0
オフサイド 0
PK 0
主審 荒木 友輔
副審1 大西 保
副審2 清水 崇之
第4の審判員 山際 将史
入場者数 11881人
天候・風 晴/弱風
気温/湿度 14.7℃/28%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/乾燥

試合後のコメント

■反町監督記者会見のコメント

「13時から13時45分までは昼寝をしていました。14時からやっと目が覚めて活動したという試合でしたね。相手が1人少ないのを考えれば、ゲームをひっくり返したい気持ちもあったのですが、今の我々の現時点の力を考えるとそう簡単にはいかないかなというのも実情かなと思います。チームの総合力は上がってきているので、今日も途中から入ったカンイルが点をとりましたけども、途中から入ってきた選手が点を取るというのは、昨年はふっと思い出したのは久富くらいであまりなかったんですけども。チーム内の競争がかなり激化していて、その意味でチームを預かる人間としては嬉しいですよね。特にこういう連戦ですね。あと3日後には試合がありますから、次のメンバーを少し考えないといけないんですけども、その点は非常に嬉しく思っております。ただ前半と後半が違う内容であるとか、前も話しましたけどそういう波がありすぎる。これはチームの実力がついていないという証拠にもなるかもしれません。安定したゲームが出来るように何とかしていかないといけないのですが、まだ少し足りないかなという感じでしたね。ああいうカウンターで簡単に失点してしまうと、結局自分たちで自分たちの首を絞めて、ゲームを苦しくしているだけなんですよね。例えば相手がガンバさんとか神戸さんとやった時みたいに『これはちょっと…』というのではなくて、自分たちで首を絞めちゃっている。そこが問題だと思います。とはいえ次の試合は来るわけであって、京都さんは上位争いしているチームだと思うので、我々の良さを出せるように頑張りたいなと思っています」

Q:1点ビハインドの後半、戦略を変えた部分はありますか?
「本当は向こうも完全に1トップになっていてボランチのところを埋めているわけで、2バックというか4バックにしても良いので試合中でも悩んだのですが、前半の失点が走馬灯のように浮かんでくるわけですよ。つまり2対2のシーンでやられてしまうわけですよ。そう思うと、そこでシステムを変えたことによって失点すると次の試合への精神的ダメージが強すぎる。そういう質問がくると思ったので先ほど言葉を濁したのですが、我々の今の実力はこのくらいなんですよね。だから大きく変更することは出来なかったと。
あと、何回もミーティングでも話したのですが、今日のレフェリーは初めてということで、笛を吹く回数が多かったですよね。今年のレフェリーはあまり吹かないですけど、多分今日は17から18回くらい吹いているんじゃないですかね。なのでセットプレーが多くなると。それを含めて早くカンイルを入れたのは正直あります。あとは楠瀬の良さはずっと動き続けることなんですけど、今日はスタンディングでお休み状態だったので、連戦ですし後半から新しい選手を早く入れた方が良いと。相手のウィークなところも十分研究していたのでそこをつきたかったんですけど、なかなかそこまではいかなかったですね」

Q:開幕からここまでホーム未勝利ですが、原因は?
「周りがそう言い始めてしまうと、選手たちのなかにも力が入ってしまうのは正直否めないと思いますけど、ただそんなプレッシャーに負けているようじゃ給料を貰っている選手とは言えませんから、そういうものにも打ち勝っていかないといけない。特に今日は、後半攻めている時はサポーターもボルテージが上がって応援してくれましたよね。残念ながら点は取れませんでしたが、そのボルテージは我々の大きなアドバンテージですからね。今日も多くのサポーターの皆さんに来ていただいて、盛り上がりましたけど最後は、という試合になってしまいました。ですが、チームには勢いというか前向きな姿勢というのは出始めていると思うので、残念ですが下を向く必要はないし、勝点3をとれるようなゲームプランを作ってやるしかないと思います。あと有難かったのは、今日は風が無かったことです。アドバンテージの一つだったかも知れません(苦笑)」

Q:飯尾和也選手がコンディション不良で外れましたが、誤算でしたか?
「シーズン前から選手の負傷ということは考えてチーム編成をしていますから、誰かが怪我したことで機能しなくなるとここで私が言ってしまうと、チームが崩壊してしまいますからね。当然最初は11人で試合するわけですから、そのためのトレーニングをして、そのための練習試合をなるべく外に出てやっているわけですから、その影響があったということは何とも言えないですね。ただ今日の後ろの3枚も、試合をやって分数を重ねるごとに少しずつ安定してきましたけど、本当はもう少し安定させた方が良いですよね」

Q:群馬のような相手になかなか自分たちの良さを出せない印象がありますが?
「それはお互い様でしょうね。皆さんの期待が高いのでどうしても私のネガティブな言葉を待っているかと思いますが、最初から何回も言ってきていますが、まだまだ我々は2年目のひよっこですよ、21番目ですよ、と言ってきているわけです。そんなに飛躍的に選手の技術レベルが上がることはないわけです。そうすると殆どのゲームも自分たちの良さを出そうと思っても出せなかったり、逆に我々も相手の良さを出さないように色々やったりしているわけですよね。例えば一つレベルの高い京都さん、神戸さん、ガンバさんだとそれは自分たちの良さをその上でも出せると思いますが、年齢も給料も同じくらいの相手とやると、こういうゲームになってしまうわけですよね。そういうなかでも本当は出したいですよ。ただそうなる試合は厳しい言い方になりますが一年で1試合か2試合になると思います。そのなかでも我々はこの厳しいリーグを勝ち残って、更に一桁の順位を目指して頑張っていきたいと思っています」

Q:そのなかで勝点を積み上げるためには?
「やはりこれから夏場を迎え、連戦もありますが、我々の武器である走力や前への推進力などそういった良さを活かしていければいいかなと思います」

Q:20分間ほど1人多い時間となりましたが、そこでどのような指示を?
「先ほどの答えと似ていますが、まだ少し不安定な部分があるので、その不安定な部分を除いてまでやるような状況ではないと捉えていただければと思います。それと向こうのセンターバックは足をつりかけていてスピードもなくなっていたので、北井や玉林には『前向いたら仕掛けて行け』と。それで何回かチャンスを作っていましたよね。あとはうちのセンターバックがもっとボールを持ち運べれば良いのですが、持ち運んでセンターラインを超えられる選手は今のところいないですよね。もう少し局面局面で数的優位を作れればいいと思うのですが、皆さんは1人少ないと簡単に点をとれるとお思いでしょうが、サッカーではなかなかそういう風にはいかない部分が多いと思います」

トップへ戻る