試合日程
MATCH SCHEDULE

Jリーグ ディビジョン2 第11節 VS 愛媛FC

5月3日(土) 13:00 Kick off アルウィン

松本山雅FC

  • 19' サビア
  • 58' 船山 貴之
試合終了

2 1

1 前半 1

1 後半 0

愛媛FC

  • 28' 堀米 勇輝

MEMBERS

  • GK 21 村山 智彦
  • DF 23 多々良 敦斗
  • DF 4 飯田 真輝
  • DF 13 犬飼 智也
  • DF 3 田中 隼磨
  • MF 15 岩間 雄大
  • MF 6 岩沼 俊介
  • MF 8 岩上 祐三
  • MF 11 喜山 康平
  • FW 9 サビア
  • FW 10 船山 貴之
サブ
  • GK 25 白井 裕人
  • DF 2 大久保 裕樹
  • DF 14 玉林 睦実
  • DF 16 鐡戸 裕史
  • MF 17 ユン ソンヨル
  • MF 34 椎名 伸志
  • FW 19 塩沢 勝吾
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

74'

サビア

塩沢 勝吾

79'

喜山 康平

ユン ソンヨル

89'

船山 貴之

鐡戸 裕史

CARD

STATS

シュート 13
GK 9
CK 4
直接FK 8
間接FK 0
オフサイド 0
PK 1

MEMBERS

  • GK 1 児玉 剛
  • DF 28 ハン ヒフン
  • DF 25 村上 佑介
  • DF 23 林堂 眞
  • DF 2 浦田 延尚
  • DF 17 キム ミンジェ
  • MF 7 村上 巧
  • MF 10 原川 力
  • MF 14 堀米 勇輝
  • FW 19 渡辺 亮太
  • FW 24 表原 玄太
サブ
  • GK 31 大西 勝俉
  • DF 3 代 健司
  • MF 16 江口 直生
  • MF 22 近藤 貫太
  • MF 26 藤 直也
  • FW 18 西田 剛
  • FW 20 河原 和寿
監督
石丸 清隆

MEMBER CHANGE

45'

浦田 延尚

代 健司

67'

堀米 勇輝

河原 和寿

81'

渡辺 亮太

西田 剛

CARD

55'

林堂 眞

78'

渡辺 亮太

STATS

シュート 11
GK 10
CK 2
直接FK 11
間接FK 2
オフサイド 2
PK 0
主審 吉田 哲朗
副審1 竹田 和雄
副審2 藤田 稔人
第4の審判員 熊谷 幸剛
入場者数 13732人
天候・風 晴/弱風
気温/湿度 22.4℃/38%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/乾燥

試合後のコメント

■反町監督記者会見のコメント

「村井チェアマンが訪問されたゲームで、沢山のお客さんのいる良い雰囲気のなかでやらせてもらい、しかも勝つことが出来て嬉しく思っています。チェアマンはシャトルバスで来たということで、素晴らしいことだと思います。ただ素直に喜べない自分もいます。サッカーは勝てば全部オーケーで負ければ全部ダメではないので、今日は勝点3は良かったが全て手放しで喜べないゲームだったかなと思います。連戦と太陽が出ているこの暑さで少し集中力とかが欠けていましたよね。その意味では残念ながら前節とあまり変わらない前半だったかなと思います。楽してボールを奪えることはないわけであって、愛媛さんの方がボールスキルは優れているので、ハードにタフにプレスバックを連続して3、4回はしないとボールを奪えないよという話をして後半は送り出しました。少しは淡白ではなくしつこいディフェンスが後半は出来たと思います。向こうは後ろのメンバーが替わったこともあるかもしれませんが、サイドにビッグスペースがあった。特に我々の左サイドはビッグスペースがあったので、そこから攻撃のチャンスが幾つか作れた結果になりました。それは向こうの村上選手がかなり攻撃的に来るというのもスカウト済みで、そこが攻撃の手段のひとつかなと思っていました。あれがPKかどうかはチェアマンが判断してくれると思いますが、そういうチャンスが少なからず出たと思っています。もう一回蹴らしてもらったこともチェアマンに任せますけども(笑)、スタッフ含めて我々全員の努力でそういう所で少し運がこちらに傾いた部分も正直あると思っています。我々が力を発揮するのは4連戦の最後の試合なので、一番過酷な状況の中で一番遠いような場所で昼間のゲームという悪条件が続いていますが、逆境に強い我々としては是非とも勝点3をとって、今日たくさん応援してくれた子供たちに大きなお土産を持って帰りたいと思っています」

Q:今日は前節から先発を2選手入れ替えましたが、その意図と特にサビア選手の評価について。
「塩沢選手はやれることは多いんですが少なくなってきていたので、連戦ということで前にフレッシュな力が欲しいということですね。得点シーンもそうですが塩沢と少し違うのは、前に仕掛ける力がある。前の三角形がぶっつけ本番という部分は正直ありましたが、プレシーズンでは一緒にやっているわけですから、そういったフィーリングも出てきました。彼はワンタッチシューターですから、怖いゾーンに入っていく力がある。彼らしいゴールだったと思います。最後はゲーム体力は100%いかないので塩沢に替えました。後ろも一人替えました。(飯尾)和也本人にも話しましたが、前節の敗戦が全て彼に起因しているわけじゃない。他にも集中力の欠如や1対1の対応など起因している選手はいるわけですが、だからと言って和也がパーフェクトだったわけじゃない。チームとしてやらないといけないことをもう一回見直すという意味で、他の選手をピッチに立たせてチーム内競争を促すことも大事だと思います。上手くいかなかったことも次の試合にと奮起させて、どんどん成長していかないという話はミーティングでもしました。チーム戦術としてはちょっとだけですが悪くはなかったと思います。ただ、こっちがしっかり出来るとこっちが出来なくなる。両方出来てチーム力が上がることになるので、短い時間ではありますが、修正しないといけないと感じています」

Q:失点場面も含め、バイタルエリアを使われましたが?
「良い質問ですね。バイタルを閉じると、今度は前からのプレッシャーが行けなくなる。前からプレッシャーに行くとバイタルが空いてくる。その意味では向こうはセンターサークルからバイタルに向けてのボールの流れを意識していましたよね。それは今日の試合で驚いたわけじゃなくて、試合前から言っていたことなんですけど。それだけじゃなく、他の選手との連動が悪いためにそこが目立ってしまったという言い方になるかもしれません。後半はそこを使われてもちゃんと蓋をしていたことが多かったですよね。でも前半は蓋をしきれずに抜かれたことが多かったですが、そこは前半と後半で少し違ったと思います。1つはウディネーゼみたいにやりたかったんですが、そうはいかなかったのでどこを捨てるかということを考えた上で、身近なバイタルのところでしっかり抑えるという形になりましたね。話をすれば落ち着いて出来るという言い方にもなりますよね。結局やられて危機感がうまれても『大丈夫、そこで抑えればいい』ということをハーフタイムに言えば、自信を持って出来たんじゃないでしょうか。喜山にしても(岩間)雄大にしてもかなりプレスバック出来たし、最後は(船山)貴之、(岩上)祐三もやれるようになりましたね。途中から入った(鐡戸)裕史もそうですね」

Q:結果的にミラーゲームを選ばれたが狙いは?
「でも向こうはミラーゲームをしていないですよ。ビルドアップの時は違う形をしていますから。それをわかったうえで我々は1対1の部分で少し劣るのは正直あるかも知れませんが、今はそういう準備をするには時間もなく、この前の敗戦を含めて問題点を整理するには色んなことをやらずに正々堂々と正面からぶつかった方がいいと」

Q:残り15分足が止まらなかったように見えましたが戦い方については?
「昨日練習にチェアマンがいらっしゃって、皆の前で『最後まで足を止めるな』という訓話をされたんですね。だから私よりもコーチング効果があったんじゃないかと思います(笑)。今日の勝利はチェアマンのおかげだと思います。ただ、これは逆に言うと、我々も次の試合がそういうことになりかねない。つまり連戦で移動も遠く、残り15分で差が出るわけです。今日の愛媛さんも遠いところから空路と陸路で来て大変ですよね。我々もそういう諦めない姿勢の大事さを充分感じていますし、確かに今日の最後の15分はもっとも走れない岩間でさえボールのあるところにちゃんとプレッシャーに行って拾ってという事が出来ていましたからね。それは我々の強みなのでもっと連戦をやりたい、とチェアマンにお話しようと思ったんですが、帰られちゃいました(笑)」

Q:もっと得点のチャンスはあった?
「そんな簡単に点を取れればもっと上の順位にいますからね。そんなに簡単に点というのは取れないわけですが、チャンスは多く作れたと思います。リードしていても後方から飛び越していくとか分厚くするとか、我々らしさは最後の時間帯でも随所に出せたと思います」

Q:永井堅梧選手がU-22選抜に選ばれたが、明日の試合に向けてメッセージをお願いします。
「明日もテレビ放送があるみたいなのでどうしようか考えていますが、今夜中に相手の分析が済めば永井の勇姿を見に行きたいと思います。うちのチームではゲームチャンスはありませんが、日の丸をつけている我々よりも偉い立場の選手ですから、(対戦相手の長野で監督をしている)美濃部監督には悪いけどゼロで抑えてほしいと思います。恐らく45分間になると思いますが、将来的にチームのプラス、日本のプラスになれるような活躍をしてほしいと思います」

トップへ戻る