試合日程
MATCH SCHEDULE

2015 明治安田生命 J1リーグ 2ndステージ第6節 VS ベガルタ仙台

8月12日(水) 19:00 Kick off ユアテックスタジアム仙台

ベガルタ仙台

  • 57' 金園 英学
  • 85' 金園 英学
  • 89' ハモン ロペス
試合終了

3 1

0 前半 1

3 後半 0

松本山雅FC

  • 9' 岩上 祐三

MEMBERS

  • GK 1 六反 勇治
  • DF 25 菅井 直樹
  • DF 2 鎌田 次郎
  • DF 5 石川 直樹
  • DF 23 二見 宏志
  • MF 10 梁 勇基
  • MF 17 富田 晋伍
  • MF 6 キム ミンテ
  • MF 8 野沢 拓也
  • FW 7 奥埜 博亮
  • FW 11 金園 英学
サブ
  • GK 21 関 憲太郎
  • DF 4 蜂須賀 孝治
  • DF 29 上本 大海
  • DF 33 多々良 敦斗
  • MF 14 金久保 順
  • MF 26 藤村 慶太
  • FW 20 ハモン ロペス
監督
渡邉 晋

MEMBER CHANGE

71'

二見 宏志

蜂須賀 孝治

77'

奥埜 博亮

ハモン ロペス

84'

野沢 拓也

金久保 順

CARD

22'

鎌田 次郎

53'

二見 宏志

STATS

シュート 8
GK 4
CK 2
直接FK 12
間接FK 0
オフサイド 0
PK 0

MEMBERS

  • GK 1 村山 智彦
  • DF 36 安藤 淳
  • DF 30 酒井 隆介
  • DF 4 飯田 真輝
  • DF 3 田中 隼磨
  • MF 6 岩沼 俊介
  • MF 23 工藤 浩平
  • MF 11 喜山 康平
  • MF 5 岩間 雄大
  • MF 8 岩上 祐三
  • FW 39 阿部 吉朗
サブ
  • GK 25 白井 裕人
  • DF 16 鐡戸 裕史
  • MF 17 飯尾 竜太朗
  • MF 20 石原 崇兆
  • MF 22 前田 直輝
  • FW 9 オビナ
  • FW 15 ウィリアン
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

71'

阿部 吉朗

オビナ

79'

工藤 浩平

前田 直輝

87'

喜山 康平

ウィリアン

CARD

27'

岩上 祐三

81'

オビナ

STATS

シュート 9
GK 10
CK 5
直接FK 15
間接FK 0
オフサイド 0
PK 0
主審 井上 知大
副審1 竹田 和雄
副審2 木川田 博信
第4の審判員 林 可人
入場者数 15757人
天候・風 晴・無風
気温/湿度 25℃/85%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/水含み

試合後のコメント

■反町監督記者会見のコメント

「ここ最近、前半と後半がまったく違う顔の試合が多くて。前までは前半がまったく不甲斐なくて後半が良いという試合展開が我々にとって多かったんですが、今日はまったくその逆で前半が良くて後半が悪かった試合だったと思いますね。悪くても悪いなりに何とか要所をしっかり抑えられれば点差を離して勝てるような試合だったかも知れないんですが、やはり私を含めた選手を含めた力不足の部分が露呈してしまったゲームだったかなと思いますね。非常に辛い逆転での敗戦ですけれど、これを次に繋げていかなければまったく意味がないものであって、連戦ですし次はホームで鬱憤を晴らしたいなという気持ちは強いです」

Q:後半に強い仙台に対して、備えていたと思うが?

「やはりああいうミスは絶対に逃さないのがJ1のチームであって。それは常々言っていますが、そういうところでしっかりしたプレーができないのがうちの現状だと思います。これを90分間やって初めてサッカー選手として成立するのであって、それが89分ではダメですし。そのために日々努力してやっていますが、そこでやはり流れは大きく変わったと思いますし、我々も前半でも決めるべきところとか、後半でも決めるべきところを決めきれなかった。ガムシャラにゴールに突っ込んでいける金園と淡白な我々との差が出たのかなと思います」

Q:後半の流れを失った要因は?

「我々はゲームを客観的に見てやるようなチームではない。そこまでチームとしての経験値とか戦術的技術的な部分はないので、最初からやれることをしっかりやるというスタンスでシーズンを始めてきました。インテンシティーの部分がかなり高いのはありますけど、どこかで休んでしまって90分間続けられない。それができて初めてJ1に君臨するチームになるわけであって、まだ少しそういうところが残念ながら足りない。何回もここで弁明しているわけではないですが、シーズン前から分かっていることですからね。それを何とかうまくいい方向に持っていくべく努力しています。今日は後半、向こうのサポーターの圧力含めて、圧倒された部分はあると思います」

Q:3失点を振り返って、それぞれの問題点は?

「失点の部分だけを切り取って分析しても、もちろん個の部分はありますけども、まずはチームとして反省しないといけないところだと思います。例えばコミュニケーションだったり連携だったり闘い方の問題であったり色々あると思います。ただよそ行きの顔で試合をすることほど、選手にとってハイストレスなことはない。やはり自分たちの力をうまくオーガナイズして、チームに落とし込んでやってきたつもりでいるので、その点については要するに何があろうと全部私の責任であって、選手が否を問われることはないと思います。勿論責任もってプレーしてますし、皆ミスしようと思ってやってるわけでもないですし、別に手を抜いているわけでもない。だからこそ辛い部分はありますけどね」

Q:リーグ戦初先発の阿部吉朗選手のプレーについて?

「動き自体は、こちらが要求したことはできたと思いますよ」

 

 

岩上祐三選手のコメント

Q:先制点を振り返って。

「あれに関しては、安藤君が良いボールを送ってくれたのもあるし、イーちゃん(飯田)が前で潰れてくれたというのもある。チームに感謝しないといけないゴールだったと思います」

Q:後半の3失点で試合は決まってしまった。

「前半を良い形で折り返して、後半は相手も得点しているというデータもあったのでそこは集中しないといけなかったと思う。3失点は痛かったですね……」

Q:データでも分かっていたが、止められなかった。

「相手はホームということで勢いもあったし、その中で集中は切らしてはいけなかった」

 

トップへ戻る