試合日程
MATCH SCHEDULE

2018 明治安田生命 J2リーグ 第34節 VS ロアッソ熊本

9月23日(日) 14:00 Kick off アルウィン

松本山雅FC

  • 11' セルジーニョ
  • 80' セルジーニョ
試合終了

2 0

1 前半 0

1 後半 0

ロアッソ熊本

MEMBERS

  • GK 1 守田 達弥
  • DF 4 飯田 真輝
  • DF 31 橋内 優也
  • DF 2 浦田 延尚
  • MF 3 田中 隼磨
  • MF 23 岡本 知剛
  • MF 6 藤田 息吹
  • MF 29 下川 陽太
  • MF 20 石原 崇兆
  • MF 8 セルジーニョ
  • FW 9 高崎 寛之
サブ
  • GK 16 村山 智彦
  • DF 50 今井 智基
  • DF 33 安川 有
  • MF 13 中美 慶哉
  • MF 47 岩上 祐三
  • FW 11 三島 康平
  • FW 49 ジネイ
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

79'

岡本 知剛

岩上 祐三

86'

セルジーニョ

中美 慶哉

90+2'

高崎 寛之

三島 康平

CARD

70'

藤田 息吹

70'

岡本 知剛

STATS

シュート 12
GK 15
CK 2
直接FK 13
間接FK 0
オフサイド 0
PK 0

MEMBERS

  • GK 1 畑 実
  • MF 23 小谷 祐喜
  • DF 15 青木 剛
  • DF 4 園田 拓也
  • MF 2 黒木 晃平
  • MF 8 上村 周平
  • MF 27 中山 雄登
  • MF 14 田中 達也
  • FW 9 安 柄俊
  • FW 11 皆川 佑介
  • FW 19 八久保 颯
サブ
  • GK 30 佐藤 昭大
  • DF 24 高瀬 優孝
  • DF 45 横山 知伸
  • MF 20 上里 一将
  • MF 33 坂本 広大
  • MF 50 水野 晃樹
  • FW 18 巻 誠一郎
監督
渋谷 洋樹

MEMBER CHANGE

76'

八久保 颯

坂本 広大

76'

中山 雄登

上里 一将

80'

皆川 佑介

巻 誠一郎

CARD

55'

皆川 佑介

STATS

シュート 11
GK 8
CK 4
直接FK 7
間接FK 4
オフサイド 4
PK 0
主審 飯田 淳平
副審1 林 可人
副審2 櫻井 大輔
第4の審判員 上原 直人
入場者数 12478人
天候・風 曇・弱風
気温/湿度 24.5℃/58%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/乾燥

試合後のコメント

■反町康治監督記者会見のコメント
「ここ最近、なかなかホームで良い成績を収めることが出来なかったにも関わらず、足を運んでくださったサポーターの皆さんには感謝しております。ありがとうございました。
こういうゲーム展開になることは織り込み済みで準備してきたので、特に大きな驚きはありませんでした。前節(山口戦)で決めるべきところで決められなかった反省点をもとにチャンスを作り上げる、我々の良さを前面に出す、相手のウイークなところを突く。そういう点を意識してトレーニングなりミーティングをしてきましたので、それは少なからず出せたのかなと思います。90分間、辛抱強く我慢強くやるゲームだったと思いますが、選手全員が最後まで足を止めずにやり終えたのは嬉しいです。それも練習の賜物かなと思っています」

Q:80分の得点場面について、岩上祐三がロングスローを投げに行こうとしたところを止めて、受ける方にまわってからのキックが得点につながったが、それは相手のウイークを突くことを含めて何か準備をしての行為だったのか?
「いや、あれは恐らくロングスローを投げにいったわけではなく、伝達で下川にCKのマークを誰にするか近くに寄っただけだと思います。ボランチの立場から言えば、あそこでロングスローを投げるのは展開上リスクが高いですからね。あそこが狙いだったかというと必ずしもそうではないんですが、前半の1点目については浦田が蹴ったんですけど、向こうが高崎に対してのマークのタイミングが少しずれたというか、つくのが遅かったので、そこをクイック気味にやったという感じでした。先制点を取れたのは大きかったと思います」

Q:サイド攻撃やクロスも多く、真ん中のバイタルからシュートされるシーンも多かったですが、最後のシュートで足が出る、体を張る場面がありました。今日の守備の狙いと評価を。
「見ていただいたても分かるように、向こうは幅と深みをとりながら、そうは言ってもボランチを中心にパスワークで崩してくる。対峙したときにはシャドーもボランチも最終ラインも近い距離でディフェンスできるので、必然的に向こうがシュートモーションに入った時は誰かしら近くにいるという感じになりました。そういう意味ではシュートブロックしやすいシチュエーションだったと思いました。ただ、特に安(柄俊)は一発で決める力があるので、選手と話をして、そこのところはタイトにやらないといけないと。
もう一つはクロスですよね。熊本はクロスからのゴールも確か9点。クロスの数も(リーグで)6位くらいですから。それと我々だったらターゲットは高崎ひとりですけど、向こうは安と皆川(佑介)、途中から巻(誠一郎)が入ってきても二人はターゲットがいる。うちはあまり大きくないので好条件ではないのですが、その中でもやらないといけない。向こうのクロスミスにも救われましたけど、何とか先に触って、低いボールもかき出しましたし、体をぶつけることで良い形でヘディングされることはなかったかなと思います。そういう意味では相手のストロングなところも抑えられたかなという感じがします」

Q:福岡と大分が昨日のゲームに勝ち、(大分との)勝ち点1差で迎えた今日の一戦での勝ちは大きかったと思うが、率直な今日の勝利の感想を。
「今日勝ったら勝点6くれるのだったら、もっとやり方があるかも知れませんけど、勝点3しか貰えないなかで、我々は目先の試合で勝点3を取らないといけない。勝点1では足りないです。もうカウントダウンはじまって、これから2ヶ月ちょっとは熾烈な争いとなると思います。ホームもアウェイも関係なく、我々はやるべきことを全てやりきるつもりでいます」

Q:今日は下川選手、岡本選手を(スタメン)起用しました。負傷などもあると思いますがチームの総合力として、残り8試合はどういう戦いが必要になってくるか?
「今日、三島が数分ですが今季初めて試合に出ました。ここのところ調子を上げてきた面もありますし、そういう力もこれからは頼りにしないと。残り8試合、2カ月ちょっとは、カードも徐々に増えていくなかで総合力は必要になってきます。
下川は、見てのとおり溜息で終わる雑なプレーが多いですよね。今日は田中達也の右サイドでやってくるのでオフとオンの1対1のところで勝負させると。今日の前半はウチの右サイドの方に行ったので、あれが最初から90分我々の左サイド、つまり下川のサイドだったら結果は変わっていたかもしれません。ただ、そこはマッチングをしてやった方が、この試合に関してはよかったかなと思います。ボランチについては岩間がちょっと試合の出来ない状況だったので岡本にしましたけども、本来の彼の力は出せたかなと思います。これだけセンターサークル付近でボールを回されても足が止まらずにプレッシャーをかけ続けて、プレスバックやスライドなど基本的なボランチの仕事は出来ていたと思います。最後は足がつりかけていたので交代しましたけど、それくらい良くやったという言い方になるかも知れません」

■セルジーニョ選手コメント

Q:アルウィンで4試合ぶりの勝利となったが?
「今日は本当に大事な試合で、本当に大事な勝点3でした。選手全員が良い仕事をしたと思います。個人的にはピッチに立てていることを神様に感謝したいと思いますし、なかなか勝ちきれないなかで悪いイメージを覆すことが出来て嬉しいです」

Q:2得点を挙げてチームの勝利に貢献したが?
「それぞれイメージどおりでした。自分は日本語がそれほど話せないのですが、高崎選手とは仲が良いので、そこがピッチでも表現できたのかなと思います。日本に来た当初から高崎選手には助けられている部分が多いですし、本当に感謝したいですね。残り試合も少なくなりましたが、『これからは毎試合、決勝戦のつもりで戦っていこう』と選手全員で話し合っています。今は次節のことだけを考え、自分たちの目標に向けて一歩一歩頑張っていきたいと思います」

トップへ戻る