試合日程
MATCH SCHEDULE

2019 明治安田生命 J1リーグ 第1節 VS ジュビロ磐田

02月23日(土) 15:00 Kick off ヤマハスタジアム

iwata_l

ジュビロ磐田

  • 71' 川又 堅碁
試合終了

1 1

0 前半 1

1 後半 0

松本山雅FC

  • 8' 岩上 祐三

エプソン 松本山雅FC 月間MVP投票フォーム
(応募締切:2019/02/25 23:59)

MEMBERS

  • GK 21 カミンスキー
  • DF 3 大井 健太郎
  • DF 25 大南 拓磨
  • DF 41 高橋 祥平
  • MF 10 中村 俊輔
  • MF 14 松本 昌也
  • MF 15 アダイウトン
  • MF 19 山田 大記
  • MF 30 上原 力也
  • FW 11 ロドリゲス
  • FW 22 大久保 嘉人
サブ
  • GK 31 志村 滉
  • DF 4 新里 亮
  • DF 28 石田 崚真
  • MF 8 ムサエフ
  • MF 27 荒木 大吾
  • FW 16 中野 誠也
  • FW 20 川又 堅碁
監督
名波 浩

MEMBER CHANGE

54'

中村 俊輔

川又 堅碁

69'

ロドリゲス

荒木 大吾

81'

上原 力也

ムサエフ

CARD

STATS

シュート 11
GK 10
CK 7
直接FK 12
間接FK 0
オフサイド 1
PK 0

MEMBERS

  • GK 1 守田 達弥
  • DF 31 橋内 優也
  • DF 44 服部 康平
  • DF 15 エドゥアルド
  • MF 47 岩上 祐三
  • MF 6 藤田 息吹
  • MF 14 パウリーニョ
  • MF 42 高橋 諒
  • MF 8 セルジーニョ
  • FW 11 永井 龍
  • FW 7 前田 大然
サブ
  • GK 16 村山 智彦
  • DF 3 田中 隼磨
  • DF 5 今井 智基
  • MF 13 中美 慶哉
  • MF 25 町田 也真人
  • MF 32 安東 輝
  • FW 9 高崎 寛之
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

78'

永井 龍

高崎 寛之

87'

岩上 祐三

田中 隼磨

90'

セルジーニョ

中美 慶哉

CARD

STATS

シュート 13
GK 9
CK 5
直接FK 16
間接FK 2
オフサイド 2
PK 0
主審 家本 政明
副審1 八木 あかね
副審2 山際 将史
第4の審判員 野田 祐樹
入場者数 14469人
天候・風 曇・弱風
気温/湿度 17.7℃/20%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/乾燥

試合後のコメント

■反町監督記者会見のコメント
「J1になるとメディアが多いですね。お客さんも多いですし、やはりJ1の舞台でやるというのは、選手にとっても我々スタッフにとっても非常に意義深いものだなと感じております。そう考えますと、目的である「トップ15」に入れるように頑張らないといけないと強く思っています。
何と言っていいのか分からないような、残念という言い方にも良くやったという言い方にもなるようなゲームだったと思います。一瞬の隙を与えてしまうとこうなるという教訓になりましたので、そこは足元を見てやらないといけないですね。ただ全体的にはJ1の水にあまり慣れていないところもあるなかで、開幕としては良くやったかなと思います。もちろんコンペティションですから勝ち点3を取らないといけないと思いますが、出来るかぎりのことは今日やれたかなと思います。たくさんのサポーターにも来ていただきJ1らしいムードというのはこういうことなんだなと感極まっていますが、次の試合に向けて頑張っていきたいなと思っています」

Q:ボールがないサイドをあえて捨てて、ボールサイドに寄せて中央を閉めるという守備が明確に見えたと思いますが、狙いと評価を。それにしては後半にクロスを上げさせすぎた印象がありますが。
「川又(堅碁)は昨季のゴールを見ても、ほとんどがクロスからのものですから、向こうも一つの武器としてモードチェンジしたというのはあると思います。ボールサイドでボールを奪うというのは世界のサッカーの常識であって、アダイウトンやロドリゲスが逆サイドに張っていようが攻め残っていようが、それは関係なく我々の目指すところに行き着くためにやっているわけです。逆にそうやって残っている分だけ我々もチャンスを作れるわけです。それは表裏一体あります。ただ我々としてはボールを保持する時間が長くないとは感じていましたから、その分だけ運動量がかなり問われました。要はアップダウンですが、それに耐えうる体力はついているので、その意味では我々らしいサッカーだとは思いました。どちらかというと磐田さんはクロスに頼るようなチームではないので、ある意味で真ん中のところは想定内のやられ方だったので修正しないといけないですね」

Q:新加入の服部康平、エドゥアルド、高橋諒の起用と出来について。
「失点をゼロに近づけるのがGKを含めた後ろの仕事なので、簡単にあっさりやられてしまうと及第点を与えることは出来ないでしょうね。そういうトレーニングもしっかりしてきたつもりですから。そうは言っても1ヶ月ちょっとで新しく加入した選手にとっては、もしかしたら見ることも聞くことも初めての部分もある中で良くやったと思いますよ。及第点は与えられないけども、良くやったなと。星ひとつという感じですかね(苦笑)。ただチームはリニューアルしていかないといけないので、昨季のメンバーも一所懸命やっていますし、チーム内の競争がそのままJ1のコンペティションでやれるようにしていきたいと思います。それは他の選手も一緒で、高橋にしても良くやったかなとは思います」

Q:J1の舞台で初出場となった服部の評価は?
「少し粗いところはありますけど、徐々にJ1の舞台に慣れてほしいと思います。彼の良いところはありますし、課題の部分はどんどん良い方向にに持っていくのが我々の仕事なので期待しています」

 

■岩上祐三選手のコメント

Q:開始直後の8分、FKから先制点を決めたが?
「相手の壁の位置もそうですし、中にエドゥアルドやパウロ(パウリーニョ)も入っていてくれたので、そういう部分での駆け引きというのに上手く勝てたのかなと思います。あとは(キックの)スピードを意識して強いボールを蹴りましたし、入ってくれてよかったです」

Q:試合全体を通しての感想は?
「やはり(磐田の左サイドの)アダイウトン選手は正直スピードもあって、スカウティングから張ってくるというのは分かっていたんですけどボールを持たれると怖い選手でしたね。ただ、その中で上手く守れたかなというのはあります」

トップへ戻る