試合日程
MATCH SCHEDULE

2019 明治安田生命 J1リーグ第4節 VS サンフレッチェ広島

03月17日(日) 15:00 Kick off エディオンスタジアム広島

hiroshima_l1.png

サンフレッチェ広島

  • 61' 柏 好文
試合終了

1 0

0 前半 0

1 後半 0

松本山雅FC

MEMBERS

  • GK 38 大迫 敬介
  • DF 2 野上 結貴
  • DF 5 吉野 恭平
  • DF 19 佐々木 翔
  • MF 3 エミル サロモンソン
  • MF 40 川辺 駿
  • MF 17 松本 泰志
  • MF 18 柏 好文
  • MF 30 柴﨑 晃誠
  • MF 7 野津田 岳人
  • FW 20 ドウグラス ヴィエイラ
サブ
  • GK 34 中林 洋次
  • DF 23 荒木 隼人
  • MF 25 松本 大弥
  • MF 27 清水 航平
  • MF 14 森島 司
  • FW 16 渡 大生
  • FW 10 パトリック
監督
城福 浩

MEMBER CHANGE

62'

エミル サロモンソン

清水 航平

76'

ドウグラス ヴィエイラ

パトリック

87'

柴﨑 晃誠

渡 大生

CARD

STATS

シュート 10
GK 7
CK 3
直接FK 14
間接FK 3
オフサイド 3
PK 0

MEMBERS

  • GK 1 守田 達弥
  • DF 44 服部 康平
  • DF 31 橋内 優也
  • DF 15 エドゥアルド
  • MF 47 岩上 祐三
  • MF 14 パウリーニョ
  • MF 6 藤田 息吹
  • MF 42 高橋 諒
  • MF 8 セルジーニョ
  • FW 7 前田 大然
  • FW 11 永井 龍
サブ
  • GK 16 村山 智彦
  • DF 3 田中 隼磨
  • DF 4 飯田 真輝
  • MF 13 中美 慶哉
  • MF 20 杉本 太郎
  • MF 32 安東 輝
  • FW 9 高崎 寛之
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

68'

永井 龍

杉本 太郎

77'

セルジーニョ

高崎 寛之

82'

藤田 息吹

安東 輝

CARD

90+2'

エドゥアルド

STATS

シュート 2
GK 6
CK 2
直接FK 14
間接FK 2
オフサイド 2
PK 0
主審 福島 孝一郎
副審1 岡野 宇広
副審2 森川 浩次
第4の審判員 野田 祐樹
入場者数 13131人
天候・風 晴・中風
気温/湿度 14.9℃/36%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/水含み

試合後のコメント

■反町康治監督記者会見のコメント
「我々にとって(広島)は、遠隔地になりますが、800人近いサポーターの皆さんが最後まで鼓舞してくれて本当に感謝しています。
結果は残念なモノとなりましたが、真摯に受け止めて次に向かっていきたいと思っています。
また遠隔地で松本は雪が降るというたいへんな状況でしたので、(水曜日の)ルヴァンカップ(グループステージ第2節・G大阪戦)から今日に至るまで会社にも配慮してもらって、(関西の)良い環境のなかで練習させてもらったことを感謝しております。それだけにこのゲームは勝ちたかったのですが、それは残念ながら叶いませんでした。
ただ自分たちの時間帯もありましたし、逆に言えば少しボールを持たされていたところもありました。いわゆるミラーゲームで、決定打がどちらにあったかなというところに尽きるのかなという感じもします。これがJ1なので、ほんの一瞬の隙を与えてはいけないし、一瞬の隙を突く力が我々にあったかと言えば、まだまだです。その意味では広島さんは、我々よりも二枚も三枚も上だなと感じました。
(次節まで)2週間空きますので、もう一回リセットして、次はホームで強敵の(川崎)フロンターレさんですけど、頑張っていきたいと思います」

Q:おそらくお互いの左サイドでギャップを作る狙いがあったと思うが、広島は作れて、松本が作れなかったのは?
「柏(好文)は、ああいう持ち方で、そこから中に入ってくるという分かりやすい選手なんですが、それでもやられてしまったのは少し問題だったと思います。我々も左は確かにそうなんですが、少し直線的な部分があったので、そうした意味で向こうの方が少し上だったと感じました。(エミル・)サロモンソンがかなり高い位置を取ることによって、高橋があまり高い位置に行けなかったというのもあります。ボールを保持されていれば、サロモンソンは最後までやる力があるので、どうしても引っ張られますから仕方ないですよね。その分だけ後ろのスペースを上手く使えたらなと思ってはいたものの、手堅い広島さんには少し無力だったかもしれません」

Q:ここまでリーグ戦4試合で2得点ですが、攻撃面で少し物足りなさがあるが、得点に繋がらない要因は?
「それが分かっていれば当然すぐに改善できるんですけど。攻撃の連動性と最後のクロスの場面など、カッターのように切れる攻撃ができているかというとそうではないので、その鋭利さを作らないといけないでしょうね」

Q:(4年前にJ1初チャレンジだった)2015年も4試合を終えた段階で、1勝1分2敗でした。このままズルズル行って同じような結果にならないためにも、この2週間でどういう部分を修正していきたいか。
「連戦でしたので、リフレッシュをしっかりさせること。課題をしっかり消化するということ。明日も一週間後もトレーニングマッチを予定していますが、もう一度チームの競争力を高めると同時に、チームの問題点などをしっかり狙いを持ってやっていきたいと思います」

Q:後半、永井選手と杉本選手を交代して前田選手の1トップにしたり、高崎選手を1トップにしたりといろいろな手を打ったと思いますが、その狙いは?
「大然と高崎の2トップにして、トップ下に杉本を置いた形です。そうなってくるとディフェンスのときにサイドに行った時にはボランチが出て真ん中が薄い状態になりますけど、逆に奪ったら(杉本)太郎のところが空くので。前の三角形だけではなく両サイドを含めて、もう少し時間を作れればと思ったんですが、ボールの出どころと受けどころが、今日に試合に限っては顕著だったので、そこではね返されてしまって、我々が前を向いて(ボール)ホルダーを越えていくというシ―ンが少なかったですよね。それは反省点ですし、2トップに前を起点に出来るかなと考えたんですが、思ったよりも上手くいかなかったですね」

Q:攻撃がうまくいかなかった原因の1つに、今日はボランチがなかなか前を向けなかったように思うが?
「仰るとおりですね。ボランチが良いところで受けているんですけどボールを後ろに返したら、相手はボールを前にしてディフェンスするわけですから。そこで前を向くことが出来なかったというのがビルドアップに関しては非常に痛手だったと思います。かなりブロックを作ってきて、慌てずにボールを奪いどころで奪うような相手に対しては、我々から前を向いて仕掛けないといけない部分がボランチも含めてあります。それをどっちが出来ていたかというと、向こうの方が上だったかなと思います。それは反省点で、これから考えていかなといけない部分かも知れません」

■前田大然選手のコメント

Q前節・浦和戦に引き続き0-1での敗戦となったが、この試合を振り返って?
「もっと背後にボールが出てくれればチャンスになるような場面はありましたが、後ろと前がうまく噛み合わなかったという印象で、もっと前線と後ろの意思疎通が出来ていればと思います。守備陣は頑張っていますが、どれだけゼロ(失点)に抑えても点を取らないことには試合には勝てないし、良くても引き分けとなってしまう。やはり攻撃陣が点を取れるようにならないといけないと感じています」

Q:これからU-22日本代表での活動となるが?
「やはりチームで得点できていないので、まずは代表で活躍することで勢いに乗りたいです。ゴールを取って次の試合に臨むというのは自分自身もやりやすくなるので、代表で点を取って帰ってこられればと思います。代表でもチームでも常に点を取れるような選手になりたいので、これを何かのきっかけにしたいですね」

トップへ戻る