試合日程
MATCH SCHEDULE

2019 JリーグYBCルヴァンカップ第4節 VS 清水エスパルス

04月24日(水) 19:00 Kick off IAIスタジアム日本平

shimizu_l3.png

清水エスパルス

  • 43' 滝 裕太
  • 45+3' 楠神 順平
試合終了

2 2

2 前半 2

0 後半 0

松本山雅FC

  • 21' 溝渕 雄志
  • 23' エドゥアルド

MEMBERS

  • GK 1 西部 洋平
  • DF 5 鎌田 翔雅
  • DF 2 立田 悠悟
  • DF 26 二見 宏志
  • DF 15 水谷 拓磨
  • MF 17 河井 陽介
  • MF 7 六平 光成
  • MF 27 飯田 貴敬
  • MF 14 楠神 順平
  • FW 34 滝 裕太
  • FW 49 ドウグラス
サブ
  • GK 21 高木和 徹
  • DF 3 ファン ソッコ
  • MF 16 西澤 健太
  • MF 30 金子 翔太
  • MF 36 西村 恭史
  • FW 23 北川 航也
  • FW 37 髙橋 大悟
監督
ヤン ヨンソン

MEMBER CHANGE

71'

ドウグラス

北川 航也

80'

楠神 順平

金子 翔太

84'

飯田 貴敬

西澤 健太

CARD

STATS

シュート 9
GK 11
CK 9
直接FK 9
間接FK 3
オフサイド 3
PK 0

MEMBERS

  • GK 16 村山 智彦
  • DF 30 溝渕 雄志
  • DF 32 安東 輝
  • DF 44 服部 康平
  • DF 15 エドゥアルド
  • DF 28 山本 龍平
  • MF 6 藤田 息吹
  • MF 22 米原 秀亮
  • MF 8 セルジーニョ
  • MF 20 杉本 太郎
  • FW 9 高崎 寛之
サブ
  • GK 23 田中 謙吾
  • DF 18 當間 建文
  • DF 24 那須川 将大
  • DF 34 ジョ ジヌ
  • DF 36 三ッ田 啓希
  • MF 17 塚川 孝輝
  • FW 27 榎本 樹
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

83'

山本 龍平

那須川 将大

89'

杉本 太郎

塚川 孝輝

90+3'

高崎 寛之

榎本 樹

CARD

STATS

シュート 7
GK 11
CK 3
直接FK 3
間接FK 3
オフサイド 3
PK 0
主審 家本 政明
副審1 野村 修
副審2 田尻 智計
第4の審判員 渡辺 康太
入場者数 4523人
天候・風 雨・無風
気温/湿度 18.3℃/90%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/水含み

試合後のコメント

■反町康治監督記者会見のコメント
「ゲーム中に(同じグループの)ガンバ大阪がリードをしているというのをキャッチしていたので、もちろん勝ちにはいきたいけれど、このまま終わらせることも少し大事かなという感じで最後の10分くらいはゲームを進めていました。
前半に2点先行したことで、少し受け身になったと…よくある監督のコメントですけれど。それを逃してくれないのがJ1のチームなので、そういう意味で学んだことも多かったです。ハ-フタイムで修正しましたが、特に両サイドの選手が少しディフェンスのときに機能せず、このようになってしまいました。自業自得というやつです。
ハーフタイムに話をして、何とか後半良くなったのですが、ボールを奪ってから泡を吹いてしまって。例えば、すぐに逃げてしまうとか、ボールを捨ててしまうとか。
それは先ほどの両サイドの話と少し関連するのですが、そういうところがあったので、修正して何とか後半は良くなりました。ファーストパスがしっかりでき、セカンド、サードと(繋ぐことができ)。サードパスくらいで、逆にうちが向こうのセカンドラインを超えてチャンスを作れたことがたくさんあったので、それは収穫だったと思います。
最終的には決めることができなかったので何とも言えませんが、久々にハーフタイムに言ったことが上手く修正できたという意味では良かったです。ただそれを自分たちでゲームのなかでできれば、それはパーフェクトなチームになるかなと思いました。
こうした雨の中で、アウェイで、雨に打たれながら応援してくれたサポーターに本当には本当に感謝しています。
次は週末に(首位のFC東京との)ビッグゲームが控えていますので、同じアウェイゲームになりますが、頑張っていきたいと思います」

Q:チームとしてというより個人でやってしまっていた印象がありましたが、2-0になってからの試合運びについて。
「そうだと思います。少し心に隙ができた。サッカーというのがメンタルスポーツであるということを感じさせられます。
2-0が危ないと言って、数字的に2-0から追いつかれて逆転されることはあまりないんです。なぜそういうことを言われるかというと、やはり心に隙ができて余計なことをしてしまったり、シンプルにプレーすることを忘れてしまうからです」

Q:得点シーンは、これまで出番のなかった選手や少なかった選手が絡んだがそこへの評価を。
「両サイドは本当によくやったと思います。特に山本(龍平)は、ディフェンス面での課題というか、まだまだ学ばないといけないことあります。攻撃面では、いつも自分に来ているボールを下げていたんですが、「今日は絶対に下げるな」という話をして、積極的に攻撃に絡んでいきました。僕個人としては、今まで練習試合もいくつかやってきましたが、今年一番の出来だったと思います。
溝渕は、荒っぽいところもありますが、やれることをすべてやったという意味で、これからのチームにとってプラス材料になったと思います。
今日の試合は、(コンディションも含めて)ベストで臨みましたが、試合出場の機会が少ない選手もたくさんいるなかで、ベストなゲームをしてくれたと思います」 

■藤田息吹選手のコメント

Q:久しぶりのアイスタは?
「雰囲気がいいしピッチもいいし。懐かしい感じがしました」

Q:試合を振り返って?
「いい形で2点を先制できたんですが、自分たちのガタガタしたところが出ちゃってそこからは少し押し込まれてしまいました。あとは(清水に)センタリングが多く、その対応はしっかりしようと話をしていたので、そこから失点がなかっただけ良かったのかなと思います。押し込まれるのは相手に技術があるからしょうがないけど、それでもカウンターでゴール前まで運べたのは良かったし、こういう戦い方なので粘り強くやれたと思います。ただ、ルヴァンのリーグを見たときに山雅から見たら勝ち点3が欲しかったので個人としては悔しい気持ちが大きいです」

Q:2−0にしてからの試合運びを振り返って?
「単純にロングボールの対応が悪くて失点とか1対1の対応が悪くて失点とか、チームとして崩されたというよりも個でやられた感があります」

トップへ戻る