試合日程
MATCH SCHEDULE

2021明治安田生命J2リーグ第13節 VS アルビレックス新潟

5月9日(日) 14:00 Kick off デンカビッグスワンスタジアム

キックオフまで

アルビレックス新潟

試合終了

0 0

0 前半 0

0 後半 0

松本山雅FC

テキスト速報

  • 前半
    0'
    松本ボールでキックオフ、試合開始
  • 前半
    0'
    予想フォーメーションは4-2-3-1。前節からのスタメン変更は2人。早川、矢村が外れ、舞行龍ジェームズ、星が入る
  • 前半
    0'
    予想フォーメーションは3-1-4-2。前節からのスタメン変更は3人。浜崎、小手川、鈴木が外れ、星、佐藤、阪野が入る
  • 前半
    0'
    新潟の直近5試合は4勝1分け0敗。松本の直近5試合は3勝1分け1敗。両者の過去対戦成績は4勝1分け2敗と新潟の勝ち越し
  • 前半
    0'
    高木は直近5試合で4アシスト、本間は直近5試合で2得点2アシストを記録
  • 前半
    3'
    敵陣中央でパスカットした高木が右足のアウトサイドでペナルティエリア手前の右へパスを出す。本間が抜け出そうとするが、ボールは相手に奪われてしまう
  • 前半
    5'
    味方からのロングパスに反応した谷口が左サイドの敵陣深くへ抜け出してボールを持つが、オフサイドの判定を受ける
  • 前半
    6'
    前線の選手が連動してディフェンスラインへプレスを掛け、自由にパスを回させない
  • 前半
    8'
    千葉がハーフウェーライン付近からペナルティエリア内へ浮き球のパスを入れる。星が裏へ抜け出してボールを受け、GKと1対1になるが、オフサイドの判定
  • 前半
    10'
    本間がボールを奪われるも、すぐさま切り替えて素早くプレスを掛けて自分でボールを奪い返す
  • 前半
    11'
    横山がペナルティエリア手前の左でボールを受けてすぐさま反転し、シュートを放つが、GKに簡単に処理されてしまう
  • 前半
    14'
    堀米が左サイドの敵陣中央でDFに囲まれながらスルーパスを送る。高木が抜け出して左サイドの敵陣深くで受けるが、オフサイドの判定を受けてしまう
  • 前半
    16'
    横山がハーフウェーライン付近でボールを奪い、すぐにロングシュートを放つ。しかし、阿部の好セーブに阻まれる
  • 前半
    19'
    ディフェンスラインでボールを回してチャンスをうかがう
  • 前半
    21'
    本間にボールが入ると人数を掛けてボールを奪いに行く狙いが見える
  • 前半
    25'
    外山が左サイドの敵陣深くでボールを持ち、つま先で浮かせたパスを出す。しかし、ペナルティエリア左で待っていた前につながらず、相手にカットされてしまう
  • 前半
    25'
    飲水タイムが設けられ、プレーが中断する
  • 前半
    27'
    飲水タイムが終了し、プレーが再開される
  • 前半
    27'
    横山が右サイドの敵陣深くで相手をフェイントでかわしてクロスを上げる。ファーサイドで外山が頭で折り返すが、精度を欠いて味方にはつながらない
  • 前半
    31'
    星が右サイドからカットインし、ペナルティエリア手前の中央の本間とワンツーを行ってペナルティエリア内へ進入。しかし、トラップをうまくコントロールできず、相手に囲まれてボールを奪われてしまう
  • 前半
    32'
    右サイドの敵陣中央で横山が堀米に倒されてFKを獲得する
  • 前半
    33'
    キッカーの佐藤がファーサイドへクロスを供給する。下川が頭で触れ、味方が詰めるが、ゴールには至らない
  • 前半
    34'
    味方からの浮き球のパスを阪野がペナルティエリア手前の右で頭で後ろにそらす。しかし、横山にはつながらず、ボールを奪われてしまう
  • 前半
    36'
    谷口がペナルティエリア左へドリブルで進入し、鋭いグラウンダーのクロスを出す。しかし、ファーサイドに走り込んできた星につながらず、相手にクリアされてしまう
  • 前半
    39'
    堀米の縦パスに反応した高木がペナルティエリア左のスペースへ抜け出すが、星に体を入れられてしまってボールに触れない
  • 前半
    42'
    下川が本間と接触した後に顔を押さえて倒れ込む。しかし、すぐに立ち上がってプレーを再開する
  • 前半
    45'
    ディフェンスラインの裏へロングパスを送る場面が増える。しかし、前線の選手にはつながるシーンは少ない
  • 前半
    46'
    アディショナルタイムは2分の表示
  • 前半
    48'
    前半終了。スコアレスで試合を折り返す
  • 後半
    0'
    新潟ボールでキックオフ、後半開始
  • 後半
    0'
    2星OUT→44野々村IN
  • 後半
    0'
    32横山OUT→14鈴木IN
  • 後半
    2'
    野々村が右サイドの敵陣深くで堀米に1対1を仕掛けるが、体を入れられてクリアされてしまう
  • 後半
    3'
    鈴木が右サイドの敵陣中央からアーリークロスをファーサイドに入れる。外山が強烈なヘディングシュートを放つも、阿部の横っ飛びの好セーブに阻まれてしまう
  • 後半
    6'
    藤原が自陣から浮き球のスルーパスを出す。谷口がボールを受けてペナルティエリア内へ進入し、DFをかわしてシュートを放つが、クロスバーを大きく越えてしまう
  • 後半
    9'
    相手のパス回しをハーフウェーライン付近でカットし、河合がドリブルで持ち上がるが、後ろから足を出されてボールを失ってしまう
  • 後半
    11'
    大野が敵陣浅い位置からディフェンスラインの裏へスルーパスを供給。鈴木が反応して抜け出すが、オフサイドの判定
  • 後半
    13'
    19星OUT→37三戸IN
  • 後半
    13'
    大野が右サイドの敵陣中央でボールを持つ。鈴木が敵陣中央の右から右サイドの敵陣深くに抜ける形で走り込み、スペースを作る。大野はそのスペースへカットインしてペナルティエリア手前の右からシュートを放つが、枠の右へ外れてしまう
  • 後半
    16'
    一進一退の攻防が続く
  • 後半
    19'
    谷口が敵陣中央でボールを奪い、ペナルティエリア手前の右へボールを運ぶ。最後は藤原がペナルティエリア右脇からクロスを上げるが、DFにクリアされてしまう
  • 後半
    20'
    高木がペナルティエリア手前の中央で倒されてFKを獲得する
  • 後半
    20'
    ボールのそばには高木と島田が立つ
  • 後半
    21'
    サポーターが大きな拍手でチャンスを後押しする
  • 後半
    21'
    キッカーの高木が右足で直接ゴールを狙うが、クロスバーをわずかに越えてしまう
  • 後半
    24'
    本間が敵陣浅い位置で個人技を活かしてボールをキープし、ペナルティエリア手前の左へ縦パスを供給。谷口が受けてペナルティエリア左へ進入し、DFをかわしてシュートを放つが、GKに正面で処理されてしまう
  • 後半
    28'
    相手に細かいパスをつながせず、ロングパスを蹴らせてそのセカンドボールを奪う守備を見せている
  • 後半
    29'
    本間がシザースフェイントを用いてペナルティエリア左脇からペナルティエリア左へカットインする。右足で巻くようなシュートを放つが、枠から大きく外れてしまう
  • 後半
    30'
    飲水タイムが設けられ、プレーが中断する
  • 後半
    31'
    飲水タイムが終了し、プレーが再開される
  • 後半
    34'
    ディフェンスラインでボールを回し、前線にボールを送る隙をうかがうが、相手の強固な守備ブロックの前に思うようなパスを出せない
  • 後半
    38'
    本間が敵陣中央の左でボールをキープしてファウルをもらい、FKを獲得する
  • 後半
    38'
    キッカーの高木が右足でファーサイドへ浮き球のパスを供給するが、チャンスにはつながらない
  • 後半
    40'
    右CKを獲得する
  • 後半
    40'
    キッカーの島田が左足でインスイングのクロスをペナルティエリア中央へ入れる。しかし、相手にクリアされてしまう
  • 後半
    41'
    鈴木がハーフウェーライン付近でボールを持ち、カウンターを仕掛ける。詰めてきた舞行龍ジェームズをかわそうとするが、ボールを奪われてしまう
  • 後半
    43'
    本間が左サイドでドリブルを仕掛けてペナルティエリア左脇から低い弾道のクロスを入れる。しかし、待っていた谷口にはつながらない
  • 後半
    46'
    アディショナルタイムは3分の表示
  • 後半
    46'
    最終ラインに5枚を並べ、守備に集中している
  • 後半
    47'
    三戸が右サイドの敵陣深くでボールをキープし、ペナルティエリア右へ短いパスを出す。オーバーラップしてきた藤原がボールを受けて中央へ折り返しのパスを入れるが、DFにブロックされてしまう
  • 後半
    48'
    8河合OUT→7田中パIN
  • 後半
    49'
    試合終了。0-0で引き分けに終わった

MEMBERS

  • GK 21 阿部 航斗
  • DF 25 藤原 奏哉
  • DF 5 舞行龍ジェームズ
  • DF 35 千葉 和彦
  • DF 31 堀米 悠斗
  • MF 8 高 宇洋
  • MF 20 島田 譲
  • MF 19 星 雄次
  • MF 33 高木 善朗
  • MF 10 本間 至恩
  • FW 7 谷口 海斗
サブ
  • GK 41 藤田 和輝
  • DF 28 早川 史哉
  • DF 50 田上 大地
  • MF 6 秋山 裕紀
  • MF 16 ゴンサロ ゴンザレス
  • MF 37 三戸 舜介
  • FW 39 矢村 健
監督
アルベルト

MEMBER CHANGE

58'

星 雄次

三戸 舜介

CARD

STATS

シュート 6
GK 5
CK 3
直接FK 5
間接FK 3
オフサイド 3
PK 0

MEMBERS

  • GK 16 村山 智彦
  • DF 33 大野 佑哉
  • DF 13 橋内 優也
  • DF 2 星 キョーワァン
  • MF 27 下川 陽太
  • MF 5 前 貴之
  • MF 38 佐藤 和弘
  • MF 8 河合 秀人
  • MF 23 外山 凌
  • FW 32 横山 歩夢
  • FW 11 阪野 豊史
サブ
  • GK 1 圍 謙太朗
  • DF 44 野々村 鷹人
  • DF 20 浜崎 拓磨
  • MF 28 小手川 宏基
  • MF 7 田中 パウロ淳一
  • MF 17 表原 玄太
  • FW 14 鈴木 国友
監督
柴田 峡

MEMBER CHANGE

46*'

星 キョーワァン

野々村 鷹人

46*'

横山 歩夢

鈴木 国友

90+3'

河合 秀人

田中 パウロ淳一

*:ハーフタイム

CARD

STATS

シュート 8
GK 7
CK 4
直接FK 10
間接FK 6
オフサイド 6
PK 0
主審 中井 敏博
副審1 木川田 博信
副審2 田島 宏則
第4の審判員 坂本 晋悟
入場者数 13,101人
天候・風 晴・無風
気温/湿度 21.2℃/45%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝

ハーフタイムの監督コメント

・守備は、いい準備を続けること
・最後まで連動したプレーを怠らないこと
・声をかけあって集中力を落とさないように

試合後のコメント

■柴田峡監督監督記者会見のコメント

Q:まずは試合の総括を。
「遠い松本から500人以上のサポーターに来ていただいて、感謝しています。首位の新潟、31得点9失点の相手に、我々が守備を構築した上で、どこまでおびやかせるかをテーマに臨んだ試合でした。守備は非常に選手たちの集中が素晴らしかったですし、第2節の京都戦と同じくらい集中できていたと思います。3連戦の3試合目で、このような試合ができることは、選手の頑張りに感謝したいです。奪ったボールを動かしながら、相手のゴールに向かっていくのは、まだまだ課題だと感じます。そこは伸び代と捉えて、次節や今シーズンの終盤に向けて、しっかりとブラッシュアップをして、良い攻撃のイメージを共有できるようにしたいです」

Q:大野を右WBで起用した狙いは。
「本間選手への対応として、我々の中で一番1対1に強く、身体能力の高い大野をマッチアップさせるようにしました。(星)キョーワァンとセットで、2人の身体能力で抑えてくれればと思っていました。キョーワァンは守備では勘の良い選手ですが、攻撃でマイボールにした時に課題があります。そこが目立っていたので、後半は野々村に代えました」

Q:全試合で得点を挙げている新潟に対して、無失点に抑えたが。
「途中で後ろが疲れてきて、前線もプレッシャーもかけられない時間もありましたが、総じて運動量を確保できましたし、勇気を持ってコンパクトにキープできたのが大きいと思います。危うい時間帯もありましたが、橋内を中心に最後までよく持ちこたえてくれました。この状態を持続できれば、ある程度の生命線は維持できると確信した試合でした」

Q:3連勝で自信をつけて臨んだことも大きかったのでは。
「負けている時でも、選手たちは常に前向きでやってくれました。これくらいのパフォーマンスは出せる選手たちだと思っています。今日は3連勝で来て、新潟に勝って4連勝することを選手もスタッフも望んでいました。そういった充実感がピッチで爆発したと感じます」

Q:攻撃ではクロスバーに2度直撃するシーンがあったが。
「クロスバーには2度当たりましたが、オープンプレーでのチャンスでは、新潟さんに圧倒されました。こういう試合をものにできることも勝負強さだと思うので、前節のアディショナルタイムの失点と同様に、まだまだ足りないのだと警告を受けていると感じます。より研ぎ澄ませた内容で、トレーニングをしていきたいです」

 

■大野佑哉選手のコメント

Q:右WBとして課されたタスクと試合後の自己評価は。
「本間選手を抑えるのが今日のぼくの仕事で、自分の中では最低限の仕事ができたと思います。攻撃のところでもう少しチームのプラスになるようなことができたかなと反省はありますが、守備のところでは合格点を自分にあげてもいいかなと思います」

Q:抑えるところで一番意識したところは
「ファーストタッチのところでガツンと当たりに行くこと、ドリブルになっても飛び込まないで、周りもサポートしてくれたので人数をかけて抜かれないように意識して声をかけてやりました」

Q:試合全体として守備の破綻がなかった。今後の試合に向けて収穫や手応えは。
「監督からも守備は全体的にパーフェクトに近いと話しがあり、これを自信にしてもっと良くなると思うので、まず守備が強い山雅を作って、そこから攻撃の課題に取り組んでいければと思います」

 

■佐藤和弘選手のコメント

Q:2週間ぶりのゲームでしたが90分やってみてコンディションやゲーム感は。
「まだまだ戻ってないところはありましたが、チームみんながカバーしてくれてやれたと思います」

Q:自陣の左サイドにボールを寄せるような守備だったが、佐藤選手が意識をしたところは。
「前半はトヨ(阪野)を相手のサイドバックにいかせて、相手の左からの侵入を防げたと思います。
後半はシステムを変えてきて自分たち(ボランチ)の周りに本間選手や高木選手が入ってくることでやりにくさはあったと思います」

Q:攻撃面ではセットプレーなどでも相手ゴールに迫ったが評価は。
「サイドに入ったときに、こちらの左サイドと相手の右サイドバックと右サイドハーフがうまくいっていなかったので、そこを使ってクロスを入れられたら、もう少しこわい形になったかな、と思ったので、(ピッチ内で)外山選手や下川選手と(サイドを)変えずにそのままやっていこうと話をしていました」

 

■星キョーワァン選手のコメント

Q:今節をどのような心境で迎えたか。
「試合の前日にスタメンで行くと言われて、この大一番で起用してくれることがモチベーションになりました。自分にできることは何かを整理して、守備で相手にやらせないというテーマで試合に入りました」

Q:3連戦の3試合目で、全体的に疲労もあったと思うが。
「チームとしてラインを高くして試合に入りました。自分はフレッシュなので、カバーリングのスプリントや、ゼロで抑えることがノルマだと思っていました。とりあえずゼロで終えられて良かったですが、前半で交代というのは、それ以外の部分が足りなかったのだと感じます。そこはすごく悔しいです。
(大野との右サイドの守備は)急造ではありましたが、マークの確認や受け渡しは声を掛け合いながらやれました。細かいところの連携はあまり良くなったので、今後このようなシチュエーションがあった時のために、話し合って修正したいです」

Q:次節に向けての意気込みを
「守備の手応えは得られた試合でしたが、攻撃でチームに貢献できていないところがあります。ビルドアップや、落ち着いてボールを運ぶこと、セットプレーで1発叩くことはもっとやっていかないといけないです。守備の選手ですが、プラスアルファを大切にやっていきたいと思います」

 

■前貴之選手のコメント

Q:3連戦を振り返って。
「結果だけを見ると、2勝1分で悪くはなかったと思います。今までから比べると、自分たちのやるべきことがはっきりしてきました。こういう相手に対してもゼロに抑えられたことは、自信を持って良いと感じます」

Q:佐藤が復帰してダブルボランチとなったが。
「相手のビルドアップに対してというところで、ダブルボランチで臨みました。カズくん(佐藤)と話しながら、行くところと行かないところははっきりできました。持たれる時間が長かったですが、前の選手も動かしながら最後のところで入れさせなかったりと、良い声をかけながらできたと思います」

Q:後半は相手に攻め込まれる時間が増えたが。
「相手もポジションを変化させてきて、本間選手が落ちてきましたが、外に回させればあまり怖くはなかったです。しっかりとブロックを組んだ中で、行けるところは行くことが全体を通してできたと思います。守備に関しては良かったですが、あれだけ押し込まれると前に人がいなくなるので、奪ったボールをどう落ち着かせるか。そこはまだまだ課題が残る試合だったので、映像を見ながら修正していきたいです」

トップへ戻る