ニュース NEWS

【スマイル山雅農業プロジェクト】9/26(日)「枝豆収穫体験@サンアル」開催のお知らせ

ホームタウン活動

松本山雅FCでは、2018年に発足した「スマイル山雅農業プロジェクト」を今年も引き続き実施し、6月に青大豆「あやみどり」の種まきを行いました。

種まきの様子はこちら

サポーターの皆様、また地域の皆様にご協力いただきながら今日まで大切に育て、大変大きく成長しました。
今回は、その青大豆「あやみどり」の枝豆収穫を下記のとおり開催することが決まりましたのでお知らせいたします。

本プロジェクトでは、Jリーグが創設25周年を期にスタートした「社会連携活動(通称:シャレン!)」の一環として「スマイル山雅農業プロジェクト」と題し、今年も自治体・農業従事者・地域住民の皆さまと共に地元の農業課題解決にチャレンジします。
さらに、今年から中山地区の遊休農地と松本山雅FCのホームスタジアム「サンプロ アルウィン」付近、安曇野穂高地区、箕輪町の4カ所に規模を拡大し、各畑の周辺住民の皆さまと協力して青大豆を栽培いたします。

スマイル山雅農業プロジェクトについてはこちら

つきましては、9月26日(日)にサンプロアルウィン会場で開催する「枝豆収穫体験@サンアル」の一般参加者を下記の要項で募集いたします。

「農業を実際に体験してみたい!」
「体をたくさん動かしたい!」
「新たな仲間を作りたい!」  など
どなたでもご参加いただけます!

ギラヴァンツ北九州戦の前に一緒に楽しく収穫し、採れたての枝豆をぜひ一度ご賞味ください。

【スマイル山雅農業プロジェクト】9/26(日)「枝豆収穫体験@サンアル」

日時

9月26日(日)
【集合時間】9:00~
【実施時間】9:30~10:30

※車でお越しの方は、クラブでご案内をさせていただいております駐車場にお止めください。

集合場所

信州スカイパーク12号駐車場
「枝豆収穫体験@サンアル 参加者集合場所」の看板を持って立っている者がおりますのでそちらにお集まりください。

定員

15名

対象

お子様から大人まで、どなたでもご参加いただけます。

参加費

無料

参加者

○グラスルーツアンバサダー 山本真希

〇レディースU-15コーチ 小林陽介

〇レディースU-15の選手

参加者特典

収穫した枝豆をお持ち帰りいただけます。

申し込み

下記のフォームから必要事項をご入力の上、お申込みください。
※同行者がいらっしゃる場合は、備考欄に同行者名をご入力ください。
※申込者が定員を上回った場合は抽選にて当選者を決定いたします。
※当選・落選に関わらず、9月22日(水)中にメールにてご連絡させていただきます。

申し込みはこちら

申し込み期間

9月13日(月)~9月21日(火)23:59

スマイル山雅プロジェクトとは

本プロジェクトは、地域社会の活性化と地域に根ざした『まちづくり』に貢献するため、ホームタウン松本市内の「農地荒廃化」や「農業技術の継承」といった課題に対して、松本市・松本市農業委員会・直売所・障がい福祉サービス事業所と共同で、遊休農地での青大豆「あやみどり」の栽培を通じて、「遊休農地の活用」・「地域住民の交流活性化」・「青少年の育成」に取り組みました。

■昨年の活動

松本市中山地区、神林地区、また新しく安曇野市穂高地区に畑をお借りし、安曇野市農政課・山雅後援会安曇野支部・明科地区農業者・あやめ会(安曇野市明科地区を中心としたサポーター会)・虹の村診療所/就労継続支援B型事業所イーリスの皆様等にご協力いただきながら種まき、収穫を行い、収穫したあやみどりを生産者直売所で加工していただきホームゲーム会場や喫茶山雅でファン・サポーター向けに販売しました。

Jリーグの社会連携活動(通称:シャレン!)とは

社会課題や共通のテーマ(教育、ダイバーシティ、まちづくり、健康、世代間交流など)に、地域の人・企業/団体(営利・非営利問わず)・自治体・学校等とJリーグ・Jクラブが連携して取り組む活動をいいます。
3者以上の関係者と、共通価値を創る活動を想定しており、これらの社会貢献活動等を通じ、地域社会のサスティナビリティ確保、関係性の構築と学びの獲得、それぞれのステークホルダーの価値の再発見につながるものと考えております。

詳しくはこちら(Jリーグ公式)

一覧に戻る
トップへ戻る