ニュース NEWS

地域とともにつくる「大人の松本山雅ジャーニー2021」を実施しました【報告】

クラブニュース ホームタウン活動

10月2日(土)地域とともにつくる「大人の松本山雅ジャーニー2021」を実施いたしましたので、ご報告いたします。

とても気持ちの良い天気の中、まずはスマイル山雅農業プロジェクトを通して育てている青大豆「あやみどり」という品種の枝豆を収穫いただきました。

畑からは松本市内が一望でき、参加者の皆様には素晴らしい景色を見ながら枝豆収穫を楽しんでいただきました。

枝豆がちょうど食べ頃を迎えた状態で、収穫した枝豆はお家にお持ち帰りいただきましたが、美味しくお召し上がりいただけたのではないかと思います。

枝豆収穫が終わった後は、美しい夕焼けの中ヨガをお楽しみいただきました。
きれいな緑の上にヨガマットを敷き、心地よい風がふく中で、ゆったりとした音楽を聴きながら、参加者の皆様は体をほぐしていました。

ヨガ終了後、仲良く同じポーズで集合写真を撮りました。

最後にお待ちかね「ホテル ブエナビスタ」様によるこの日限りの絶景ディナーをお楽しみいただきました。

だんだん暗くなって明かりが灯っていく松本の街並みを眺めながら、採れたての枝豆や信州産の食材をたっぷり使ったコース料理をお召し上がりいただきました。

お料理をお召し上がりいただく前に、ブエナビスタのシェフに食材やメニューについて丁寧にご説明いただきましたが、一品一品にこだわりが感じられ、参加者の皆様の期待値が上がるのを感じました。

お召し上がりいただいた後、その美味しさに思わず笑みがこぼれており、その様子を見てとてもうれしく思いました。

今年は昨年よりさらに食材にこだわってメニューを作っていただいたので、昨年に引き続きご参加いただいた皆様にもお楽しみいただけのではないかと思っております。
松本市中山地区の農家様、東花園のスタッフの皆様、ホテル ブエナビスタ様をはじめご協力いただいた皆様、またご参加いただいた皆様ありがとうございました。

これからも、地域の魅力に触れるイベントを企画していきたいと思います。

スマイル山雅農業プロジェクト

スマイル山雅農業プロジェクトとは?

地域社会の活性化と地域に根ざした『まちづくり』に貢献するため、ホームタウン松本市内の「農地荒廃化」や「農業技術の継承」といった課題に対して、松本市・松本市農業委員会・直売所・障がい福祉サービス事業所と共同でプロジェクトを発足しました。

遊休農地で、ホームタウン塩尻市の試験場が開発した青大豆「あやみどり」の栽培を通じ、「遊休農地の活用」「地域住民の交流活性化」「青少年の育成」に取り組んでいます。

 

「スマイル山雅農業プロジェクト」の詳細はコチラ(PDF)

スマイル山雅農業プロジェクト 青大豆「あやみどり」種まきの様子はコチラ

一覧に戻る 一覧に戻る
トップへ戻る