試合日程
MATCH SCHEDULE

Jリーグ ディビジョン2 第28節 VS モンテディオ山形

8月24日(日) 18:00 Kick off アルウィン

松本山雅FC

試合終了

0 0

0 前半 0

0 後半 0

モンテディオ山形

MEMBERS

  • GK 21 村山 智彦
  • DF 3 田中 隼磨
  • DF 4 飯田 真輝
  • DF 23 多々良 敦斗
  • DF 13 犬飼 智也
  • MF 8 岩上 祐三
  • MF 15 岩間 雄大
  • MF 6 岩沼 俊介
  • MF 11 喜山 康平
  • FW 10 船山 貴之
  • FW 9 サビア
サブ
  • GK 25 白井 裕人
  • DF 2 大久保 裕樹
  • DF 14 玉林 睦実
  • MF 17 ユン ソンヨル
  • MF 34 椎名 伸志
  • FW 7 北井 佑季
  • FW 20 山本 大貴
監督
反町 康治

MEMBER CHANGE

89'

サビア

山本 大貴

CARD

20'

犬飼 智也

45'

岩上 祐三

55'

船山 貴之

STATS

シュート 18
GK 14
CK 11
直接FK 10
間接FK 1
オフサイド 1
PK 0

MEMBERS

  • GK 31 山岸 範宏
  • DF 6 山田 拓巳
  • DF 3 石井 秀典
  • DF 4 西河 翔吾
  • DF 13 石川 竜也
  • MF 15 宮阪 政樹
  • MF 24 ロメロ フランク
  • MF 7 松岡 亮輔
  • FW 19 秋葉 勝
  • FW 11 ディエコ
  • FW 9 中島 裕希
サブ
  • GK 16 兼田 亜季重
  • DF 5 舩津 徹也
  • DF 17 當間 建文
  • MF 14 比嘉 厚平
  • MF 30 山﨑 雅人
  • FW 18 萬代 宏樹
  • FW 29 川西 翔太
監督
石﨑 信弘

MEMBER CHANGE

84'

松岡 亮輔

比嘉 厚平

90+1'

ロメロ フランク

萬代 宏樹

CARD

22'

石井 秀典

STATS

シュート 15
GK 11
CK 10
直接FK 8
間接FK 2
オフサイド 2
PK 0
主審 福島 孝一郎
副審1 村田 裕介
副審2 秋澤 昌治
第4の審判員 山際 将史
入場者数 12042人
天候・風 曇時々雨/弱風
気温/湿度 21.6℃/85%
ピッチ(芝)/(表面) 全面良芝/水含み

試合後のコメント

■反町監督記者会見のコメント

「3連戦の3戦目ということで、山形のメンバーはほとんどがノーマルのサイクルでの試合という事もあり、我々にとっては体力的には厳しかったのかもしれませんが、ガソリンのランプが赤になってからガス欠になるまで走ることだけはちゃんとやらないといけないよと、ミーティングで話をして送り出しました。もうガス欠で止まる寸前のところまで選手はやってくれて、その結果、勝点3ではありませんでしたが1を得て、夏場の移動を含めた苦しい3連戦を何とか乗り越えることができました。天皇杯は抜きにして愛媛と山形戦で勝点4、次節以降も2試合で勝点4をアベレージとしてやっていきたいという気持ちは強いです。山形は、今日見てもわかるようにロメロとか中島とかディエゴとか、フットサルのリーグだったら勝てると思えないですよね。ただサッカーはフルピッチでやるものであって、そういう相手にもかなり押し込むことができたかなと。あと今までの山形戦はいいパフォーマンスではなかったんですが、結果は0-0でしたが今日はやっと内容としては覆すことができたかなと思います。これは僕にとってもクラブにとっても自信になったと言えると思います。もちろん勝点3が一番良かったんですが、天皇杯は我々らしくない試合をしてしまった。それを何とかリカバリーすることができたかなと思っています」

Q:ペナルティエリア内がホットゾーンになるほどお互いにゴール前での攻防が多かったと思いますが、想定の範囲内でしょうか?
「我々はオープンな展開になるとちょっと不利ですね。前半は天皇杯・FC東京戦の反省を生かして、非常にラインをプッシュアップしてクローズにやれたと思うんですね。後半になると少しオープンな感じになってしまった。ただ山形はミドルシュートをあまり蹴ってこなかったのは救いだったかもしれません。一発で仕留める力はあるのでね。理想としてはもっとクローズにやりたかったんですが、これは止むを得ないですね。我々もシュートで終わったりとか、要するにボールを奪ってカウンターというのはあまりなかったので、それはプラスだったと思いますよ」

Q:セットプレーの攻守については?またゴール前での相手のセットプレーの際にいつもと違う対応をしていたと思うのですが?

「コーナーではストーン1人なので、その頭の上を越すボールで勝負したかったのは正直あると思います。ただディエゴはよく触っていましたね。当然頭を越えると弱いんですけど触られるとやっぱり。うちはあの軌道で勝負している、あれ以上高いとGKが出てくるので。お互いに本数は多かったですけど攻撃が触った回数はあまり多くなかったですよね。
宮阪のFKの場合は、直接決めているのが3年間で直接入れているのが10点ですから。誰かが弾いてポストに当たったボールを決めたりというのも入れると、相当貢献度は高いわけです。かなり遠いところからでも狙う力があって、速くて落ちる、しかもほとんど同じような体制でブレ球も打てるので対策をせざるを得ないと。GKの右手はGKに任せて、左手側はフィールドプレーヤーが守る。何か、あまりプロの世界じゃないような(苦笑)。そうされるとキッカーは嫌ですよ。キッカーの心理状態を考えると『GKが3人いるぞ』と思ったらどうですか(笑)。ディエゴはその点は賢いから詰めてきましたけどね。日本人は固定観念が強いので、誰も入っていかなかったですね。そうなればラインを上げ下げしてそうやって駆け引きする、それだけでも宮阪のタイミングで蹴れませんから。……こんなに言うと石さん(石崎監督)に怒られちゃうけど(苦笑)、見たら分かるでしょう。皆、頭を悩ませているんだから。どうせやられるなら抵抗してやられた方がいいですよ。僕はそういう考え方なので。アルゼンチンとかはこういう守り方やっていますね」

Q:大一番と言っていた試合で0-0という結果でしたが、無失点と無得点の部分については。
「新聞的な質問だなぁ。(笑)FC東京もずっと無失点でやっていても、昨日4失点してますからね。じゃあディフェンスが悪いのかというとそういう話じゃないでしょう。今まで積み上げてきたものがあるんですから。山形もそうですけど、やはり失点の少ないチームは上位に来るんですよ。山形も現状ではそこまで上位ではないにせよ、やはり後ろの4枚はしっかりしていますよ。我々も3年目になりますが、そこをベースにチーム作りをしてきたところは正直あります。それがこの順位にいるという証拠にもなっています。得点についてはチャンスはたくさんありましたけどね。浦和から来た山岸がよく頑張っていたと思いますよ」

Q:久しぶりにベンチメンバーに入った北井選手もいましたが、選手交代策については。

「今日は皆が足が止まらなかったので、代える必要がなかったですよ。サビアも今までのなかで一番良かったですよ。得点の匂いもしていましたしね。3連戦の3つ目で後半これだけ足を止めずにやれるのは練習の賜物だと思いますし、あと北九州戦(第33節)で連戦で中2日というのもありますが、そこで今日くらいの力を出して乗り越えていければまた勝点もついてくると思います。0-0の状態で代えるのは少し難しかったですしね。最後の山本はサビアが競り合いできないくらい疲れたので代えました。今日はイエローカードを3人もらいましたが、だからといって代えるような状況ではなかったですね。ちょっと難しい展開だったと思っています。本当は3戦目ですから、早目に代えるのが良いのかもしれませんけどね」

Q:愛媛と同じメンバーでしたが、次節に向けての準備は?
「試合が多いと出場機会のない選手は練習ばかりになってしまう。明日は久しぶりに90分の練習試合が出来るので、そこで見極めるのと同時に、柳下(大樹)も(和田)達也もJ3のJリーグ・アンダー22選抜の試合で、柳下は70分くらい出ているようなので、向こうで力をつけてくれればいいと思います。もう一度しっかりと見直したいと思います。新しい韓国人選手が今日メンバーに入っていませんが、ちょっと練習を見てダメだったら入れないという緊張感を持たせないと。その意味で北井は良かったのでね。明日も含め、また来週のトレーニングでいいパフォーマンスの選手を連れて行きます。それは僕のスタンスとしてはずっと変えません。それはチームマネジメント上、大切なので」

Q:多々良選手のパフォーマンスは何か変化があったのでしょうか?

「今日は1点救ったけども、やられている試合も多いですよね。多々良に関しては、もう少し強気にやってもらいたいですね。例えば飯田はどっちつかずのボールでもちゃんとヘディングで味方に渡せるようになりましたが、多々良は同じようにフリーでも何故か向こうのボランチの選手にパスした場面が多かったですね。そういう所も含めて要するにチャレンジしないといけない。サッカーは守備と攻撃と切り替えの3つしかないわけであって、全部しっかりとやらないといけないんです。ディフェンスの力はそこそこあるし、J2だったらできますよ。J1だったらさっぱりだったでしょ?そこですよ。もっとなにくそと思ってやってもらいたいところは正直あります。まあ、悪くはないですよ。ただ良くもない。良いプレーをしてもらいたいですね。そこは競争なので、またメンバーは明日以降見て決めます。どんどん良い方向にしていくのが私の仕事であって、別に固定観念は持っていません。ただ、飯田はその意味で常に力を発揮できるようになってきました。ワンちゃんは犬なので何も考えていないので、餌があればどこにでも走っていく(笑)。でも、今日見ていてもあいつの攻撃力は魅力ですよ」

Q:FC東京戦があのような結果に終わり、どのようなマネジメントをしたのか?この間、出ていなかった選手のパフォーマンスなどはいかがだったでしょう?

「雄大は派手なプレーは一切しませんが、玄人受けする選手なので要所要所を抑えることはできましたね。天皇杯ではかなりやられましたが、今のFC東京は浦和と十分肩を並べる力のあるチームですからね。ミーティングで昨日、今日と映像を見せて話しましたが、同じ0-2でも、自分たちのやるべきことやったのと、やるべきことをやらなかった0-2は全く違うという話をしました。この前の試合は我々らしくない試合だったと会見でも言いましたが、相手をリスペクトしているのか諦めているのか、それはご法度だよと。それは精神的な部分で、戦術的な部分は映像を見せて少し話をしました。その意味では今日は概ね我々らしさを取り戻したかなと、そういう試合になったと思います。まあ、天皇杯はリーグ戦と違いますからね」

トップへ戻る